イスタンブールから1泊2日でトロイの木馬を見に行く@トロイ遺跡/チャナッカレ/トルコ

【世界旅行者@トロイ遺跡/チャナッカレ/トルコ(1996)】
1996年、ヘルシンキから、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリアと東欧を縦断する。
そして、トルコのイスタンブールへ到着する。

昔の有名な日本人宿だった「モーラ」が中級のホテルになっていた。
が、マネージャーと話をして、特別に(35ドルを20ドルにして)安く泊まった。
そのころ日本人が集まっていた「アヤソフィア」の旅行者諸君と、「ジャンレストラン」で毎晩飲んでいた。
イスタンブールは、アジア横断した旅行者、東欧から来た人間、エジプトから上ってきたやつ、などいろんな旅人が集まるところだ。

陸路でギリシアへ向かうつもりだったが、アヤソフィアにいた旅行者がトロイへ行った話をする。
僕は旅先でどこかの話を聞くことは、神の定めだと思っている。

トロイの遺跡はほとんど見るものがないという噂は聞いていた。
しかし、世界旅行定理では「わざわざ行ってみたらつまらなかった」というのが最高のネタだ。
市電と地下鉄を乗り継いで、「エセンレルオトガール」へ行って、チャナッカレ行きの、「TRUVA」というバス会社のバスに乗る。
トロイの遺跡はチャナッカレという町の郊外にあるようなんだよ。

大型バスは半分ほどの乗客を乗せて、10時40分出発。
切符は車内で買って、90万トルコリラ。
この時期、1万トルコリラが12円のレートなので、約千円ということになる。
車内ではオレンジジュースとクッキーのサービスがあった。
午後3時30分、ヨーロッパ側のフェリー乗り場へ到着。
午後4時7分、フェリーはチャナッカレ海峡を横断して、アジア側へと出発する。

【チャナッカレ海峡で同じ形のフェリーとすれ違ったので写真を取った】
バスが渡るのはチャナッカレ海峡。
イスタンブールと対岸のウシクダラの間が、マルマラ海の東の出口ボスボラス海峡だが、西側の出口がチャナッカレ海峡だ。

同じ形のフェリーが対岸からやってきて、すれ違うので写真を取ってみた。
対岸へ到着したところがチャナッカレの町。

OTOGAR(バスターミナル)で降りるのが午後4時30分。
イスタンブールから、6時間程度かかったわけだ。

バスターミナルで帰りの時刻表を確かめると、チャナッカレからイスタンブールへは午前7時から一時間に1本バスがある。
町の観光案内所で町の地図をもらい、安宿の場所、トロイ遺跡へ行く方法を聞く。
トロイ遺跡へは、タクシー、ミニバス、ツアーなどで行くことができるらしい。
歩いて「KERVANSARAY Hotel」の9号室に決める。
3人部屋を1人で占領して、50万トルコリラ、つまり約600円だ。
トロイの遺跡へ行く方法を確認しに町へ出る。
まず、トロイ遺跡行きのミニバス乗り場をチェックする。
でもあまり便利ではなさそうだ。
タクシーを借り切ると、3百万トルコリラ(3600円)だとか。
これは高すぎるね。

ANA−TURという旅行会社を見つけたので相談する。
すると、ちょうど明日トロイ遺跡ツアーがあるそうだ。
料金は70万トルコリラ、つまり840円。
朝8時45分に出発して、遺跡に2時間滞在して、11時30分に戻ってくる。
これだと、戻ってすぐにイスタンブール行きのバスに乗れて、到着が夕方だからちょうどいい。
すぐに申し込む。

ホテルの斜め前のレストランで夕食を取ると、とても量が多くて、食べきれないほどだ。
料金は46万リラなのだが、百万リラ札を出すと、お釣りを55万リラくれた。
一万リラ(12円)負けてくれたわけだ。
こういうところへ来ると、トルコはいいなーと思うよ。
イスタンブールは雰囲気が悪くなってきている。
が、まだトルコも、ちょっと地方へ行くと、気持ちのいい旅ができるだろうね。

翌朝ツアーに参加する。
同じバスに乗るのは、オーストラリア人がたくさんいて、ほとんど満席だ。

バスは9時出発で9時40分にはトロイ遺跡のゲートをくぐる。
入場料はツアー代に含まれている。
英語のツアーガイドが説明してくれる。
このおじさんは、なかなか説明上手で、冗談を入れながら人を飽きさせない。
逆に言うと、このガイドさんがいなければ、トロイの遺跡はただ地面を掘り繰り返した跡があるだけ。
噂どおり、トロイ遺跡には、特に見るところがない。

バスの隣の席になったオーストラリア人の田舎っぽい若者と話をする。
彼はイギリスで働いていて、イスタンブールの往復航空券が190ポンドだったと説明してくれたよ。

トロイ遺跡前の駐車場にトロイの木馬があった。
がもちろん最近適当にでっち上げられたもので、特に感慨もないが、一応写真を取る。

いつもならば、自分を入れて誰かに写真を取ってもらう。
だが、あまりに馬鹿っぽい木馬なので、その気も起きない。

【名物のトロイの木馬】
ただ、あとで考えてみると、トロイ遺跡では、このガッカリするような木馬が話のネタなんだ。
ということは、自分を入れて写真を取っておくのだったと、後悔したよ。
トロイの遺跡へまた行くなんて、どんなことがあっても、まず絶対にないからね。
みなさんも、旅先では「これはつまらないなー(涙)」と感じるものの写真は、撮っておいた方がいいよ。

ツアーバスがチャナッカレの町へ戻ったのが、午前11時45分。
イスタンブール行きのバスはすでに出発していたが、港でフェリー待ちで停車していたので、走って追いかけて乗り込んだ。

イスタンブール到着が午後5時40分。
地下鉄で安宿街へ戻り、いつも誰かがいる、アヤソフィアへ顔を出す。

ちょっと親しく話をしていた美人女子大生さんと会う。
「CAN(ジャン)レストラン」へ行って、彼女の人生相談、恋愛相談に乗った。

【写真】旅行者ならば一度は見てみたいトロイの木馬
【旅行哲学】つまらないといわれているトロイの遺跡へ行っておくと、トロイの遺跡の悪口が言える。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)