「ロイヤルクリフビーチホテル」にいて、パタヤの安ホテルのパーティを想う@パタヤ/タイ
僕がまだ結婚をしていて、離婚前の別居状態の時に、嫁さんと一緒にタイのパタヤのツアーに参加したことがある。
これは、年末年始のツアーで結構高かったね。

泊まるところが、バンコクでは、わけのわからない、ツアー専用らしい、新しいホテルだった。
ツアーだから、定番の水上マーケットツアーなんかをサラッと見て、すぐにバスでパタヤビーチへ。

パタヤで泊まったホテルが、そのころ最高級の「ロイヤルクリフビーチホテル」。
このホテルは、パタヤの喧騒から離れた、高台にある巨大ホテルだ。
もちろんプールもあり、専用のビーチもあり、部屋も大きかったし、なかなかよかった。
僕の人生でただ一度、ギュンギュンしなる飛び込み台からピューンと飛び込んだのが、このロイヤルクリフビーチホテルのプールだった。
僕が最初に飛び込んだとき、ものすごくキレイだったらしくて、プールサイドの観衆から拍手をもらった。
最初の飛び込みは無心でやったせいか、自分でもスポッと水に入ったのが、わかった。
でも、もう一度やろうとしたら、フォームが乱れて、ダメだった(涙)。
やはり、思い切りがよくなかったんだね。
この経験が、世界旅行定理の「一度うまくやったことを、二度やってはいけない」に結実しているわけだ。

このころはまだ、「海外で、現地の女性とおつきあい」という感覚の人が残っていたのかもしれない。
いまは、そういう人はほとんどいないと思うが。
ツアーに参加していた一人が、ガイドさんに紹介してもらって、怪しいところへ行ったという話もあった。
もともとパタヤビーチは、ベトナム戦争中に、米軍兵士が休暇を取る場所として、発展したらしい。
パタヤで覚えているのが、定番のコーラン(ラン島)へのボートトリップ。
途中で船を止めて、海に向けての射撃をやったりした。

ラン島は確かに水がクリスタルクリアに透明度がよくて、海底の石の一つ一つまで見えた。
それは、逆に言うと、パタヤのビーチ自体はそれほどよくないってことだけどね。

大晦日の昼に、ロイヤルクリフビーチホテルから、トゥクトゥクでパタヤのゴミゴミした通りへ行ってみた。
歩いていて、適当なバーにフラッと入っていったら、大晦日のパーティの飾り付けをしていた。
飾り付けといっても、色紙を貼り付けたり、安っぽい電飾を張り巡らしたり程度のことだった。
そのバーのウェイターと話をしていたら、「今夜のパーティに来てよ」みたいに誘われた。
ただ、僕はロイヤルクリフビーチホテルの、高価な大晦日のパーティに予約がしてあった。
ロイヤルクリフビーチホテルのパーティは、歌手なんかも出てきて、欧米人も多くて、なかなか盛大なものだった。
でも僕はそのパーティの中にいながら、心の中で、「パタヤの安っぽいホテルのバーの方が居心地がいいだろうな」と思ってた。
結局僕は、豪華なホテルよりも、安ホテルにいることが居心地のいい人間だとわかった。
結局、「人はバックパッカーになるのではなく、バックパッカーとして生まれる」ってことかな。

【旅行哲学】人はバックパッカーになるのではなく、バックパッカーとして生まれる。
  [beach] [home]