世界旅行者みどりのくつしたの4回のトルコ旅行ルート(1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目

【世界旅行者みどりのくつした@ブルーモスク(1996)】
■世界旅行者の4回のトルコ旅行ルート
僕はもう二度とトルコに行くことはないので、トルコの旅行話をまとめておこうと思いつきました。
一応、「トルコ旅行の話」は、「アジア」の中にあるんですけどね。

それぞれのエピソードが、いつ行った時の話か、ハッキリしないみたい。
それと、トルコ旅行はほとんどがバス旅行になるので、バスの乗車時間を書いておくのが親切かと思います。

僕は4回、トルコへ旅をしました。
でも、どんどんイヤになってくる。

日本人の間では、まだトルコ旅行が人気があるようですが、他にも旅をするところはたくさんあるので、トルコは避けた方がいいです。
とにかく、日本語ぺらぺらのドあつかましいトルコ人がウザッタイです。

女性の場合は、セクハラは当然。
強姦された日本女性も多いですよ。

トルコ人にセックスを教えられて、トルコ人の仲間になって、日本人旅行者を騙している日本女性もたくさんいます。

■世界旅行者の1回目のトルコ旅行ルート (1988/04/27-1988/05/12) 16days
最初にトルコへ来たときは、確かにトルコは興味深かった。
何しろ僕は、ガイドブックも何も持たないで、アテネで出会った日本人旅行者に書いてもらった手書きの簡単な地図だけでやってきたのだから。
本当に何にも知らなかったんだ。
そのころ、イスタンブールのスルタンアフメット地区には小さな観光案内所があった。
そこで教えてもらったのが「オプティミストゲストハウス」だったっけ。
ただここは、名前と大違いで、居心地がよくなかった。
それで町を歩いていたら、日本語で「エリット」と書いてあるゲストハウスを見つける。
日本語を話すスタッフがいたので、そこへ移動。
ここでいろんな人と出会って、結構面白い滞在だった。
だから、最初のイスタンブールの印象はとてもよかったんだよなー。
1回目 [1988/04/27-1988/05/12] 世界一周旅行(アテネから入ってロードス島へ)
アテネからイスタンブールへ、片道切符で飛ぶ(14500ドラクマ/13000円)。

イスタンブールでは、スルタンアフメットの観光案内所で「オプティミストゲストハウス」を紹介してもらう(1万4千リラ/1400円)。

トプカプ宮殿 / グランドバザール /
ホテルエリットへ移動(1万5千リラ/千5百円)

ブルーモスク / アヤソフィア / イスタンブール地下宮殿(イェレバタン・サルヌジュ) / ガラタブリッジ /
タクシム / 日本領事館 / マクドナルド@タクシム / 地下鉄 / イスティクラル(Istiklal)通り / トプカプコーチターミナル
ボスボラスツアー / フリエ嬢 / 考古学博物館で並河萬里のツアーと会う

イスタンブールからカッパドキア(ネブシヒール)11〜12時間(夜行バス)の切符を買って、バスに乗る
ほとんど寝れないまま、疲れ果てて、ネブシヒール(カッパドキア)へ着く。

タクシーを一人で借り切って地下都市へ / チューリップツアーのタクシーでカッパドキアの奇岩群見学

ネブシヒールからユルギュップへ移動
ホテルヒッタイトに宿を決めて、床屋へ行く。

ユルギュップからアンカラへ(4〜5時間)
ヒッタイトホテル@アンカラ(2万リラ/2千円)

アンカラからネブシヒール (4〜5時間)
ネブシヒールからカイセリ(1時間)

カイセリからコンヤ(5時間半)
カイセリ午前11時30分発、コンヤ着が午後5時。
コンヤに2泊して観光

コンヤからデニズリ(8時間)
マイクロバスでパムッカレへ(30分くらい)

デニズリからセルチュク(エフェス遺跡/エフェソス遺跡)が2時間半。

セルチュクからマルマリスまで、5時間

マルマリスからロードス島へ船で2時間
ロードス島観光を終えて、船で、アテネの外港ピレウスへ。
(これは全部世界旅行者の1988年の体験です。現在はもっと速くなっているでしょう)

■世界旅行者の2回目のトルコ旅行ルート (1988/08/29-1988/09/03) 6days

【ガラタ橋手前のサバサンド屋(1996)】
僕がトルコへ2回目に入ったのは、ケニア旅行からエジプトへ飛んだあと。
エジプトから、ヨルダン、イスラエル、シリアと陸路で北上していったときだ。

この旅の特徴は、とにかくイスタンブールへ急いだこと。
最初の印象がよかったので、イスタンブールで身体を休めたいと考えていた。

トルコ料理というのは確かに日本人には合うんだよ。
ただ、2回目にイスタンブールでであった日本人旅行者諸君のレベルが、1回目に比べると低かったんだ。

最初のイスタンブールの時は、まあ時期が時期だったせいもあるのだろうが、医大生が多かった。
僕の後輩の京大生もいたしね。

だから、話をしていても、面白かったんだ。
ところが、2回目に来たときは、旅行者のレベルがハッキリと落ちていた。

おそらく1988年ごろに、イスタンブールは大衆化した。
それに応じて、トルコ人は日本人を馬鹿にし始めたんだろうね。
2回目 [1988/08/29-1988/09/03] アレッポ(シリア)から入って、ブルガリア経由ベオグラード(ユーゴスラビア)へ
シリアのアレッポからバスでアンタクヤへ移動。

アンタクヤ(HATAY)を午後3時に出る。
アダナに午後6時、コンヤに午前0時50分。

つまり、アンタクヤからアダナまで3時間。
アダナからコンヤまで、7時間(6時間50分)。
途中のバスターミナルで、30分、40分停車したりしたが、国境の町アンタクヤからトルコ中央の町コンヤへ10時間
コンヤのバスターミナルに隣接したホテルに泊まる。

コンヤからイスタンブールへ10時間から10時間半(夜行バス)

実際は、僕はコンヤを22時に出て、イスタンブールへ午前8時着。

朝、ボスボラス大橋を渡って、イスタンブールを見る

イスタンブールでは、エリットホテルに泊まった。
すぐにブルガリアのトランジットビザをゲット。
そのころの日本人宿「モーラ」に行って、日本人旅行者を見つけてはからかっていた。

そうそう、モーラには車で世界一周中の男性がいたよ。
彼の話から、僕は南米へ行くことにしたんだっけ。
バスの切符を買って、日本人旅行者と会い、食事をして、バスに行くと、席より多い切符を売っていた

そして、ブルガリア経由ベオグラード(ユーゴスラビア)へのバスに乗りました。

■世界旅行者の3回目のトルコ旅行ルート (1996/11/17-1996/11/26) 10days

【スルタンアフメット地区に立つオベリスク】
この時は、フィンランドから東欧(中欧)の国々を次々と訪れて、ブルガリアから夜行寝台列車でイスタンブールへ入った(東欧縦断旅行)。
土地勘もある8年ぶりのイスタンブールで、のんびりするつもりだった。

ところが、まず、イスタンブールのトルコ人がウザイ。
スルタンアフメット地区にいると5分も一人ぼっちでいられない。

次々と声をかけてくるので、それをかわすのが疲れる。
みんなおんなじことを言うしね。

「僕のおじさんが東京でトルコ料理店をやってるんです」とか言う。
その店の名刺まで見せて(わざわざ作って)、話のきっかけにする。

それで、無視したら、大声の日本語で悪口を言う。
とてもたちが悪い。

1988年と比べると、1996年は完全に雰囲気が悪くなってた。
道を歩いていると、日本人相手の詐欺師諸君が「日本人、貧乏人!」と声をかけてくる。

ところで、こういうトルコ人と仲良くなって、うれしがってる変な日本人もいるんだよなー(涙)。
ホテルのスタッフも、旅行業者も日本人を馬鹿にしていた。

エリットホテルも、夜中の3時まで音楽がうるさい。
居心地が悪いので、とっとと別のホテルへ移動。

それが2回目のイスタンブールの時に日本人が集まっていた「モーラ」だった。
モーラは日本人宿をやめて、中級のビジネスホテルになっていた。

モーラのマネージャーと「日本人をつれてくるから」と交渉して、部屋代をディスカウントする。
ホテルのマネージャーは日本人を連れてきて、ぼったくろうと考える。

それを逆手にとって、部屋代を値切ったってわけね。
でももちろん、僕は日本人相手の客引きなんかしなかったけどね(笑)。

そのころ日本人旅行者が集まっていたのが、「アヤソフィア」だった。
アヤソフィアの女の子と知り合ったのをきっかけにして、日本人旅行者の皆さんと、連日お酒を飲んでワイワイ言ってた(笑)♪

このとき知り合った美人女子大生さんとのラブアフェアもあったね。
だから、日本人旅行者と盛り上がるのは面白かったんだけれど、トルコ人は出来るだけ話さないようにしてた。

あまりイスタンブールにだらだらいるのもイヤだったので、とにかく一泊でトロイへ行った。
アヤソフィアの連中が次々とイスタンブールを去って行ったあと、僕は1人でギリシアへのバスに乗った。

イスタンブールへ「サヨナラ」と告げた。
僕はもう二度とイスタンブールへくることはないからね。
3回目 [1996/11/17-1996/10/26] 東欧縦断旅行 ブルガリアから入ってギリシアへ

ブルガリアから夜行寝台列車でイスタンブールへ入った。

じゅうたん屋の日本女性に声をかけられて、世間話をする。
その時に、インド通の日本人旅行者に声をかけられ、僕のホテルを捜すのに付き合わせた。

チャイハナで、インド旅行者と旅行論、人生論をやる。
自転車旅行者に会って、裏道のピザ屋で自転車旅行論をやった。

エリットホテルは、夜中の3時までディスコの音楽がうるさく眠れない。
イランから来た日本女性の個人旅行者と、部屋で遅くまで過ごす。

エリットホテルのスタッフも、かなりスレて、質が悪くなっていた。
そこで、以前日本人宿として有名だった「モーラ」へ移動。

モーラは、中級ホテルに変化していた。
が、僕はマネージャーと交渉して、安く泊まった。
一応、前回も見た「ブルーモスク」、「アヤソフィア」、「トプカプ宮殿」、「グランドバザール」を見る。
ボスボラス海峡」を船で渡り、アジアとヨーロッパを行き来する。
イスタンブールからチャナッカレへ6時間。
チャナッカレからトロイ遺跡まで、バスで片道40分。

チャナッカレからトロイ遺跡ツアーに参加すると、
ガイドつきで遺跡を見て、
午前9時発で、昼前(午前11時40分)にチャナッカレへ戻るった。

そのまま、イスタンブールへ戻ったので、
午後5時40分にイスタンブールの巨大バスターミナルへ戻った。

そのまま、また「ジャンレストラン」で、トロイ話で盛り上がった。
親しくなった美人女子大生を見送る。

バスターミナルへ行って、ユーロラインの切符を買う。
ギリシアのアレキサンドロポリスへのバスに乗る。

■世界旅行者の4回目のトルコ旅行ルート (1999/08/31-1999/09/03) 4days

【ワン(van)湖】
1996年の3度目のイスタンブール滞在で、トルコ人がすっかり嫌いになった。
ちなみに1996年の旅行は、2度目の世界一周旅行で、これで僕の旅行国数は完全に百カ国を超えたわけだ。
そのあと、1999年のアジア横断旅行に出た。
これは、日本にはアジア横断程度で大きな顔をする素人旅行者さんたちがウジャウジャいるので、そこを押えるためだ。
ちょっと書いておくが、アジア横断なんかはとても簡単で、、学生の夏休みの時期で十分出来る。
ただ、アジアをとっとと横断しても、何の意味もないけどね。
しかし、世界旅行者さんとしては、アジア横断もしてないのではマズイので一度通っておきたかったわけだ。
だいたい「アジア横断旅行」という場合は、日本を船で出て、あと出来るだけ陸路を使って、トルコのイスタンブールまで行くのが基本だ。

ところが僕の場合は、イランからトルコ東部に入ったあとで、イスタンブールへ向かわなかった。
アンタクヤまでバスで移動して、シリアへ入ったんだ。

その理由はただ一つ、イスタンブールに行きたくなかったから。
1996年でもイスタンブールにはわけのわからない日本人旅行者が固まっていた。

日本人の素人旅行者諸君が、日本語ぺらぺらのあつかましいトルコ人に食い物にされていた。
1999年になったら、さらにひどくなっているに違いないからね。
若い日本人旅行者のみなさんが、騙され、ボッタクられ、女の子たちがセクハラにあい、好き放題にされているのを見たくない。
その通り、現在(2008年)になると、トルコ各地で、日本人旅行者はボッタクラれ、セクハラされ、トルコ人に好き放題に弄ばれているとの情報がたくさん入っているよ。

また、トルコ人とのセックスが大好きになって、トルコに何度も通ったり、お金を巻き上げられる日本女性も多い。
そういう人を見ると、哀しいよね。

世界旅行者はアドバイスしておきますが、トルコなんか旅行初心者がわざわざ行くところじゃないよ。
特に女の子は、「トルコ大好き♪」なんて言ってると、その裏で必ず悪い噂が立ちますから、注意した方がいいです。
4回目[1999/08/31-1999/09/03] アジア横断旅行 イラン国境から入ってシリア国境へ
マークー(イラン)からバザルガン国境を越えて、ドグベヤズィット(トルコ)へ。
途中、アララット山を見る。
ドグベヤズィットからワン(VAN)へ2時間半。
ワン泊。

ワンを午前9時に出て、ディヤルバキール(ディヤルバクル)着が午後4時半(7時間半)。
ディヤルバキール泊。

ディヤルバキールを11時半に出発して、午後2時にはウルファ、2時間半。
ウルファ午後2時半発、ガジアンテップ午後5時着、2時間半。
怪しげな若者に道案内されて、ガジアンテップの「ホテルカタン」に泊まる。
ガジアンテップ散策

ガジアンテップ午前8時半発、正午にアンタクヤ(HATAY)着、3時間半。
アンタクヤ(トルコ) から アレッポ(シリア)へ国境を越える。

uk greece turkey egypt kenya asia europe world index
xxx