タケオゲストハウス@シェムリアプ/カンボジア
有名なチェンラゲストハウスの隣、建物に向かって左側にあるのがタケオゲストハウスだ。
もともとはチェンラの方が有名で、チェンラにあぶれた旅行者がタケオに泊まっていた。
ところが、チェンラが建物を新しくして、ちょっと値段も上がり、以前あった部屋の中央のホールがなくなってしまって、みんなが集まる場所がなくなった。
その点タケオは昔のままの構造なので、部屋の並ぶ真ん中に広い場所があって、そこにはテーブルがあり、奥には日本語の本棚もある。
だから、なんとなくこの場所にいれば自然と会話が始まるってわけで、会話を始めるのが苦手な、知らない人に声をかけることが恥ずかしい、旅行初心者にはとっても優しい場所なんだね。
また逆に言うと、自称「旅行ベテラン」もここに難しい顔をして座っていれば、誰か旅行初心者が来るので、大きな顔をして旅のウンチクを語れる。
みんなが幸せになれる場所なんだよね(笑)。
で、僕はシェムリアプへ来た最初の日は、チェンラに泊まったのだが、世界旅行者としては「チェンラだけに泊まって、タケオに泊まらないのもちょっと迫力がないよなー」との意識がある。
そこで、タケオに行って、やっと空いた一室3号室、シングルで3ドルをゲットした。
ただこの部屋にはトイレが付いてない(もちろんトイレ付きの部屋もあるよ)。
しかし、その翌日には僕はバンコクへのツーリストバスに乗るつもり。
ということは、翌朝ゆっくりとトイレにいけないってことだよねー。
と、コロッとキモチを転換して、やはりチェンラに連泊することにした。
でもタケオに一応顔を売ったので、テーブルに居座って、本を読んだりしてごろごろしていました。
で、持ち出し禁止といわれた日本語の本を持って出て、チェンラの部屋で読んで、もちろん翌朝返したよ。
ここで読んだ本で記憶に残っているのが、「赤道の万年雪 パナマ地峡・北アンデスを行く(谷崎竜)」。
昔風の「南米冒険談」だ(笑)。
でもダリエンギャップを越えた話が、詳細に書いてあったのが、面白かった。
まあ、昔風の旅行者は、無理な旅をして、旅行自慢したがるものなんだよね。
旅先では、とにかく、時間がたっぷりあるので、本を読むにはとてもいい。
いつもは読まないような本や雑誌でも、他に読む本がなければ、読んでしまう。
それもまた、面白いんだ。
僕は、西インド諸島への旅に出たとき、「ホテル加宝」においてあった「FINE」というサーファー雑誌を持っていったので、隅から隅まで読んでしまったよ(笑)。
【写真】タケオゲストハウスのホール。
【旅行哲学】日本人宿にはみんなが自然と知り合って、話せる場所が必要なんだよね。
→ チェンラゲストハウス

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index
xxx