マラッカからクアラルンプール、クアラルンプールからペナン島へ1日で移動する@クアラルンプール/マレーシア

1990年4月1日午前7時、マラッカの「ホテル香港」で目を覚ます。
昨日、午前9時発のクアラルンプール行きのバスの予約を取って、切符を買っていた。
僕はもちろん出発前の午前8時半にバスターミナルへ行く。
すると、午前8時45分発のバスがあったようで、そちらに乗せられる。
特に、問題もなく、バスはスンナリとクアラルンプールの巨大バスターミナルへ到着する。
それが、午前11時半だ。
つまり、マラッカからクアラルンプールまで、バスで2時間45分かかった。
さて、クアラルンプールに泊まるかどうか、それが問題だ。
というのは、正直、クアラルンプールには、たいして見るところがない。
しかも僕は、1980年代前半に東南アジア旅行をしたときに、クアラルンプールには立ち寄っている。
その時はお金もあったので、1泊1万円ほどの中級ホテルに泊まって、市内ツアーにも参加している。
中国人街も歩いたし、クアラルンプール駅も見た。
だから、いまさらクアラルンプールで一泊する意味がない。
次に行くのは、ペナン島だが…、と迷って、巨大なバスターミナルをうろうろする。
と、バスの客引きから、声をかけられる。
僕がペナン島に行きたいと答えると、バスに連れて行かれた。
このバスが、かなりガタが来ているやつで、「こりゃまずいな」と思った。
でも、他の乗客に確認すると、とにかくバタワースに行くことは確からしい。
念のために、説明しておきますが、バタワースとは、ペナン島の対岸にある町。
ペナン島の中心の町がジョージタウンですから、バタワースも、ジョージタウンも、ペナン島も、同じようなものです。
そうして、バタワースからジョージタウンへはフェリーが結んでいます。
バスや列車でバタワースへ着いたら、フェリーでジョージタウンへ渡って、そこで泊まるのが定番です。
僕は先にも言った「東南アジア周遊旅行」の途中で、ペナン島へも立ち寄っている。
だから、一応土地勘もあり、緊張感が無かった。
それで、「まあバスに乗っていれば到着するのは間違いないし、少々遅れても大丈夫」と、案内されたバスに乗ったままにした。
すぐに出発するという話だったし、別のバスを捜しても、出発が遅くなれば、当然到着も遅れるわけでね。
このボロバスの料金は、15リンギット。
1990年のこの時期、1マレーシアリンギットは60円と考えるので約9百円。
バスは僕が乗り込むとすぐ、午前11時45分に出発した。
11時半にマラッカから着いて、11時45分のバタワース行きのバスに乗り継ぐなんて、調子いいじゃないか。
ただ、それから長かった…。
このバスはとにかくあちこちに立ち寄っていく、完全なローカルバスだったんだよ(涙)。
失敗したとは思ったが、途中で降りても意味はないしね。
乗客の乗り降りは激しくて、ペラ州の州都イポー(IPOH)では、乗客はほとんど降りた。
そこで少人数が乗ってきて、バタワース方面へ行くようだ(これは確認した)。
僕はもう、クターッとしていた。
イポーから出ても、次々と小さな町で停車しては、乗客の乗り降りがある。
そうして、バタワース到着がなんと午後8時だよ。
つまり、8時間15分もバスに乗っていた(涙)。
いま、「Lonely Planet Southeast Asia on a Shoestring」をチェックしたら、クアラルンプールからバタワースへは5時間で着くとか。
でももちろん、今でも、ローカルバスはあると思うので、バスに乗るときは、注意してください。
ただ、バタワースに着けば、全く問題はない。
僕は以前、ジョージタウンからバタワースのフェリーを夜中に往復したこともあるからね。
一度その町を歩いていて土地勘があるので、不安は全くない。
フェリー乗り場は、バスターミナルと直結していて、フェリーは頻繁に出ている。
フェリー料金が、40セン(24円)。
ジョージタウンの中心の通り「LEBUH CHULIA」を歩いて、適当なホテルに飛び込んだ。
このホテルが、「SKY HOTEL」で、ガイドブックではあまり評判がよくなかった。
ただ、夜の9時近くになれば、ただベッドに寝ればいいだけだ。
12号室が、15リンギット(9百円)。
「TYE ANN HOTEL」前のレストランに、白人が固まってワイワイやっていた。
僕は、1人で、焼きソバを食べ、ビールを二本飲んだ。
今日は、マラッカを出て、バスを乗り継いで、合計11時間もバスに乗っていた。
ま、そのおかげで、Jack Higginsの「The Eagle Has Landed」を半分くらい読めたけどね。