柳園駅で当日夜の軟臥切符をゲット@甘粛省/中国

【敦煌の玄関、柳園鉄道駅】
これは僕が1999年にアジア横断旅行をしたときの話。
ラサからゴルムドへは寝台バス、ゴルムドから昼間のバスで敦煌へ移動した。

敦煌では、五輪賓館(Five Circles Hotel)に決める。
クーラーなしのシングルルーム205号室が80元(1200円)。

このころ(1999年)敦煌のバックパッカーの中心は「飛天賓館(Feitian Hotel)」のドミだった。
また、飛天賓館からは、敦煌のツアーが出ていたしね。

その飛天賓館の敦煌ツアーに、午前、午後と2日に分けて参加する。
莫高窟から戻ってくると、一緒のツアーに参加して親しくなっていたGくん、Sくんと昼食をとる。

その途中で彼らは今夜のトルファン行き列車の切符を旅行社に取りにいった。
戻ってきたら様子がおかしい。

なんと「旅行会社に頼んでいた切符が取れてない。これからすぐ柳園駅へ行って硬座でも何でももぐりこんで移動する」とのこと。
彼らは日本の一流企業の社員だから、とにかく間違いなく帰国することが最優先だ。

彼らをバスターミナルに見送る。
ところで彼らの切符が取れてないということは、僕の翌日の切符も危ないかもしれない。

とにかく中国銀行へ行って、2万4千円を1680.24元に両替する。
何か問題がおきたら、とにかく金さえあれば解決がつくだろうしね。

銀行で日本人美女2人を見つけて、ビアガーデンに誘う。
彼女らは中国への留学生だ。

興味深い話を聞いたついでに、僕の世界旅行話、日中関係論、日本の未来像、それからセックスの本質などについて大いに語ってあげる。
あまりに話をしたので、顎がだるくなった。

ホテルで身体を休める。
すると旅行代理店の「隋さん」がやってきた。

明日の柳園発トルファン行きの夜行寝台が取れないそうだ。
そして、切符料金として預けていた330元を戻してくれた。

つまり、翌日の列車の切符がない(涙)。
このままでは、敦煌を脱出できない。

でも神に愛されている世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)ならば、何とか切り抜けられるはずだ。

考えても仕方がないので、その夜はとっとと寝た。
翌朝6時半におきて、8時の柳園行きバスに乗る(10.30元)。

柳園は敦煌の鉄道駅という役割だ。
柳園到着が午前10時半。

つまり、敦煌から柳園まで2時間半かかった。
柳園自体には何もない。

とにかく、柳園駅へ行って、切符をさがす。
朝なのでそんなに混んでない。

駅の切符売り場でトルファン行きを調べてみる。
すると、トルファン行きは9本もある。

でも一番時間的にいいのは、午後8時半柳園発の「205次旅遊特快列車」だ。
この列車は柳園始発なので、席は取りやすいはずなのだが…。

ノートに「205次、硬臥」と書いて出すと、ないというジェスチャー。
次に、硬臥を消して、軟臥にすると、すぐに切符を打ち出してくれた。

当日夜の柳園からトルファン行きの夜行寝台列車の軟臥の切符を、当日朝にあっけなく入手したわけだ。
切符には「午後8時半発、205次、6号車32号上舗」とある。

料金は218元(約3300円)。
これは、旅行代理店に頼むよりも112元(1700円)も安いよ(笑)♪

さらに、敦煌から柳園までタクシー料金が120元と聞いていた。
それを僕は10元程度のローカルバスで移動した。

合計222元(3千3百円)助かったわけだね。
さすが神に愛されている世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)だね。

しかし、まだまだ朝の時間だ。
これから205次列車出発の午後8時半まで時間を潰すのが問題だ。

柳園駅付近には何もさそうだ。
そこで、目に付いたホテルに当たってみた。

駅前で目に付いた「柳園賓館」は、なかなかきれいなホテルだった。
受付で話をすると、ダブルの部屋で160元、同じ部屋を1人で使うと80元とのこと。

僕は初めて中国で「ダブルのシングルユース」があるホテルを発見したよ。
すぐにチェックイン。

このホテルはクーラーもガンガン効いているし、テレビもある。
僕は朝が早かったので、とにかくベッドで寝ることにした。

裸になって、きれいなシーツの間にもぐりこむ。
ベッドでテレビを見ていると、日本の「ねるとん紅鯨団」や「ドラエモン」「ちびまるこちゃん」なんかをやってた。

なんとなく気持ちが張っていて、眠り込むことはなかったが、だらだら昼間を過ごせたのは良かった。
せっかくの切符が取れたのに、下手に寝てしまうと、これは人に言えないくらいの大恥だ。

だから寝れなかったのかもしれないね。
午後7時になって、ホテルをチェックアウトする。

駅へ行くと、昨日一緒にビールを飲んだ日本人美女2人と出くわした。
彼女らは、かなり落ち込んでいる。

彼女たちは中国への留学生なので、中国語は出来る。
でも、窓口でいろいろ聞いても席がなかったとか。

「硬座で座って行きます」とのこと。
この205次は柳園始発なので、乗り込むこと自体は問題ないけどね。

僕が軟臥のコンパートメントに入ると、続いて日本人2人と中国人が入ってきた。
日本人は教職員を中心としたシルクロードツアーの参加者で、中国人は日本語のガイドさん。

これならば自分の安全や荷物を心配することなく、一晩過ごせる。
ただ、日本人同士無視するわけにも行かず話をすることになる。

まあ、その距離感がまた難しいわけだけどね。
世界旅行者さんはつい話しこんでしまって、住所交換までしてしまったよ。

【旅行哲学】旅行代理店がダメでも、駅の窓口に行けば切符が取れることがある。

柳園駅で当日夜の「205次旅遊特快列車」軟臥切符をゲット@甘粛省/中国