中国東北地方(旧満州)旅行記(2003)
大連 ハルビン(哈爾賓) 長春(新京) 瀋陽(奉天) 大連&旅順ツアー

【九一八歴史博物館】
大連
大連賓館 【2003年9月1日、中国の短期滞在ビザが不要になった。するとその日に大連賓館へ泊まる世界旅行者。さすがだね】 
大連賓館414号室  【大連賓館の部屋はなかなかよかった。建物は昔のまま満州国時代の「大和ホテル」だ】 
中山広場の中央に立ち、大連賓館から、時計回りに周囲の建物の写真を撮る(2003年9月)@大連/遼寧省/中国
世界旅行者は、大連からハイラルまでの「2083/2081」次列車に乗ろうと考える 
ハルビン(哈爾賓)
世界旅行者はT261次列車で移動して、ハルビンの旧大和ホテル・龍門大廈にチェックイン
龍門大廈 【ハルビンの大和ホテルは伊藤博文が安重根に暗殺されたハルビン駅のどまん前にあるが】 
T261次列車でハルビンに到着して、駅前の「龍門大厦(Longmen Hotel)」1015号室にチェックインして、朝食を取る
哈爾賓から長春への「T184次」列車の切符を筆談で買うと、硬座に保険が付いてきた
ハルビン中央大街 【昔のハルビンはシベリア鉄道でヨーロッパへとアジアをつなぐ国際都市だったという話】 
哈爾賓(ハルビン/ハルピン)中央大街を歩き、ここで生活していた日本人のことを想う
中央大街を歩いて、松花江へ突き当たる。太陽島へのロープウェイを左に見て、鉄橋を渡って黒河へ向かう列車を右に見る
中央大街、松花江のあとは、聖ソフィア聖堂を見て、歩いて帰って、哈爾賓駅前地下街で夕食を取る
東北烈士紀念館で緑川英子(長谷川照子/長谷川テル)の大きな写真を見て感慨を深くする
長春(新京)
春諠賓館 【満州国の首都「新京」現在の長春で「長春偽満皇宮博物院」つまり、満州国皇帝溥儀の家へ行こうとするが…】 
長春駅前の「春諠賓館」にチェックインして、瀋陽へのT122次列車の切符を買いにいく
長春駅遠景 【昔の「新京」の大和ホテル、春誼賓館に泊まると、部屋の名前にも昔が偲ばれる】
歩きと、バスと、タクシーで、「長春偽満皇宮博物院」へ向かう@長春/吉林省/中国
『長春偽満皇宮博物院を見て感慨にふけり、タクシーで人民広場へ』@長春/吉林省/中国
『人民大街を歩いて、旧関東軍司令部の天守閣を模した建物にびっくりする』@長春/吉林省/中国
『春諠賓館(旧大和ホテル)の新館5413号室/バスターミナル/旧館の日本の地名の付いた部屋』@長春/吉林省/中国
『T122次列車で中国人乗客に議論を吹っかけられて、すぐに謝罪する』@長春/吉林省/中国
瀋陽(奉天)
遼寧賓館 【昔の奉天、現在の瀋陽の中山広場のロータリーに面して立つのが、これも大和ホテルの遼寧賓館】 
『遼寧賓館(Liaoning Hotel)349号室にチェックイン』@瀋陽(奉天)/遼寧省/中国
遼寧賓館に泊まって、市バスで瀋陽駅へ行き、瀋陽北駅発T452次列車の軟座切符を買う
「9・18歴史博物館」 【奉天郊外の柳条湖の満鉄線を関東軍が爆破し、満州事変を起したその9月18日を記念した博物館を見る】
『瀋陽故宮博物院』@瀋陽/遼寧省/中国
『老辺餃子館で餃子を食べて、瀋陽北駅に行くと、吉野屋を発見』@瀋陽/遼寧省/中国
大連&旅順ツアー
東鶏冠山保塁 【日露戦争の旅順攻略戦、日本軍はロシアの要塞に対しての無謀な白兵突撃で、膨大な死者を出したその跡】  
『203高地の「爾霊山」の塔を見て、旅順港を望む』@旅順/遼寧省/中国
水師営会見所 【水師営会見所の向かいのお土産屋さんには、バイアグラ、中国製バイアグラが並んで売られていた】
大連港埠頭 【大連港の埠頭は、昔はいろんな日本人が通ったことだろう。今は中国への船が出るだけだ】
旅順ツアーのあと、「終結者3」を見て、大連港湾局ビルの屋上へ@大連/遼寧省/中国
アジア  中国 INDEX WORLD アジア横断旅行 上海バンコク旅行記

xxx