『パルミラから、アレッポへ移動して、町を歩いて、アレッポや国境越えの情報を得る』@パルミラ〜アレッポ/シリア
1988年8月27日、アレッポの安宿「ニューツーリストホテル(NEW TOURIST HOTEL)」で目が覚めたのが、午前5時。
というか、実は、前夜からよく眠れなかった。
情報では、今朝午前6時過ぎごろに、パルミラを脱出するバスがあるという。
昨日は、バスを捜しているだけで、1日が終わってしまった。
何があっても、今日移動しなければいけない。
午前6時に、バスが出るという広場へ行ってみた。
そこに人がいるので、「バスが出るか?」と聞くが、あんまり当てにならない。
昨日話をしたドイツ人は、パルミラでは嘘ばかりだと、文句を言ってたしね。
実際僕も、昨日は、パルミラから東にある町「デーレッゾール」へ行こうとして、いろんな人に話を聞いた。
でも、とうとうバスは見つからなかったんだから(涙)。
待っていると、一台の中型バスがやってきたので、とにかく乗り込む。
中で確認すると、このバスはホムス(HOMS)へ行くらしい。
バス料金は12シリアポンド(公定レートで132円)。
6時半過ぎにバスが動き出そうとする。
その時刻に次々と人が乗ってきて、あっという間に満席になる。
日本の通勤時間帯のバスのように、ぎっしりになったわけだ。
僕は早めにバスに乗っていたので、ちゃんと席は確保できている。
窓から外を眺めていると、僕がちょっと話をしていた日本人旅行者がやってきた。
バスは動き出していたが、運転手に声をかけてバスを止め、彼を乗り込ませてあげる。
人をぎっしりと詰め込んだ満員のバスは、砂漠の中をただひたすら走る。
午前6時40分に出発して、ホムス(HOMS)のバスターミナル到着が、午前9時20分になった。
2時間40分かかったが、その理由は、乗ったのがローカルバスだったので、あちこちに寄ったからだ。
ホムスからパルミラへ移動した時は、カルナックバス(KARNAK BUS)だったので、2時間かかっただけだったが。
ローカルバスは、やはり疲れるね。
ホムスのバスターミナルでトイレに行って、アレッポへのバスを待つ。
アレッポへ行くカルナックバスが来たが、満員で乗車できない。
人に聞きまくって、アレッポ行きのローカルバスに乗る(料金11ポンド/121円)。
ところが、このローカルバスは、とにかくぶっ飛ばしたよ。
午前10時に出発して、アレッポ到着が2時間20分後の午後12時20分になった。
バスはローカルバスで、確かにオンボロで、ガタガタしていた。
が、とにかく砂漠の中の一直線の道路を、ぶっ飛ばしたからね。
正直僕は、バスに乗っているときに、かなりの危険を感じていたけど…。
アレッポに到着して、町を歩いてホテルを5軒当って、最初のホテルに決める。
ホテルの名前は覚えてないが、けっこう清潔で、部屋もしっかりしていた。
シャワーとトイレは共同。
だが、それはもう慣れているので、気にならない。
ミネラルウォーターの大きなビンが、逆さにして廊下にある。
そこから、水をコップで飲めるようになっている。
これで、シングルの部屋代が5米ドルだから、昨日の5ドルの部屋よりずっといい。
部屋にバックパックを置いて、アレッポの町へ出る。
アレッポはなかなか歴史のある古い町で、お城も、スークも、モスクも、博物館もある。
ただ僕がまず考えることは、アレッポからトルコへの国境越えのバス情報だ。
バス会社に聞いてみた。
アレッポからトルコのアンタクヤ行きのバスは、毎朝午前7時に出発する。
バス会社は3軒あって、バスは一緒にコンボイを組んで、国境を越えるらしい。
バス料金は、なんと267ポンド(1ポンド11円の公定レートで2937円)と、国内移動のバスよりずっと高い。
一緒のバスで来た日本人は、ちょっといいホテルに泊まると言って別れた。
ホテルをチェックするのも兼ねて、ちょっとアップマーケットのホテルを見て歩く。
「ラムセスホテル(RAMSIS HOTEL)」や「バロンホテル(BARON HOTEL)」へ行ってみる。
「今日、僕の友達が泊まったはずなんだけれど、いませんか?」と、フロントで聞く。
どちらにも、日本人は泊まってない。
どうやら彼は、満員で断られた雰囲気だね。
僕はホテルの内部を見るために、彼を捜すのを口実にして、行ったんだけどさ。
1988年だと、由緒あるホテルもそれほどは高くなかった。
確か、1泊シングルで50ドル程度だったと思う。
でもまあ、僕は居心地のいいホテルに1泊5ドルで宿泊しているから、移る気持ちもない。
「バロンホテル」は、あとで調べたら、リンドバーグやアラビアのロレンスも泊まった由緒あるホテルだとのこと。
ラムセスホテルも由緒あるホテルのようだったが、なぜか頼みもしないのに、アレッポの市内地図をくれた。
中央郵便局で絵葉書を2枚買って、日本へ送る。
アミールホテルへ行って、ビール(35ポンド)を飲んで、休む。
続いて、「FOURSANN」というレストランで、昼食を取り、ビールを飲む(ここのビールは20ポンド)。
アレッポの「考古学博物館」へ行き、見学する。
シリアではいろんな国の発掘が行われているようで、日本隊の発掘も紹介してあったよ。
そのあと、スークを歩いてアイスクリームを食べていたら、あの「伝説の大事件」が起きた。
この夜は、早めにベッドに入った。
とにかく、脱出不能かもと恐れていたパルミラを出て、アレッポに着いたのはよかった。
アレッポからトルコの国境越えバスも調べた。
それはいいが、ちょっと不安なのが、僕は「シリアの外貨申告書」を持ってないんだよなー(涙)。
国境で、全財産を没収されることはないだろう(没収されたら即死だし)。
それがおそらくは、最大の問題だよなー。
でも、考えてどうなるものでもないさ。
とっとと寝て、楽しい夢を見ることにしましょう。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx