『トルコの世界遺産 イスタンブール歴史地区(スルタンアフメット地区)』

【テオドシウス一世のオベリスク@ヒッポドローム/スルタンアフメット】
トルコには、いろんな遺跡があり、雄大な自然の景観もある。
でも、トルコでゼッタイに見なければならないのは、イスタンブールだ。

トルコ旅行をするのに、イスタンブールを見ずに、カッパドキアやパムッカレ、サフランボルを見てどうするの(笑)?
トルコのポイントは、イスタンブールなの。

イスタンブールで見るところといえば、イスタンブールの旧市街、スルタンアフメット地区だ。
もう一つあるとすれば、アジアとヨーロッパを分けるボスポラス海峡をボートで渡ること。

だって、イスタンブールはヨーロッパのローマ帝国と、アジアのオスマントルコの文化が交じり合っている。
イスタンブールでは、ヨーロッパとアジアが出会う。

つまり、トルコという国の特徴は、アジアでありながらヨーロッパ。
イスラムでありながらイスラム教国家ではない(ビールが飲める)、というところなんだからさ。

イスタンブールの町、特にスルタンアフメット地区に立つこと。
旅人にとってはこれだけで十分だ。
スルタンアフメット地区の奥にオベリスクが立っている。
この細い道がヒッポドロームのあとだ。

「ヒッポドローム」とは、ローマの戦車競技場のことらしい。
現在は規模も小さく、こんな狭いところで競技をやったのか?と疑いたくなる。

でも昔はもっと規模が大きかったのかもしれないね。
または、狭いところでやるから興奮したのかも。

この戦車競争については、なかなか奥深い話があったような気がする。
例えば、チームを作って競い合ったとかね。

本で読んだ記憶があるような気もするので、自分で調べてください。
ヒッポドロームにあるのが「テシオドシウスのオベリスク」。

オベリスクにもいろいろあるでしょうが、これはエジプト、ルクソールのカルナック神殿から持ってきたものだとか。
ということは、このオベリスクを見ておくと、ルクソールに行った時に自慢できるわけだよ。

【アヤソフィア@スルタンアフメット地区/イスタンブール】
アヤソフィアは、ギリシア正教会を潰して、イスラムのモスクに変わった建物だ。
しかし、現在では、漆喰を剥がしたところで、キリストのモザイク画なども見える。

でも、わざわざ中に入ったとしても、それだけの価値はない。
アヤソフィアは外から眺めた方が、感動する。

【ブルーモスク@スルタンアフメット地区/イスタンブール】
ブルーモスクは、ドーム状の建物自体がとても興味深い。
中に入っても、祈りの場所という感じがする。

また、ステンドグラスがキレイだ。
ブルーモスクは、中に入ることをオススメします。

【スルタンアフメット地区を走る電車/後ろに見えるのはアヤソフィア】
1988年にイスタンブールへ来た時は、路面電車は走ってなかった。
1996年には、しっかりと走っていて、これがイスタンブールの巨大バスターミナルへ行く地下鉄と、乗り継ぎが出来るようになっていた。

今では、イスタンブールの空港からも、乗り継いで、スルタンアフメット地区へアクセスできるとか。
時がたつと、路面電車もまた、イスタンブールに似合ってくるのが興味深いね。

ただスルタンアフメット地区の大問題は、日本語を日本人以上に話す、トルコ人の客引き連中がいることなんだよ(涙)。
イスタンブールにトルコ人さえいなければ、本当にいいところなんだけどね…(笑)。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)