アンマンからペトラ遺跡へ、JETTバスで日帰りする@ヨルダン

【ぺトラ遺跡】
僕がペトラ遺跡へ行ったのは、エジプトからヨルダン、イスラエル、シリアと中近東を北上して、トルコへ入る途中。
1988年8月14日のことだ。
エジプトのヌエイバから、アカバ湾をフェリーで渡って、アカバで1泊。
一緒だったフランス人の子連れ美女から「一緒にペトラへ行かない?」と誘われたが、翌朝とっとと、アンマンへと向かった。
アンマンで宿を決めて、日帰りでペトラの遺跡へ向かう(往復のバス切符6JDは昨日買っていた)。
JETTバスの朝6時40分発に乗ると、途中でちょっと休息があって、到着が午前10時半、つまり4時間かかった。
ペトラ遺跡の入場料は1JD(1ヨルダンディナール=360円)だったが、そのあとかなり高額になったらしいよ♪
2000年で一日入場料が20JD(2000年のレートで、3400円)!、だそうだけどね(笑)。
これは、2300年前の(つまり立派に紀元前の)遺跡だって。
ペトラの遺跡は、入り口から馬に乗っていく人も多く、馬に乗るように声をかけられる。
しかし、ケチな世界旅行者は馬に乗らない。
長年の浸食がつくり出した"シク"と呼ばれる細長い谷を、1人で歩いていく。

両側から断崖が迫った細い道(地面は平らです)をかなり(30分くらい)歩く。
と、突然目の前が開けて、神殿(エル・ハズネ)が出現する。
これはかなり感動的だが、僕は全く情報を持ってなかったので、他の人の3倍くらい驚いたかな。
昨日、ガイドブック、「FODOR`S JORDAN & THE HOLY LAND」を高い金を出して買ったのに、その日のうちにあっさりとなくしてしまった。
だから遺跡についての細かい情報がない。
でも、アンマンからの往復切符があって、帰りのバスも確保しているわけだから、単純明快。
バスの出発時間まで、遺跡をうろつけばいいだけだ。
エルハズネを見た後は、岩に彫り込んで作られた、建物を見て歩く。

岩山に囲まれたペトラの遺跡が広がる。
ローマの円形競技場などもありました。
僕は遺跡中を歩いて歩いて歩き回って、かなり山の上まで登った。
そこでまたひっそりとした神殿を見つける。

この神殿には、僕のほかには、人が全くいなかった。
神は世界旅行者を招いて、啓示を与えてくれたというワケだ(これは、ヒ・ミ・ツね)。
この歩いたところが、エド・ディル(ED-DEIR)というところ。
登るのに45分、降りるのに30分かかった。
帰りも、歩いて戻ってきました。
遺跡の入り口から、シクを、一人寂しく歩いて戻ってきました。
馬に乗ってもよかったのだが、どうも信用できない。
トラブルの臭いがプンプンしていたからね。
帰りのJETTバスに乗る。
すると隣に(このころはユーゴスラビアが存在していたので)、ユーゴの若者(25歳くらい)が座った。

適当に話をする。
彼は、僕と同じく、アンマンから日帰りで、ペトラ遺跡を見学に来たとのこと。

ただ、彼はこれから南下して、エジプトへ行く。
僕は北上して、トルコへ行くので、ちょうどすれ違ったというわけだった。
彼は「Lonely Planet Middle East」を持っていて、僕は「Lonely Planet Africa」をディパックの中に入れていた。
交換してしまえば、互いに利益があると思った。
が、ここはまだヨルダン。
彼にとっては、ここでヨルダンのガイドブックを手放すわけにはいかなかったようだ。
でも、本格的な旅行者同士では、すれ違う時に、「Lonely Planet」を交換するって、よくある話なんだよ。
例えば、逆方向から来たアジア横断の旅行者が、「Lonely Planet South-East Asia on a shoestring」と「Lonely Planet Middle East」を交換するような話。
さて僕が「ペトラ遺跡」へ行った話はここまで。
しかし、その頃はあまり知られていなかった「ペトラ遺跡」へ僕が立ち寄った理由は、この長い旅行記の中に書いてある。
そう、モロッコのフナ広場で出会った日本人4人組から、ペトラ遺跡のことは聞いていたんだね。
だから、旅でどこへ行くかは、旅先の出会いで決まるわけだ。
ネットをいくら調べても、本当の情報なんてわからないよ。
本当の情報は、人間と人間との、直接の出会い、言葉の交換によって得られるものだから。
さて、その後、僕は旅を続けて、ヨーロッパへ入った。
コペンハーゲンからオスロへの夜行列車のクシェットで一緒になったイスラエル人が、「イスラエルからペトラの遺跡を見に行って、帰ってこなかった友達がいるんだけど、会わなかったか?10年前だけどさ」と聞いてきた。
イスラエル人は、そのころヨルダンへは入国できなかった。
若者の間ではこっそりとペトラの遺跡を見てくるのが流行したらしい。
それでそのまま帰ってこなかった人も多かったんだってさ。
世の中には、いろんな話があるものだよね。
【写真】ペトラの遺跡
【旅行哲学】遺跡を見て、どんな伝説を作れるかが大事ね。
【参考】
ペトラの遺跡は、「インディジョーンズ・最後の聖戦」の舞台になったので有名らしいよ。
もちろん僕はこの映画を見たが、それが世界一周中の南米チリの首都サンティアゴだった。
ところが僕は疲れていて、(また、この映画はたいして面白くなかったので)途中で寝てしまったんだ。
だから、エルハズネの記憶がないんだね(笑)。
ヨルダンには、「ワディ・ラム」という、アラビアのロレンスで有名になったところがある。
僕は見てませんが、アラビアのロレンスで見て、感動でした。
ヨルダンでは、ペトラとワディラムを見たらいいでしょう。
ヨルダン旅行記
エジプト旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx