『キリスト教会で祈り、砦、博物館へ行って、バックトゥーザフューチャー2を見て、明日のバス切符を買う』@マラッカ/マレーシア

注:1990年3月末のレートを、わかりやすく「1マレーシアリンギット=60円」と考えます。
1990年3月31日、「HOTEL HONGKONG」で目をさます。
昨日、シンガポールを出て、マラッカへ、途中の国境での手続きを含めて6時間かかった。
そのあと、宿を決めて、町の寺院やモスクを見て歩いた。
まず、イスラム教の、「カンポン・フル・モスク(KANPUNG HULU MOSQUE)」と、「カンポン・クリン・モスク(KAMPUNG KLING MOSQUE)」
また、中国寺院の「チェン・フン・テン寺院(CHENG HOONG TENG TEMPLE)」。
ヒンズー教の「スリ・ポヤタ・ヴィナヤガ・ムーティ寺院(SRI POYYATHA VINAYAGAR MOORTHI TEMPLE)」も見たよ。
ということは、今日は、キリスト教会で祈って、バランスをとったほうがいい。
と考えて、まず、「CHRIST CHURCH」へ行った。
次に、「セントポール教会(ST. PAUL'S CHURCH)」へ。
この教会こは、フランシスコザビエルの墓があったそうで、そのあとゴアへ移されたそうだ。
僕はその前、1985年にゴアにも行って、オールドゴアでザビエルの墓も見たので、感慨深いね。
つまり、マラッカはイエズス会のアジア布教の拠点だったということなのね。
次は、「サンチアゴ砦(PORTA DE SANTIAGO)」を見た。
が、砦としては、小さかったような気がしたね。
さらに、「博物館(MUSEUM)」へ行くと、入場料が1マレーシアリンギット(60円)。
これは確か、海に面した、民族博物館のようなものだったと記憶している。
ただ、いまのマラッカ地図を見ると、博物館がいろいろあるので、どれだか確定できない。
キリスト教会も博物館も、いろいろ見て、ちょっと疲れた。
歩き疲れたので、映画館でたまたまやっていた「BACK TO THE FUTURE PART2」を見る(入場料2.5リンギット/150円)。
150円で、「バックトゥーザフューチャー2」を映画館で見れたら、これはオトクです。
旅先で映画を見るのは、ただの時間潰しではない
これからあとも、香港の映画館で、ロビン・ウィリアムズ主演の「DEAD POETS SOCIETY/いまを生きる 」を見たしね。
マラッカはだいたい見たので、明日のクアラルンプール行きバスの予約をした。
9月1日クアラルンプール行きのバスで、午前9時発、料金は6.5リンギット(390円)。
乗り合いタクシーもあるということで、チェックしてみた。
一台60リンギット(3600円)で4人乗り、つまり、1人900円で動くらしいが、それは止めた。
別に急いでいるわけでもないしね。
そのあと、中華料理店に行って、ビールを飲んで、大食いしてしまった。
まあ、少し精神が不安定になっている。
というのが、もう日本を出て、2年半ほどになる。
旅に疲れてもいるが、日本に帰るのも怖いんだろうね。
明日は、クアラルンプールへ行くが、ここはすでに行ったことがある。
また、クアラルンプールは、二度も三度も訪れるほど魅力的な都市ではない。
でもまあ、明日のことは、明日考えましょう。
明日があるかどうかだって、本当はわからないのだからね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20101216