写真家・並河萬里氏の思い出@イスタンブール/トルコ
写真家の並河萬里氏が、2006年5月7日、逝去された。
世界旅行者は並河氏に、1988年5月1日、イスタンブールの考古学博物館で出会ったことがある。

僕はそのころのイスタンブールの日本人宿、「エリットホテル」に泊まっていた。
ホテルにいた日本語ペラペラの「フリエ」嬢や彼女の弟?の中学生くらいの若者と、じゃれあって遊んだりしていた。

イスタンブールに来たのはいいが、もともとガイドブックを持ってない。
いろんな人に聞いて、どうやら、トルコの名所は「カッパドキア」と「エフェス遺跡」らしいと見当をつける。

トルコからシリア、ヨルダン経由でエジプトへ行こうかと、シリアのビザを取ることを考える。
シリアのビザを取るにはそのころ、日本大使館のレターが必要だった。
で、日本大使館へ行ったら、その日が4月29日、そのころの天皇誕生日で、日本大使館は休み。
「これは、シリアへ行くなってことだな」と、神の啓示を読み取った。

イスタンブールを見学して、ボスボラス海峡のツアーにも参加した。
最後、イスタンブールを出発する日に、考古学博物館へも行ってみた。

そこでたまたま並河萬里氏に会った。
確か「並河萬里氏といくトルコのなんとか」みたいなツアーで、ツアー参加者に展示物の説明をされていた。
僕はテレビで見てよく知っていたので、「あれ並河萬里さんがいたー♪」と思った。
でも、邪魔にならないよう、横を通り過ぎただけだった。

ご冥福をお祈りします。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060508-00000134-kyodo-ent
並河萬里氏が死去 シルクロードなど遺跡写真
 
シルクロードなどの遺跡写真で知られる写真家の並河萬里(なみかわ・ばんり)氏が2006年5月7日死去。74歳。
中近東やアジア、中南米など幅広いフィールドで活躍し、多くの写真集を出版した。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx