パルミラ遺跡で、オーバーランドツアーに会うと、そこには寂しい日本人中年男性が(涙)@パルミラ/シリア
ダマスカスをカルナックバスで出たのが朝の7時。
ホムスを経由して、午前11時半にパルミラのカルナックバスオフィスに到着した。
ところが、パルミラへ到着したのに喜びすぎて、バックパックをバスに残したまま降りてしまった。
バスはそのまま昼飯を食べにどこかへ行ってしまった(涙)。
バックパックがなければどうしようもないので、バスが戻ってくるまでオフィスで待つことに。
バックパックを手にしたのが、午後2時半だ。
それから、パルミラ遺跡の敷地内にある「ゼノビアホテル」へチェックイン。
シングルの大きな部屋が14ドルの現金払いでした。
ゼノビアホテルは改装して、いまはちょっと高くなっているようです。
パルミラ遺跡を歩き回ったが、他に全く観光客が見えないので、独り占めって感じになる。
あまりに暑いので、途中で「メリディアンホテル」へ行って、冷たいビールを飲みました。
遺跡をさらに歩いて、いちどホテルへ戻って休んでいた。
すると、ロンドンから陸路でやってきたオーバーランドツアーのトラック(トラックの荷台に座席が作ってある)がやってきた。
彼らはロンドンからヨーロッパ経由で、イスタンブールへ旅をした。
イスタンブール〜カイロまでこのまま進む。
カイロからカラチまで飛行機を使い、また別のトラックでカトマンズまで行くそうだ。
昔は、ロンドンからずーっと陸路でカトマンズまで行ってたものだ。
ただ、この時期、欧米人はイランへ入国不可能だったので、こういうルートを取ってたんだよ。
そのツアーの中に1人の中年日本人男性がいた。
日本人がいるから、と紹介されて挨拶に行った。
しかしこの日本人中年男性は、他の欧米人の若者たちと雰囲気が合わず、悲しそうだった。
この話は、僕の本に書いたから読んでね。
僕にとってパルミラ遺跡の大きな問題は、パルミラから脱出するバスが見つからなかったことかな。
なにしろ、いろんな人の言うこと(バスは何時、どこに来るのか)が全部違うんだからさ。
【写真】パルミラ遺跡
【旅行哲学】ある場所に行ったら、まずそこからの脱出手段を考えること。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx