『アンマン(ヨルダン)で、日本大使館の[Letter of Introduction]をもらって、シリアのビザを取る(1988)』@アンマン/ヨルダン
注:この話は1988年のことです。シリアビザを取るための条件は変化しているので、現在の状況は自分で調べてください。

【世界旅行者(1988)】
エジプトからフェリーでアカバ湾を渡って、アカバ(ヨルダン)へ。
アカバで一泊して、すぐにヨルダンの首都アンマンへバス移動。

アンマンからペトラ遺跡へ日帰りで往復した。
このあとはヨルダンからイスラエルへ往復して、シリアへ向かい、トルコへ進むつもり。

1988年8月15日。

昨夜、やることをノートに書いてみたが、とにかく沢山ある。
日本ではグータラしている僕も、旅先では物事をてきぱき片付ける性格になるのが不思議だ。

まず、タクシーに乗って、日本大使館へ行く。
日本大使館はアンマンで買った市内地図にあったのだが、アンマンのタクシーは日本大使館の場所を知らない。

英語も理解できないので、僕が運転手の横に座って、地図を見ながら指示をした。
タクシー料金が670fils。

ちなみにこの時期(1988年)、1ヨルダンディナール(JD)が360円と考えればいい。
1JDは1000fils(フィルス)なので、670フィルスは240円程度。

チップも含めて1JD払って、タクシーを降りる。
日本大使館へ行った理由は、シリアのビザを取るために、日本大使館からの「Letter of Introduction」が必要だったからだ。

この僕の最初の世界一周旅行では、イスタンブールにいた時に、シリアのビザを取ろうとしたことがある。
イスタンブールでも、シリアのビザを取る時に、日本領事館からのLetter of Introductionが必要だった。

イスタンブールの日本領事館を訪ねて行ったら、領事館は閉じていた。
この日は、4月29日、そのころの「天皇誕生日」だったんだね。

この4月29日はそのあと、昭和が終わって、「みどりの日」になり「昭和の日」となった。
でも、1988年は天皇誕生日だった。

天皇誕生日は、在外公館は休日だ。
もちろん、その国の休日も休む。

つまり、日本の在外公館は、日本の休日が増えれば、そのまんま休めるわけだ。
日本には休日が多すぎる。

それは、労働法規で決められた休暇を労働者が取ってないからなんだ。
サービス残業ばかりで、有給休暇も取れないので、日本の労働者には休みがない。

それを口実にして、国は休日を設ける。
しかしその休日に休めるのは、公務員だけなんだよ。

ここをはっきりとわかってないから、世界のまともな国から、「日本の労働者は働いてばかりでドレイ並み」と言われるわけだ。
休日を作る前に、労働法規を守らせるのが当然。

有給休暇の完全消化が出来ない会社は、ドカッと税金を取るようにした方がいいわけだ。
こういう基本的なことも守れないのだから、日本は世界で相手にされないよ。

というわけで、1988年4月29日、僕はイスタンブールの日本領事館へ行った。
領事館員はもちろん仕事をしていなかったので、僕はトルコからシリアへ入ることを諦めた。

そうして、トルコ一周をして、ギリシアのロードス島へ行った。
エーゲ海を船で渡って、ピレウスへ、そしてアテネ。

アテネからエジプトへ飛び、さらにナイロビ(ケニア)へと足を伸ばした。
ナイロビ滞在、ケニアのビーチをうろついて、またエジプトへ戻った。

そのエジプトから、ヨルダン、イスラエル、シリア、そしてトルコと移動する途中なんだ。
ヨルダンのビザは、エジプトのカイロのヨルダン大使館で取っていた。

シリアのビザをヨルダンのシリア大使館へ取るために、日本大使館の「Letter of Introduction」をもらうわけだ。
ところでこの時代、「Letter of Introduction」を「推薦状」とか「紹介状」とか呼んでいた。

僕もどういうものかわからない。
きっと、「この人物は日本国民で、まともな人であることを証明します」とでも書いてあるのだろう。

でも、「推薦」したり「紹介」したりするなら、どういう人間なのかチェックがあるかもしれない。
このときまでに、僕は大使館、領事館へ行くのは慣れていた。

だから、出たとこ勝負で日本大使館へ入っていった。
待合室で、ただ定型の申込書に記入する。

本格的な長期旅行者というものは、もちろん「無職」だ。
無職では、推薦したり、紹介してくれたりしないかもしれないと、適当に職業を書く。

日本人が出てきて、確認されたら困るが…、と心配していたが、日本人は誰も出てこなかった。
こんなどうでもいい仕事に、わざわざ大使館の偉い日本人が出てくるはずもないわけだね。

結局話をしたのは、窓口のヨルダン人だけで、すぐにその場で「Letter of Introduction」をもらった。
手数料は無料。

その文面は確認していない。
おそらく封筒に入れてあったのではないかな。

推薦状を持って、ちょっと歩いて、シリア大使館へ行った。
というのは、大使館というものは、大使館地域に固まっているものだからね。

シリア大使館に行って、ビザの申請書を書き、日本大使館からの推薦状を付けて、提出する。
その日の午後1時半に来いと言われる。

次に、シリアの「観光省(Ministry of Tourism)」へ。
そのあと、「JORDAN INTERCONTINENTAL HOTEL」へ行って、東銀のトラベラーズチェックを両替した。

次に、「内務省(Ministry of Interior)」へ行って、ヨルダン川西岸への通行許可(Permit)を受け取る。
これは、8月13日に申請していたものだ。

午後になったので、シリア大使館へ戻る。
シリア大使館前には、結構な人が群がっていた。

係員が、名前を読み上げて、パスポートを受け取る。
僕は、余裕を持って後ろに立っていた。

みんなが「日本人、お前のパスポートだ!」と、僕に声をかけてくれた。
中を見ると、ちゃんとシリアビザが取れている。

シリアビザをゲットしたので、トルコまでのルートが確定した。
まだ午後の早い時間だったので、両替したヨルダンディナールで、ナイキのスニーカーを買いました。

翌々日、つまり8月17日のイスラエルとの国境、キングフセインブリッジ行きのJETTバスの予約を取った。
8月16日が空けてあるのは、アンマン観光のため。

イスラエルから戻ったら、すぐにシリアへ行くつもり。
もし無事に戻って来られれば、だけれどもね(笑)。