『エルサレムからヤッフォ(テル・アビブ)へと日帰りして、地中海を見る』@テル・アビブ/イスラエル
1988年8月21日

昨日、エルサレムからヨルダンへの行き方を調べた。
国境へのタクシーは、ダマスカス門から出る。

料金は14シェケル又は3JD。
このときは、1シェケルが80円、1JDが360円と考えていた。

僕の計算では、14シェケルが1120円、3JDが1080円。
どちらで支払っても変わりない。

まあ、変わりがあるはずもないわけだが。
国境へのサービスタクシーの予約の必要はない、当日朝行けば乗れることも確認する。

イスラエルからヨルダンへの脱出計画が出来た。
明日イスラエルを出ようと考える。

すると今日一日あるわけだ。
どこかまだ行き残したところがないかと考える。

イスラエルはとにかく、聖書に出てくる地名だらけだ。
聖書について、深く知らない僕でももちろん「ベツレヘム」という地名は知っている。

ベツレヘムとはもちろん、キリストの生誕の地だ。
キリスト教徒ならば絶対に外せない町。

ただ僕は、キリスト教徒ではない。
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の重要な場所はエルサレム城内だけでもウンザリするほど見た。

すでに神が僕に乗り移っている状態だ。
ふと、頭に浮かんだのが、テルアビブ。

僕が泊まっている「ニューインペリアルホテル」はヤッフォ門のすぐ近くにある。
このヤッフォというのが、テルアビブに存在するらしいんだ。

それと、イスラエルから地中海岸を見てみたいという気持ちもあった。
エジプトではアレキサンドリアから地中海を見た。

トルコのマルマリスからロードス島に渡る時も地中海を見た。
ここで、イスラエルから地中海を見たいね。

というわけで、テルアビブへ行くことに決め、今日の宿代を10ドル払う。
ホテルの受付で、20ドルを34シェケルに両替してもらう。

もう乗り慣れた20番バスで(0.7シェケル)、新市街のバスターミナルへ。
ここで、テルアビブ行きのバスをつかまえる。

テルアビブへ片道4.30シェケル。
エルサレムとテルアビブの間は、幅の広い自動車道路が結んでいる。

途中の景色はとても殺風景。
ただ、山の上に住居が集まっているのが、僕には奇妙に思われた。

日本の場合は、山と山の間の谷に住居はあるよね。
だから、普通の日本の家は山の上には建てない。

それは、水の問題があるんだと思うけれどね。
でも、ロサンジェルスの高級住宅地は、見晴らしのいい山の上にある。

もちろん現在では、水道があるので、水の心配はないだろうが。
でも、日本人は水道が引いてあっても、わざわざ山の上に家は建てないと思う。

日本人は他人から見えないところに、ひっそりと家を作るんじゃないかな。
これは、日本人の民族性の問題だろうけれどね。

などとどうでもいい旅行哲学をしているうちに、1時間半ほどで、テルアビブのバスターミナルへ到着する。
テルアビブのバスターミナルは、オールドポート(ヤッフォ)からちょっと離れていたが、歩いていった。

テルアビブの市内バスもあるようだが、バスに乗っても、どこを通っているのか、どこで降りたらいいかわからない。
こういうときは、市内見物も兼ねて、地図を見ながら歩いた方が安心確実だね。

歩いて、オールドポートへ到着。
いまでは、「ヤッフォ」と呼ばれているらしい。

つまり、昔の、本来のテルアビブの発祥の地。
ここに博物館があった。

入場料が2.5シェケル(2百円)。
博物館の展示と、地中海を見て、昔の地中海交易を想う。

帰りは、さすがに歩かずに、バスでテルアビブバスステーションへ戻る。
バスステーションで昼飯を取る。

食事に、ビールを2つ飲んで、合計12シェケル(千円程度)。
エルサレムへ戻って、ダマスカス門前の公園でごろんと横になる。

「午後4時になっても、アラブ地区の店は閉まったまま」とノートに書いてある。
これは多分、アラブ地区の店で何か買いたかったのだと思う。

でも、20年以上前のことなので、何を買いたかったか、すっかり忘れてしまいました。
これで、イスラエルは終了。

明日は、またヨルダンへ戻ります。
イスラエル旅行記
ヨルダン旅行記  / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx