トプカプ宮殿からボスボラス大橋を望む@イスタンブール

【トプカプ宮殿のテラスからボスボラス海峡、ボスボラス大橋を望む(1996)】
1996年の秋、僕は北欧から東欧を、普通ではない国境の越え方をしながら、ずずずっと下って、イスタンブールへとやってきた。
1988年に泊まったことのある「エリットホテル」にチェックインする。

が、夜中の午前3時ごろまで下から大きな音楽が響いて眠れない。
とても下品な宿に変化していた。

そこで昔は安宿だった「モーラ」へ行ってみる。
ダブルベッドの部屋35ドルをマネージャーと交渉して、20ドルに値切って泊まる。

僕はイスタンブールはもうほとんど見ているのだから、とっとと移動すればいい。
実は、イスタンブールで考えていたのは、ここからどこへどうやって動くか、なんだよ。

イスタンブールから、ちょっと変わったところへ行ってみたい。
それは、地中海の島「キプロス」か「マルタ」なんだけどね。

しかし旅行代理店を当たっても、ピタッとした値段が出ない(航空券が高かった)。
いろいろ考えながら、イスタンブールでまだ見ていないところへ行ってみる。

スルタンアフメット地区の端にあるのが「トプカプ宮殿」だ。
ここはなぜか、行ったことが無かった。

入場券売り場で手持ちの国際学生証(ISIC)を見せる。
入場料の大人料金36万トルコリラが、17万トルコリラに割り引かれた。

ちなみに、この時期、1米ドルが9万4千トルコリラだった。
わかりやすく換算すると、トプカプ宮殿の入場料は、ノーマルで5百円程度で、それが学割で250円くらいになったという話。

もちろんこれは、外国人旅行者向けのボッタクリ料金だけどね。
宮殿の中の財宝は確かにすごいものだった。
が、何か全体的に繊細さが欠如した、大雑把なもののような気がしたね。

次に、ハーレムのガイド付きツアーに参加する。
これが学割が効かず、15万トルコリラ(200円)。

ボスボラス海峡を見下ろすテラスへ行ったら、東洋人の女性がいたので話しかける。
すると、韓国人だったので、互いに写真を撮ることにした。

それがこの、トプカプ宮殿のテラスからボスボラス海峡をバックにした写真だ。
よく見ると、僕の背後にボスボラス大橋が見える。

考えてみると、この写真はすごい。
右側がアジア、左側がヨーロッパ、それをつなぐボスボラス大橋、撮った場所がトプカプ宮殿。
真ん中に立つのが有名な世界旅行者先生、撮影者は韓国人美女なんだから。
ちなみに、韓国人女性は自分の意見をはっきり持っているので、話をしても面白い。

トルコの写真でも、ボスボラス大橋の写真はなかなかないよ。
これって結構ポイントが高いと思わないかい(笑)?

【写真】トプカプ宮殿に立つ
【旅行哲学】写真は撮れる時に撮っておくこと

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)