『パルミラの町で、世界旅行者は、プリズナーNo.6(THE PRISONER)となる』@パルミラ/シリア
1988年8月25日に、カルナックパス(KARNAK BUS)で、ダマスカスからパルミラへ到着。
ちょっとしたトラブルがあったが、遺跡の中のホテル「ゼノビアホテル」に、飛び込みで泊まる。
広大なパルミラ遺跡を1人で歩き回って、ロンドンからカトマンズのオーバーランドツアーに出会う。
さて、「どんな遺跡も2時間で見ることができる」というのが僕の主義(世界旅行主義)だ。
25日でパルミラ遺跡観光は完全に終わった。
翌8月26日は、パルミラからの脱出がテーマだ。
パルミラの次に進むのは、トルコ国境に近いアレッポ(ハラブ)。
アレッポからは、トルコに入って、特に観光はせずに、一気にイスタンブールへと向かう予定。
トルコではすでに、イスタンブール、カッパドキア、アンカラ、カイセリ、コンヤ、パムッカレ(デニズリ)、エフェソス(セルチュク)、マルマリスと旅を続けた。
これからはトルコの観光は考えず、とにかくイスタンブールへ入ることが大事。
イスタンブールでちょっと休んで、それから、ヨーロッパへ入り、もう一度ロンドンへ行くつもり。
ロンドンからは、日本へ戻ってもいいし、アメリカへ飛ぶのも可能性としてはある。
でもそれは、いま考えることではない。
今日考えることは、シリアのアレッポへ行くルートのことだ。
シリアの首都ダマスカスから、ホムスへ行き、東へ折れて、パルミラへ着いた。
ホムスからそのまま北へ向かえば、アレッポへ行ける。
だからアレッポから、またホムスへ戻って北へ行けばいい。
でもそれでは、パルミラからホムスへ、同じ道を行くことになる。
海外旅行のポイントは、できるだけ一筆書きに出来るように、同じ道を通らないルートにするのが賢い。
違った道を通るということは、ただバスに乗っているだけでも、間違いなく新しい経験だからね。
アレッポから西へ進み、ホムスを通らないとしたら、東へ進めばいい。
パルミラ遺跡からさらに東には、「デーレッゾール(DAIR AZ-ZAUR/DEIR EZ-ZUR)」という町があるらしい。
デーレッゾールには、ユーフラテス川が通っているようだ。
パルミラからバスでデーレッゾールへ行き、ユーフラテス川を見て、そこからアレッポへ進めばいい。
ゼノビアホテルで朝食を取っているときに、日本人(複数)を見かけたので話しかける。
彼らはなんと、日本の某有名博物館の発掘調査隊だったよ。
午前10時ごろまで彼らと話をして、午前10時にゼノビアホテルをチェックアウトする。
それから、パルミラの町のバス会社へ行って、デーレッゾールへのバスを待つ。
バス会社のオフィスの人も、「バスはすぐに来るよ」と確約してくれる。
ところが、バスは全く来ない。
他の人に聞くと、バス会社のオフィスではないところにバスは来るという。
その言葉を信じて、言われた所で待っても、バスは来ない。
僕は午前10時から午後3時半まで、いろんな人に話を聞いて、場所を移り、5時間半もバスを待った。
しかし、デーレッゾール行きのバスは、どこにも来なかったよ。
午後3時半を過ぎたら、その日に動くのは止めたほうがいい。
どこへ行くにしても、到着が暗くなるからね。
つまり、今日動くのを諦めた。
ゼノビアホテル(14ドル)へ戻って泊まってもいいが、別のホテルに泊まるのが海外個人旅行のポイント。
町を歩いて、安宿の「ニューツーリストホテル(NEW TOURIST HOTEL)」に決めた。
これだと1泊5ドルだったし、新しい部屋にも泊まったことになる。
夕食を取りにレストランへ行くと、ドイツ人旅行者2人に出会う。
彼らは、今朝、ダマスカスからパルミラへ来て、日帰りするつもりだったとか。
ところが、パルミラからダマスカスへのバスが見つからず、パルミラに泊まることになった。
荷物はダマスカスのホテルに置いてあるので、明日は絶対に帰ると言う。
ドイツ人は、「パルミラでバスのことを聞いたら、4人が4人とも違うことを言うんだ」と文句を言っていた。
まあ確かに、僕も朝10時から午後3時半まで、いろんな人にバスのことを聞いた。
しかし、誰の言葉も正しくなかった。
結局、パルミラから東へ進むバス自体が、存在しないのかもしれない。
僕はこのとき、ふと背筋を冷たいものが走るのを感じた。
そうして、僕が若いときに見たテレビシリーズ「プリズナーNO.6」を思い出した。
「プリズナーNO.6」では、主人公(NO.6)が、閉じ込められた村を脱出しようとする。
しかし最後には、いつも失敗して、村から逃げ出すことが出来ない。
ひょっとして、僕は、パルミラという遺跡に閉じ込められたのかもしれない。
そう言えば、パルミラの村の人も、全員、なんか怪しかったし(涙)。
ドイツ人は、今日、ダマスカスへ戻るバスさえも見つからなかった。
ということは、デーレッゾール行きのバスそのものが、存在しないのかもしれない。
パルミラからデーレッゾール行きのバスは、一週間に一度かも、1か月に一度かもしれない。
また、ひょっとしたら、盆と正月しかないのかもしれない。
これではとてもとても、東へ進むのは無理だね。
おとなしく、西へ進み、ホムスへたどり着けばいい。
ダマスカス〜ホムス〜アレッポは、シリアのメインルートだ。
ホムスからアレッポへのバスはあるだろう。
とにかく、パルミラから逃げ出すことが、最優先だ。
ドイツ人と話をしていると、情報が入った。
どうやら明朝午前6時半から7時ごろの間に、町の広場からホムスへのバスが出るらしい。
そのバスに乗ると決意する。
早目にベッドに入って、本も読まずに眠りに着いた。
夢の中で、ゼノビア女王が出てきて、「世界旅行者よ、お前は、パルミラ遺跡の人柱になるために選ばれたのだ」と語る。
「イヤだー!」と叫んで目を覚ます。
するとそれは、8月27日の朝5時だ。
何とか今日中に、パルミラを脱出しなければ。
そうでなければきっと僕は、神のもとへ導かれるだろう。
僕はとっとと身支度をして、ホテルを飛び出す。
パルミラのバスターミナルというか、ただの広場へ行く。
今日、パルミラを脱出できなければ、僕はパルミラの人柱にされてしまう…。
とにかく、逃げ出すことだ。
だって僕には、神から与えられた世界一周という使命があったのだから。
ゼノビア女王でさえも、パルミラを僕が出たら、引き留められないはずだ。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx