《ジョグジャカルタ空港で知り合った日本人にくっついて、タクシーを相乗りしてプランバナン遺跡へ》
バリ島の、デンバサール空港からクタビーチへ行ったときは、空港で欧米人旅行者に声をかけた。
3人で、タクシーに相乗りして、クタビーチへ行った。
ジョグジャカルタの場合は、ちょっと違った。
ジョグジャカルタはジャワ島の中央にある古い町で、近くには有名なボロブドールの仏教遺跡がある。

今では日本からバリ島へのツアーに参加しても、ボロブドール観光が日帰りのオプショナルツアーになっているくらいポピュラーな所だ。
この空港では基本的に長期旅行者を見つけることは出来ない。

長期旅行者は出来るだけ安く旅行するので、この町に来るとしても、列車やバスを使う。
だから飛行機でジョグジャカルタに来るのは、バックパッカーとしてはちょっと恥ずかしい。

僕がバリ島から飛行機でこの町に来たのは、だから、余り自慢出来ることではない。
夜行バスで16時間かかって35000ルピア(2450円)、飛行機で40分で77300ルピア(5400円)という話だった。
つい齢と体力のことを考えてしまったのだ。
さて、この空港では、外人のまともな旅行者に会えるとは期待していなかった。
しかし旅行では何だって起こるものだから、一応はそういう外人旅行者を捜した。
やはり、いない。
日本人旅行者を見つける。
ありふれた質問をすると「イリアンジャヤから来ました」と、思いがけない答えが返ってくる。
おやおや、結構まともな旅行者か、学術調査関係の人間なのかも知れない。
シリアのパルミラの遺跡やアレッポでオリエント博物館の調査隊に世話になったり、朝飯をおごって貰ったりしたこともある。
「学術調査関係の方ですか?」
「いや。○○大学の探険部なんです」

なんと某大学の探険部だ。
「知ってる知ってる。アフリカで恐竜探険をしてたでしょ!」

実はこの件に関しては僕は結構詳しい。
アフリカ(ケニア)にいたとき、このグループの何人かと会ったことがある。
この本を書いたという旅行者とも、ロサンゼルスの安宿「ホテル加宝」で会ったことがある。
彼は、ジョグジャカルタの安宿を知らないとか。
でも、タクシーに相乗りで割り勘にするのには便利だ。
その時、荷物を取るために並んでいる列の向こうに日本人らしい女性を2人見つけた。
いかにも旅慣れてなさそうだし、ツアーに混じっているようでもない。
声をかけてみる。

人数が多ければ、タクシーの相乗りがもっと安くなるからね。
「ジョグジャの町まで一緒のタクシーで行かない?」
「えー、私たち、よく知ってる人がいますから‥‥」との答え。
女の子と話をしている所へ、地元の民族衣装っぽいものを着た日本女性が現れた。
挨拶をして事情を聞くと、この女の子はジャワで音楽の勉強をしている。
初めに僕が声を書けた女の子たちは、彼女の大学の後輩ということなのだ。

こっちの方がずっと面白そうだし、ジョグジャの土地勘もあるようだ。
「一緒に町まで行こうよ」と誘う。

「でも、私たちここからプランバナン遺跡に寄るんです」が答だ。
なんだ、なんだ!そのプランバナン遺跡とは。
いままで聞いたことがない。
定番のガイドブック「東南アジア・シューストリング」を見ると「ジャワ最大のヒンズー教寺院遺跡群」とある。
となると、これは面白そうだ。
ジョグジャカルタに来てボロブドール遺跡を見るだけじゃツアー客と変わりない。
とにかくそのプラン何とかという所に行こう!
日本人4人だと、タクシーにきっちり乗れる。

音楽研究の女の子はインドネシア語も出来るようで、もうタクシーを見つけていた。
女性3人と、僕を乗せたタクシーは、暗くなる前に、プランバナン遺跡へ。
正直、遺跡自体は、それほどのものだとは思わなかった。
でも、観光客が少なかったので、それだけでも、よかったね。

女の子達と一緒にプランバナン遺跡を見て、日の暮れるころジョグジャの市内に到着。
宿を探すのも大変なので、女の子達と一緒のホテルに泊まった。

遺跡の入場料とタクシー代込みで僕が払ったのが4000ルピア(280円)。
泊まった「ZAMRUD」のホテル代がシングルで1万ルピア(700円)だった。

とにかく空港では、誰かタクシーをシェアする人を、捜すのが基本。
料金も安くなるし、それ以上に、安全だからね。

【旅行哲学】空港から町へ、似たような旅行者を見つけて、タクシーの相乗りをするのが旅行の基本。
ASIA INDONESIA AUSTRALIA SINGAPORE WORLD INDEX

xxx