明洞(myondon)を歩いていたら、しつこいおじさんが離れないので、食べたくもないうどん屋に入る@ソウル/韓国
これは、1990年、僕が最初の世界一周旅行から韓国経由で戻る時の話。
香港から韓国へ飛んで、ソウルでドミの安宿に泊まったが、とにかく物価の高さが半端じゃない。

ホテルも全体的に高い。
最初はシングルルームに泊まるつもりだったが、到着した夜は、何軒も当たって結局「INN DEAWON」に決める。

これは、オーストラリア以来久しぶりのドミトリー(3500ウォン)だ。
この時期100ウォンが20円と考えるので、ウォンの数字を5で割れば円になる。
つまり、ドミトリーで700円!もする(涙)。
翌日、あちこち歩いてホテルを捜す。
目をつけていたYMCAホテルも40ドルを超す値段だ(この時期6千円)。
ホテルを何軒も当たって、結局、韓国風旅館「YONG ILL旅館」(8000ウォン)のシングルに落ち着いた。
オンドルが入っていて、全体が韓国風なところは興味深い。
でも、1600円もする…。

韓国が面白くないのは、風景が日本と同じなので、ちっとも新鮮に感じられないところ。
とにかく、ソウル一番の繁華街、明洞(ミョンドン、myondon)へ行ってみる。

別に日本と変わった感じもしない。
と思ったが、確かに日本ではありえないことが起きた。

僕が片手に地図を持って、明洞を歩くと、とたんにポン引きのおじさんが寄ってきたのだ。
「日本の方ですか?」と、日本語で話しかけられる。

「韓国のデパートガールはお給料が安いのでアルバイトしてますが、どうですか」
話がすぐにそっちへ向かう。
「いいです」と断ると、「ちょっと会うだけでいいです。イヤだったら断ってかまわないし」としつこくて離れない。
ポン引きのおじさんを振り切るために、ついうっかり、入りたくもないレストランに飛び込む。
とにかく韓国人というのは、人の迷惑も考えず、しつこいのが特徴だ。
ま、日本人は人の気持ちを考えすぎて、あっさりしすぎ、諦めるのが早すぎるけどね。
韓国人のおじさんを避けるために、食べたくもないウドンを食べてしまう。
新宿のキャバクラの客引きだって、相手を見て、これは無理だと思ったらあっさり引くよ。
韓国人というのは本当に、シツコイのは確かだね。
しかも、無駄にしつこい。

しつこいおじさんがいなくなって、そのあと、名所といわれる「徳寿宮(トクスン、TOKSUNG)」へ。
しかし、なんということもない、つまらないところだ。

さらに、ソウル名所の南大門を見て、ソウル駅を見る。
ソウル駅の駅舎は日本が建設したもので立派だった。

結局、何にも面白くないところだ。
宿に帰ってとっととビールを飲んで寝ました。

【旅行哲学】ソウルの中心街・明洞を歩くと、ポンビキがしつこくて離れない。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050826