シェムリアプからポイペトへのマイクロバス/カンボジア(2002)

【シェムリアップからポイペトへのマイクロバス(2002)】
2002年の夏、カンボジアのシェムリアプから国境の町ポイペトへの道は、ものすごい悪路だった。
特に雨季になると、橋が落ちたりする(僕が通った次の日は、橋が落ちたそうだ)。
道路の両側には、今でも大量の対人地雷が埋設されている。
現在では、バンコクとシェムリアプの間は、外国人観光客向けにマイクロバスが走っている。
と言っても、カンボジア側はポイペト、タイ側はアランヤプラテートでバスを乗り換えるのだが。
僕がシェムリアプからバンコクへ行ったのは、2002年、雨季の8月。
見かけはまともなマイクロバスだったが、これが遅かった。
ま、遅いのにはある特別な理由があったのだが…。
午前7時5分にタケオゲストハウスでピックアップされた。
しかし、あちこちシェムリアップの宿を回って、ガソリンを入れて、7時40分にはまたタケオの前を通った。
もちろんマイクロバスにトイレなんかは付いてない。
でも、一緒の欧米人は気にしない。
特にスウェーデンから来た若い女の子は、マイクロバスを止めて、バスを飛び出して、道端でトイレをしてたよ。
この時は、道を離れると、対人地雷がある恐れがあったせいだろうと思うが、バスのすぐ横だった。
僕のほかの体験からも、欧米人は、道端でトイレをすることに抵抗感はないようだ。
生理現象については、多分羞恥心のレベルが、日本人とは大きく違ってるんだろうね。
いろいろあったが、夜の9時には、カオサンに到着。
同じバスに乗ってた若者の定宿「マルコポーロ」に宿泊を決定する。
バスで一緒だった女の子たちと一緒に、「レックさんラーメンへ」夕食をとりに行きました。
でも、同じバスに乗っていると、途中で話も出来て、仲良くなれるのはいいことです。
【旅行哲学】ちょっと疲れても、陸路旅行話こそ、貴重な旅のネタ。
【新情報】
しかし、だんだん道もよくなってきて、タクシー(トヨタカムリ)でぶっ飛ばせるとのこと。
国境のカンボジア側の町ポイペトからシェムリアプまで3時間で到着するという話も最近出てきてます。
一台借り切りで1000バーツ、1人250バーツ)。シェムリアプからポイペトまで2時間半で着いたとか(一台借り切り25ドル。
でもそうなると、面白くもおかしくもなくなる。
この陸路旅行は、旅行者同士がマイクロバスに詰め込まれて、あちこち寄ったりするのがいいところ。
それで、友達もできるし、外国人と英語の練習も出来るのだからね。
この国境越えの情報は再確認すること。
どんどん変化しているようです。
「2005年に、バンコクからシェムリアップへ18時間かかった話」

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx