「LIBERTY3 HOTEL」@ファングーラオ通り/ホーチミンシティ/ベトナム

【リバティー3の305号室/3人泊まれるが、値切って1人で泊まった】
ベトナム旅行はとにかく安く上がるのが特徴だ。
宿を捜すのにも全く苦労がない。

外国人に人気の都市間を結ぶツーリストバスに乗りさえすればいい。
そのバスが目的地に到着する前にガイドが乗り込んできて、いろんなホテルの説明をして、そのホテルまで乗り付けてくれるんだから。
または、バスは安宿街のど真ん中まで運んでくれたりする。
どちらも、自分で安宿の場所を捜して、うろつくなんてことはしなくていいんだ♪

参考のために、僕のベトナムでの宿捜しの経験をリストアップしておくね。
中国からの国境を超えて出会った旅行者が集まって、みんなでマイクロバスを借り切って行ったサパ。
これは安宿街のど真ん中までバスが行ったので、目の前のホテルへ入っていって、部屋を見せてもらった。
値段と相談して、3軒当たって「Lotus」のトイレシャワー付きダブルベッドの部屋に決めた。

次のハノイは、駅から安宿街へ歩いていく途中で見つけた。
中級ホテルとして「Lonely Planet」に載っていた「ホンゴックホテル(Hong Ngoc Hotel 1)」に泊まった。
列車の切符が取れなくて、夜に歩いて見つけた「ESPECEN HOTEL」
これもシングルルームだったが、これは寝るだけだったので安かったな(1泊7ドル半)。

フエでは、有名な日本人宿「ビンジュアン/ビンジュオン」に宿泊。
ホイアンではバスに連れられていった最初のホテル「Thien Trung Hotel」に決めてしまった。
ホイアンのホテルは、安易に決めただけに、そんなによくなかった。
ホイアンには1泊しかしないと決めていたので、とっとと町を見たかったせいだ。

ニャチャンでは海岸通りに面した「HAI YEN HOTEL」
これは部屋も広くて、朝食のバイキングもよくて、大きなプールも美人ウェイトレスのいるレストランもついてて、大満足だったね。

そして、ホーチミンシティ(サイゴン)なんだ。
ニャチャンを午前9時半に出発して、途中でムイネビーチ(MUI NE BEACH)へ寄って、欧米人旅行者を降ろした。
ムイネビーチで2時間ほど休息を取り、午後3時に動き出して、サイゴン到着が5時間半後の午後8時半。
到着したのが、安宿街のファングーラオ通り、サイゴンツーリストの前。
適当なゲストハウスに2軒ばかり当たって、ドミしかないと断られる。
最初に入ったサイゴンツーリストの隣にあった「LIBERTY3 HOTEL」のスイートルーム(続き部屋ではないが応接セットがある)に宿泊した。
なぜこの部屋を「スイートルーム(SUITE ROOM)」と書くかというと、リバティ3の受付の可愛い姉ちゃんがそう呼んだからだ。
もちろん、その「スイートルーム」がどういうところなのか、ちゃんと自分の目で見て、確認して決めたけどね。

【リバティー3の305号室の応接セット】
思い返すと、僕のスイートルーム体験というと、昔、ホテルオークラのペントハウスを借り切ってパーティをやった程度しか記憶にないよ。
サイゴンでは、値切ったが22ドルのスイートなんだからたいしたことはない。
このときはちょうど暗くなっていく時間で、雨が降っていた。
他に客が来るかどうかわからないので、特別に安くしてくれたのだろう。
大きな部屋にベッ(シングルとダブルの)ドが2つあって、中央が仕切られている。
仕切りの反対側に四人がけの応接セットとライティングテーブルがあるというだけなんだけどさ。
このときは、「せっかくいい部屋があるのだから、女の子に声をかけて一緒に泊まっちゃおう!」なんて、誰でも思う♪
でもそういうときに限って、適当な旅行者は見つからないものなんだ。

僕は海外旅行中はだいたい1人でホテルの部屋に泊まる。
ベトナムでは平均20ドルも出せば、快適な部屋に泊まることができる。
10ドルでもシングルに泊まれる。
2人でツインに泊まると、1人当たりはもっとずっと安くなる。

1週間程度のベトナム旅行をする普通の人は無理に安宿に泊まる必要はないよ。
無理に1泊3ドル〜5ドルのドミトリーに泊まっても、一週間で35ドル。
快適なバストイレつきの20ドルのシングルルームに泊まっても、一週間で140ドル。
その差は1万円ちょっとだよ。
だいたい日本からベトナムへ飛ぶのに、何万円もの大金を使ってきている。
そんな貴重な旅の時間を、居心地の悪いドミで過ごすことはない。
旅の苦労自慢で大きな顔ができた時代はとっくに終わっているんだからね。
【写真】「LIBERTY3 HOTEL」のスイートルームの内部写真
【旅行哲学】貧乏旅行を気取る時代は終わった、旅は楽な方がいいね。
注:ムイネビーチ
最近ムイネービーチ(MUI NE)の人気が高まっているようだ。
ところがここは、中途半端にホーチミンから遠い。
バスで5時間ちょっとかかる。
昔は日本人はあんまりいなかった。
ここは、砂丘があるのが有名らしいが、(日本人が考えるような)美しさではない。
欧米人は好きみたいなんだけどね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx