『パルミラ遺跡を見て、ロンドンからカトマンズへの冒険トラックツアーに出合う』@パルミラ/シリア

【パルミラ遺跡】
1988年8月25日、ダマスカスを午前7時に出て、パルミラ到着が午前11時半(バスで4時間半)。
ここまでは調子良かったが、バスにバックパックを置いたまま降りてしまい、取り戻したのが午後2時半だ。
バックパックを手にしたら、すぐに、パルミラ遺跡の中にある「ゼノビアホテル」にチェックインする。
部屋にバックパックを置いて、とにかく遺跡観光に飛び出す。
ホムスからパルミラへのバスから、遺跡が巨大だというのはわかっていた。
何しろ遺跡のど真ん中を横切って、道路が作られているのだから。
パルミラ遺跡の見学を始める。
この日のパルミラの午後3時過ぎは、全く人影がない、人の気配がしなかった。
この巨大な遺跡に、僕はたった一人なんだよ(笑)。
正直、いまの時代ではありえないことではないかな。
いまならば、観光ツアーのバスが列を成しているのでは?
まあ、それでも、砂漠の午後の昼下がり、暑い時期には観光客も避けるだろうか。
1988年では、パルミラ遺跡自体が、(少なくとも日本人には)あまり知られていなかった。
正直言うと、僕もパルミラ遺跡の存在を知らなかった。
僕が、エジプトからヨルダン、イスラエル、シリアと中東を北上しているのは、アフリカからヨーロッパへ入るためなんだ。
ヨルダンのペトラ遺跡については、この年の3月、モロッコでヨルダン旅行をしてきた日本女性から話を聞いていた。
エジプトから中東を通って、ヨーロッパへ入ろうと考えたのは、おそらくこの女性の体験に刺激を受けたのだろうね。
まず、セノビアホテルを出て、「ベル神殿(TEMPLE OF BEL)」へと歩いた。
ベル神殿はパルミラ遺跡から道路を挟んだところにある。
次に「墓の谷(VALLEY OF TOMBS)」へ歩いて、「3兄弟の塔墓(TOWER OF TOWER TOMBS)」へ行った。
ここで、暑くてたまらなくなって、メリディアンホテル(MERIDIAN HOTEL)へ逃げ込む。
このメリディアンホテルは、いまは、「シャーム・パレス・パルミラ・ホテル(CHAM PALACE PALMYRA HOTEL)」という名前になっているようだ。
しかし僕がパルミラを訪れた1988年は、間違いなくメリディアンホテルだった。
一流ホテルホテルに入ると、エアコンが効いているので、スーッと汗が引く。
バーに行って、ビールを頼んだ。
僕と顔見知りの(バス会社のオフィスでちょっと話した)シリア人男性がいて、「両替しないか」と声をかける。
僕はまだ強制両替のシリアポンドを持っているので、申し出を断る。
この雰囲気だと、ドルの現金をシリアポンドに両替するのは簡単な雰囲気だね。
汗が引いたところで、「墓のある丘」に行った。
続いて、「アラブの城(ARAB CASTLE)」へ歩いていったが、城門が閉まっていて、中へ入れなかったのを覚えている。
しかし、アラブ城からパルミラ遺跡の全体像が見えたのは、感動的だったよ。
そのあと、パルミラ遺跡の本体に入る。
神殿やなにかを片っ端から見て回った。
何しろガイドブックもないのだから、ただ、「いろんな神殿や寺院なんかがあったなー」という印象。
パルミラ遺跡で記憶に残っているのは、「列柱道路(GREAT COLONNADE)」を、1人で歩いたことだね。
パルミラはもともと貿易の隊商都市だった。
だから、そこには、長い旅を続けてきた商人が喜ぶもの、身体を休めるものがたくさんあっただろう。
つまり、リゾート都市だったのでは。
例えば、UAE(UNITED ARAB EMIRATES/アラブ首長国連邦)のドバイが、ハブ空港と観光地として賑わっている。
でもそれは、アラブ人が貿易商人であることを考えれば、当然のことではないかな。
もちろん、パルミラは、イスラム教が生まれる以前の、ローマ時代の都市なんだけどね。
パルミラの遺跡を歩いて、ローマ風の円形劇場なんかも見つける。
ローマといえば、ローマ風呂だ。
もちろん、パルミラにも、浴場の跡は存在した。
ローマ人は、浴場で身体を清潔に保ち、劇場で芸術にも親しんだ。
もちろん、夜は暗くなるので、仕事は出来ないのでエッチに励んでいたかも。
とすると、一般大衆も、結構気楽な生活をしていたんじゃないかな。
なにしろ、生活のスピードがゆっくりしていただろうし。
医療レベルは低かっただろうから、病気にかかると、治療は難しかったかもしれないが。
でも、いろんな神殿や寺院があるんだから、それを信じていて、精神的には安定していたのでは?
もちろん、パルミラが繁栄していた時代に比べれば、現在の方が人の寿命は長い。
でも、「一生が幸せだったかどうか」というモノサシで測れば、案外と現在の方が不幸せだってこともあるだろう。
だって、いまの日本人は、まだまだ若いころから、老後の心配をして、ウツになってしまうんだから。
子供を作れば、子供の教育費のことも心配だし、将来ちゃんと介護をやってくれるかまで、心配している。
若いうちから老後の心配ばかりしていては、幸せな人生といえないのは、間違いないだろうね。
でもこのとき、僕はそんな面倒くさいことは、考えてなかったけどね。
僕にあるのは、「スッゴイ遺跡だなー♪」という感動。
それと、歩くのに疲れた。早く見るところを見て、ビールを飲みたい」という素直なキモチだったね。
パルミラ遺跡を一応見たと結論付けて、僕はゼノビアホテルへ戻る。
するとゼノビアホテルの前庭に、改造してイスやベッドを作りつけた大型トラックが停まっている。
白人の若者が多いので、ちょっと年上の責任者らしい白人男性に、話しかけてみる。
すると、これは「EXODUS EXPEDITION」という冒険ツアーらしい。
ロンドンからパルミラまで、トラック改造の車で、陸路でやってきたが、これからカイロまで走る。
カイロからはカラチ(パキスタン)へ飛び、カラチからネパールのカトマンズへまた陸路で移動するとか。
昔は、ロンドンからカトマンズへ陸路で直行していたらしい。
ただ、1988年は、ほとんどのヨーロッパ人は、イランへ入国出来ない。
それでカイロからカラチは飛行機を使わなければならないとのこと。
僕も一応このときまでに、ネパールもインドも、そしてエジプトも旅していたので、話は続く。
すると、「うちのツアーに日本人が、1人いるよ」という。
せっかくだから紹介してもらう。
そこにいたのは、トラックの座席で1人ポツンとしている50歳くらいの中年日本人だったよ。
普通だったら、僕はどんどん話しかけて世間話をするのだが、あんまり話しかける雰囲気ではない。
僕はそれを一瞬で見取って、「あーどーもー」と声をかけただけで、話すのを止めた。
僕が「海外発の多国籍ツアーは、英語力と、自分の性格を考えないと地獄に…」と書いたのは、この体験があるからだ。
夕食は、パルミラの町の、屋外レストランで取った記憶がある。
レストランで、日本人の男性2人と、女性一人の、グループに会って、ビールを飲んだと思う。
もう20年以上前の、1988年の話ですから、よく覚えてません。
僕としては、次は、パルミラ遺跡からさらに東の「デーレッゾール(DAIR AZ-ZAUR/DEIR EZ-ZUR)」へ向かうつもり。
明日になれば、バスでデーレッゾールへ行き、ユーフラテス川を見て、そこからアレッポへ進めばいい。
という考えでした。
もちろんそんな、地図上で計画した旅行は、不可能だったわけですが。
そのお話は、次回のお楽しみ。
xxx
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx