ホイアンには観光客向けの小さな店がたくさんありました(提灯屋とネットカフェ)@ホイアン/ベトナム

【カラフルな提灯を並べた店@ホイアン】
「Thien Trung Hotel」の221号室にチェックインする(12ドル)。
さっそくホイアンの町を見て歩くことにする。

まず「日本橋」をみる。
これは定番だからね。

あとホイアンの町を歩いて気が付くのが、洋服屋が多いことだね。
「Lonely Planet」によると、ホイアンには200件ものオーダーメイドの服屋があるそうだ。

また、アートギャラリーも目に付く、陶器屋さんもある。
さらには、カラフルな提灯屋さんが目に付く。

川沿いを歩くと、ボートに乗らないかと声がかかる。
外国人観光客向けの小さなレストランもあちこちにある。

そして、ホイアンでは、スタイルのいいベトナム女性が目立った。
昼過ぎのちょっと暇な時間に、美人のいるレストランに入ってステーキを頼んだ。

だが、美人はいても、ステーキの量は少なく、味も感心しなかった。
僕が泊まっているホテルのフロントにいる女性も、かなりスタイルのいい美人だ。

ただ、根性はよくないようだね。
何しろ僕の部屋がファンのみで12ドル。

エアコンが動かないので文句を言うと、エアコンを使うならばさらに3ドルと吹っかけた。
おまけに翌朝チェックアウトの時に、13ドルを請求した。

「1ドルは税金」だそうだ。
しかしちょっと文句を言うと、すぐに1ドルの請求を引っ込めた。

税金として請求して、文句を言うとすぐに引っ込める。
そんな税金があるかっつーの。

とにかくベトナムは、吹っかけるところなんだよ。
僕は、歩き倒して、道端でちょっと安いビールを売ってるのを見つけた。

「Bierre La Rue」450mlが6千ドン。
これを買って、部屋で飲んだ。

【日本語可能なホイアンのネットカフェ】
観光客向けの店は多いが、それ以外に、特に見るものもないようだ。
ネットカフェを見つけた。

そのネットカフェには、「いらっしゃいませ/ここは日本語でネットできますよ」と日本語で書いてある。
おそらく日本人旅行者が手伝って書いたのだろう。

僕は基本的に、旅に出てまでネットをする人たちのキモチが理解できない。
もちろん世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)としては、「海外からネットをしたことがない」では済まない。

もちろんあちこちでネットはしてきた。
それはただ、ネットの状況をテストするという意味だった。

若い日本人旅行者(欧米人旅行者もそうだけどね)海外で朝から晩までネットカフェ(サイバーカフェ)に入り浸っている。
僕は海外からメールをもらうよりも絵葉書をもらう方がずっといいけどね。

だって絵葉書ならば、すぐに返事を書かないでいいから(笑)。
お寺もあったが、たいしたものではない。

ホイアンの近く(25km南西)には世界遺産のメーソン遺跡がある。
これを見るとなれば、半日は潰せるかもしれない。

でも僕は翌朝の、ツーリストバスを予約した(6ドル)。
ホイアンは一泊しただけで、次はニャチャンへと向かう。

【旅行哲学】ホイアンの町自体は完全に観光客向けに出来ている。洒落た小さなホテルもあるようだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD