マークーイン(MAKU INN)に一泊する@マークー/イラン

【マークーは両側から断崖が迫った町/マークーインは断崖のふもと】
1999年8月30日、タブリーズからマークーへのバスに乗るつもりだったが、言葉が通じない。
面倒なので、タクシーをチャーターすることにした。
イランはとにかく交通費が安い。
タクシーを借り切って、10万リアル(1200円)だった。
タブリーズからマークーまでタクシーを借り切って、3時間で到着する(バスだと4時間かかるとか)。
まだ午前11時だ。

マークーは小さな町で、その町は両側からの断崖が迫っている。
おそらくは、ここで西から来る軍勢を防いだのではないか。

と思うが、詳しくはわからない。
ただ、両側から絶壁が迫っている町自体は、面白いね。

タクシーの運転手は、「バザルガンへ行くか?」と聞く。
バザルガンとはマークーからちょっと行ったトルコとの国境らしい。

まだ午前11時だから、もちろん、一気にトルコ国境を越えても悪くない。
ただ、僕はそれをしない。

なぜかというと、トルコ国境を越えても、いまからだと昼過ぎになる。
それから近くの町へ移動すると、結構遅くなることも考えられる。

僕の心積もりとしては、トルコへ入ったら一気にワン(VAN)へ行くつもりなんだ。
今からでは、ワンまで行くのはちょっときついだろう。

また、イランへもう少しいたいキモチがある。
それは、まだイランリアルを持ってるからね。

それと、イラン旅行者はおそらくマークーで滞在しないだろう、と思ったことね。
マークーなんて、旅行者にとってはトルコへの通過地点に過ぎない。

そこで敢えてマークーで一泊することが、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の勲章となるわけだよ。
例えば、イスラムの聖地「マシュハド」へ行く人もいるだろう。

僕はマシュハドへ行かなかったし、もともといく気もなかった。
それに対抗するためには、別の町に泊まった経験で戦うしかない。

それが「マークー1泊」なんだよ。
まだ金もあるので、マークーで一番のホテルに泊まることにした。

それが「マークーイン(MAKU INN)」だ。
マークーインへ行くと、フロントに人がいない。

「すみませーん!」と日本語で大声を出すと、奥からイラン人のおじさんが出てきた。
ただ彼は、全く英語がしゃべれなかった。

ホテルのフロントにバックパックを背負った外国人がやってくれば、普通は宿泊するものだとわかる。
身振りで部屋を見せてもらうと、崖に面した2階の部屋をくれた。

窓からは断崖のふもとが見えるだけで、景色は良くない。
ただ、エアコンはガンガン効いていた。

温水シャワーも出ないし、部屋の設備も良くないが、ベッドだけはちゃんとしている。
ということは、カーテンを下ろして、エアコンをかけて、すぐに寝れるわけだ。

料金は71,580リアル。
1999年のこの時期、1万リアルが150円と考えるので、1070円程度だ。

せっかくなのでちょっと昼寝をした。
午後遅くになって、マークーの郵便局へ行って、自分へ絵葉書を出した。

歩いていると、道端に椅子を置いてのんびりしているイラン人男性を見つけた。
挨拶をして、世間話を始める。

彼はこの町の学校の英語の教師だということで、互いに英語で話せた。
泊まっているマークーインのマネージャーが全く英語がしゃべれない。

だから、僕としては、トルコ国境越えなどの情報を手に入れたい。
まず明日の国境越えについて聞いてみた。

僕のガイドブックによると、マークーのバスターミナルからタクシーに乗るとある。
しかし、マークーの目抜き通りには、ひっきりなしにタクシーが走っている。

聞くと、このタクシーは全部、国境のザバルガンへ行くのだそうだ。
どのタクシーでも呼び止めて乗ればいい。

タクシーは乗り合いで、4人から5人が一緒に行く。
その国境までの料金は、たったの千リアル(15円)だそうだよ。

なぜこんなに国境へ行くタクシーが多いのかと聞く。
答は「イラン人がトルコへ服の買出しに行っているから」だって。

教師と僕が話をしていると、別のイラン人が英語で話しかけてきた。
この町には普通に英語をしゃべる人が多いようだね。

しかし、僕が泊まっている町一番のホテル「マークーイン」のマネージャーは全く英語がしゃべれない。
これを考えるとだね、マークーインのマネージャーはおそらく公務員だよ。

人はいいが、英語もしゃべれないし能力もない。
おそらく敬虔なイスラム教徒だというだけで、イランの原理主義的な政府高官から、マークーインのマネージャーにしてもらったのだろう。

一般大衆は、自分で働いて稼ぐために、特に学校へ行かなくても、英語がしゃべれるようになった。
しかし、政府に近いというだけでホテルのマネージャーになった人間は、英語を学ぶ努力もせず、のんびりとホテルにいるだけで金をもらっている。

僕はよく思うのだが、人間の一生は(仏教で言う輪廻がない限り)一度きりだ。
だとしたら、公務員になって、努力もせずにだらだら生きていて、定年後も天下りして金をもらい、さらに年金で老後も何とかなるとして、それで幸せなんだろうか??

だって、人はたった一度しか人生を生きられないのだから。
その人生は、仕事もせずに役所でだらだら過ごすよりも、役所の外に出て、冒険をしたほうが面白いのじゃないかしらん??

銀座や赤坂の高級な店で接待されて、それで本当に満足が得られるだろうか。
また、業者から女を抱かせてもらって、それで男としてのエゴが満足されるだろうか。

業者に金を払ってもらった美女とエッチして、楽しいだろうか?
それよりも、金を払わなくても、本当に自分を好きになってくれた女性とエッチしたほうが満足できると思うのだけれど。

まあもともとそんな風に人生を深く考えるような人間は、業者に接待されたりするような公務員にはならない。
だから、この設問自体がおかしいけどね。

公務員が考えるのは、ただ毎日毎日を仕事をしないで過ごすことと、歳を取った時の年金の額だけだ。
だから、民間人が自由に話せる英語も学ぼうとしないわけだよ。

日本の学校では、よく「夢を持ちなさい」と教師が言う。
でも、教師なんて、しょせんは公務員だよ。

公務員は最初から自己保身で、ただ問題なく定年まで勤めるだけが夢だ。
だから、そんな言葉を信じてはいけない。

もともと夢を持つような人間は、最初から公務員にはならないものなのだから。
夢に敗れて、仕方なしに公務員になるってことは、それはあるべき一つの姿かもしれないけどね。

と、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、旅行哲学をした。

もちろん旅行哲学だけではなくて、国境でやるべきこともしたよ。
それは、トルコリラとイランリアルの両替率の調査だ。

ハンバーガー屋のおじさんの話では、百万トルコリラが2万5千リアルだとのこと。

1万リアルが150円の計算だから、2万5千リアルは375円。
このレートで行けば、百万トルコリラは375円になるはずだ。

しかし、実際にトルコに入ると、1996年の時点で、百万トルコリラは250円だったけどね。
倍近い差がある。
が、これは、イラン国内のレートだ。

イランでトルコの通貨を入手しようとすると、高い金を払わなければならなくなる。
つまり、イランの通貨はイラン内部では、トルコ通貨に対して高く評価されるというだけの常識なんだよ。

夕暮れまで町を歩いて、マークーインでよく寝た。
明日になれば、陸路イラン国境を越える。

これもまた、なかなか興味深い経験になるだろう。

【旅行哲学】公務員は仕事をしないが、民間は努力をして、知識を増やすもの(ではなくて、公務員を接待して金儲けをするもの)。
egypt jordan Israelsyriaturkey asia world index

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
アジア横断旅行
xxx