『シンガポールからマラッカへ着いて、モスク、中国寺、ヒンズー寺院で祈る』@マラッカ/マレーシア

注:1990年3月末のレートを、わかりやすく「1シンガポールドル=80円」、「1マレーシアリンギット=60円」と考えます。
1990年3月30日、中国宿の「海天旅店(HAI HIN HOTEL)/97-A BEAACH ROAD, SINGAPORE」の5号室で目を覚ましたのが午前7時。
このホテルは落ち着いていて、部屋も広く、シングルで27シンガポールドル。
この時期、1シンガポールドルは80円程度と考えていた。
だから、2160円。
シンガポールはとにかく物価が高く、宿が少ないので、1泊シングルで2千円ちょっとはうれしかった。
ただ、シンガポールはビールが高かったよ(涙)。
アンカービール(ANCHOR BEER)の大瓶が、4シンガポールドル(320円)。
ビールが3百円を超すということは、日本と同じ値段だよ…(汗)。
こんなビールの高いところに長居は出来ない。
昨日マレーシアバススタンド(MALAYSIA BUS STAND/LAVENDER ST. & KALLONG BAHRU)へ行って、切符を買った。
シンガポールから、マレーシアのマラッカまで、11シンガポールドル(880円)。
部屋をチェックアウトする前に、トイレに何回も通い、正露丸を飲んで、お腹がくだらないようにおまじないをする。
朝食はとらずに、中国茶を飲む程度にした。
MRTでLAVENDER駅に行き、ちょっと待って、午前9時発の、「MALACCA SINGAPORE EXPRESS」バスに乗る。
これはエアコンバスで、シート番号は1号。
ということは、わざわざ前日に来て、切符を買うような慎重な人間はいないってことだろうね。
シート番号が1号だと、運転手の真後ろで、前方の景色がよく見える。
シンガポールの出国審査、マレーシアの入国審査が続いてある。
ともに、バスを降りて乗客の審査があって、乗客が審査を終えたところに、バスがやってくるというパターン。
シンガポールを午前9時に出て、マラッカ到着は午後3時ごろになった。
つまり、二国間の出入国手続きの待ち時間を含めて、6時間かかったわけだ。
特にマレーシアに入ってからは、バナナプランテーションの間をバスが走るのが、楽しかった。
シンガポールは都会だったので、ちょっと疲れてしまったのかも。
バスがマラッカのバスターミナルで停まったところ来た、客引きに欧米人旅行者と一緒に安宿へ連れて行かれた。
僕は別に彼らといっしょに泊まるつもりは無かったが、まだ時間も早いので、話のネタに見に行った。
行ったところが「COWBOY LIMS TRAVELLERS HOSTEL」だ。
中に入ると、ベニヤ板で仕切ったような狭い部屋が並んでいた。
もちろん僕はここには泊まらないので、外に出て、町の中心部へ歩いて戻る。
途中で見つけた観光案内所で、市内地図をもらった。
その地図を見ながら、歩いていて、目に留まった「HOTEL HONGKONG」に飛び込み、部屋を決めた。
シングルで17.60マレーシアドル(マレーシアリンギット)。
この時期、1マレーシアリンギットは60円程度。
だから1056円で、落ち着ける部屋なのでホッとする。
これが午後4時ごろだったろうか。
部屋にバックパックを置くと、観光案内所でもらった地図を手に、町へ飛び出した。
まず、「カンポン・フル・モスク(KANPUNG HULU MOSQUE)」へ行った。
これは、1728年建造で、建物(モスクのミナレット?)がちょっと変わっていた。
次に、中国寺「チェン・フン・テン寺院(CHENG HOONG TENG TEMPLE)」へ。
1646年に建てられた、中国様式の寺院。
さらに、「カンポン・クリン・モスク(KAMPUNG KLING MOSQUE)」へ。
こちらも、いかにもアジア風のモスクだったね。
最後に「スリ・ポヤタ・ヴィナヤガ・ムーティ寺院(SRI POYYATHA VINAYAGAR MOORTHI TEMPLE)」
これは、ヒンドゥー寺院だ。
つまり、シンガポールからマラッカに着いて、ホテルを決めたあと、午後4時ごろから、モスクを2つ、中国寺とヒンドゥー寺院を一つずつ見た。
これはなかなか、神に愛されてなければ出来ないことではないでしょうか。
さて、シンガポールでは高かったビール。
マラッカでも、アンカービールが5.70リンギット、つまり約340円。
シンガポールでは、320円だったから、たいして違わないね(涙)。
かなりガッカリしたかも。
今日は、イスラム教のモスク、(多分儒教の)中国寺、ヒンドゥー教寺院で祈った。
明日は、キリスト教の教会で祈りましょう。