『老辺餃子館で餃子を食べて、瀋陽北駅に行くと、吉野屋を発見』@瀋陽/遼寧省/中国

【裏返しで繋がって出てきた、老辺餃子館の餃子にちょっとびっくり】
2003年9月7日、遼寧賓館からタクシーで「9・18歴史博物館」へ(15元)。
そのあと、またタクシーに乗って、「瀋陽故宮博物院」へ移動(11元)。
この2つとも、特に見るのに時間がかかるものではないので、てきぱきと移動すれば、半日で大丈夫です。
僕も、昼過ぎぐらいに見終わりました。
大連空港で知り合って、瀋陽故宮博物院の中で再会した日本人高齢旅行者のHさんと、昼食を取ることにした。
というのが、僕が持っていた「Lonely Planet China」と「地球の歩き方・中国」に、「老辺餃子館」というレストランが紹介してあったからだ。
しかも、瀋陽故宮博物院から、なんとか歩いていけるところだった。
まあ、タクシーでも行けたのだが、世界旅行主義では「初めての町は歩く」ということになっているからね。
お昼なので、Hさんと2人で軽く餃子を食べて、雪花ビール(500ml)を3本飲んだだけ。
お茶を飲んで、全部で72元、一人当たり36元(540円)。
面白かったのが、この店の焼餃子は餃子の底が網のようにつながっていた。
それを、ひっくり返してお皿に載せて持ってきたのが、興味深かった(上の画像参照)。
「老辺餃子館」という名前が記憶に残っていたが、たまたま新宿へ行った時、同じ名前の店を見つけた。
喜んで写真を取りましたが、関係があるのかどうか、知りません。

【新宿の地下鉄の入り口で見つけた「老辺餃子館」】
一緒に食事をした旅行者Hさんは、食事のあと「張氏帥府」というところへ行くという。
これは、日本が爆殺した張作霖と、その長男、西安事件で有名な張学良の官邸と私邸だとか。
興味のある人はネットで調べてください。
僕は、張作霖や張学良の家などには全く興味がなかったので、彼と別れて瀋陽北駅へ(タクシーで9元)。

【瀋陽北駅】
というのが、僕は前日に瀋陽駅で、9月8日瀋陽北駅発T452次列車の軟座切符を買っていた。
そうして、「この列車には瀋陽駅からは乗れない」と、「地球の歩き方」に書いてあったんだよ。
「地球の歩き方」がいくら信用できないとはいっても、こんなことを根拠無しに書くかね。
僕の膨大な「地球の歩き方」経験では、そういうことをやるのがこの出版社なんだよね(笑)。
瀋陽北駅で、T452次列車に瀋陽駅から乗れるかどうか、それを確認しようと思ったのかな?
まあ、とにかく瀋陽北駅がどんなものか、チェックしておきたいというキモチがあったんだと思う。
一度見ておけば、明日来ても、迷わないだろうからね。
海外旅行では、特に鉄道駅なんかは、乗る前に一度見て、全体像、雰囲気を確認をしておいた方がいい。

【瀋陽北駅前の風景】
瀋陽北駅は、瀋陽駅に比べると近代的で、周囲もビルで囲まれていた。
また、韓国商品街というモールもあったりして、中国東北地方と韓半島との結びつきを感じました。
【マクドナルドの隣に吉野家を発見♪@瀋陽北駅】
駅ビルのならびに、マクドナルドを見つける。
マクドナルドとケンタッキーは、いまや中国にあふれているが、吉野家を見つけたので、写真を取りました。
駅をサッと見て、明日は瀋陽北駅から列車に乗ることに決めました。
始発駅の瀋陽北駅から列車に乗ればいいだけのこと。
それを、瀋陽駅から乗ろうとして、ゴタゴタするのも面倒だからね。
朝は、どうせ、タクシーで来ればいいだけだ。
今日は、朝からタクシー移動の連続で、タクシーに乗るのも慣れました。
瀋陽のタクシーにも慣れ、瀋陽北駅も見た時点で、明日朝のルートがはっきり見えたからね。
瀋陽は大きな都会なので、歩いて回るにはちょっと無理がある。
でも、僕が乗った限りでは、瀋陽のタクシーは信頼が出来た。
瀋陽では、1人でタクシー乗る日本人も、観光のお客さんは少なくて、ビジネスマンが多いからでしょうか。
確かに日本人にとって、瀋陽は仕事のついでに観光するところ。
わざわざ瀋陽観光に来る人はいないという気がする。
満州事変によほど興味がないと、旧ヤマトホテルに泊まって、「9・18歴史博物館」を見に行くなんてしないよね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20100312