《バリ等のデンバサール空港から、クタビーチへ行くのに、外人2人と、タクシーをシェアした話》
空港から安宿までどうやってたどり着くかというのは、旅行者の腕の見せ所だ。
空港からタクシーで一流ホテルへ乗り付けるようでは、正直つまらない。

たいていの空港には、公共交通機関が乗り入れているもの。
しかもタクシーなどよりも、公共交通機関の方が信用出来るのは言うまでもない。

例えば成田空港からは京成線が一番便利で安いし、羽田空港からはモノレールを使って浜松町駅に出るのが一番便利だ。
ヒースロー空港からは地下鉄がロンドン市内と結んでいるし、JFKからはちょっとバスに乗って地下鉄の駅まで行ける。
こういう所ではタクシーを利用すること自体がおかしい。
タクシーを利用すると、たまには遠回りされて、料金を吹っかけられることもある。
だから、空港へは、バスや電車で行った方が安全確実。
とにかく、タクシーを避けるのが、旅行の基本だ。
発展途上国の空港になると、空港自体は非常に豪華でも、市内とのアクセスまでは手が回らない所もある。
そういう所でも少し歩いて空港のそばの道路に行けば、ローカルバスが走っている。
ただ、大きな荷物を持って地元の人で混雑したバスに乗り込むというのは、物価の安い所では余りにやり過ぎという気もする。
こういう場所では、タクシーが安いのなら利用するのは当然の話だ。
ただタクシーが信用出来ないというのはあくまでも基本だ。
出来るだけ(特に女の子は)一人では乗らないようにすることが大切だし、乗るとしても、その前に料金の交渉をしなければならない。
世界中のかなりの空港でタクシー料金がチケット制になっている。
その理由は、土地カンのない旅行者から暴利をむさぼるという事件が多いということの証拠なのだから。

さて、開発途上国の空港に1人で到着し、公共交通機関はあるにしても解りにくかったり、土地不案内である場合は、どうしたらいいのだろう。
まず、同じタイプの旅行者を見つける。
旅行者ならば、相手も同じようなことを考えているものだ。
その目的は無事に安宿にたどり着くために互いに協力するということ。
別に本気で友達になるという必要もない。
まあ、長期旅行者なんかと本気で友達になる必要はない。

こういう点で外人は現実的なので利用出来る。
しかし、日本人は変に人見知りをしたり「自分はこの土地のことを知っているから、一人でいい」などという、アマチュア的な発想をする。

旅行の状況、情報は常に変化しているもの。
だから、何度旅をした経験があっても、常に現地で新しい情報を、手に入れた方がいい。

1990年の春、オーストラリアからインドネシアへ入って、インドネシアを旅していたときのこと。
チモール島のクパンからバリ島のデンバサール空港に降り立って、荷物を手にした時に「さーて、どの町に行こうか?」と考えた。
もちろん僕のことだから、バリ島には日本人がどっと押しかけるずーっと以前に来たことがある。
クタビーチの外人女性観光客はほとんどトップレスで、日本人サーファーはビーチの隅っこでこそこそとおとなしくしていたものだ。
その頃は僕も、サヌールビーチにあるバリビーチホテルという最高級ホテルに泊まっていた。
バイクを借りてクタビーチへやって来て、外人旅行者であふれる通りを見て、こうゆう安宿に泊まる本物の旅行者になりたいと憧れたものだ。
クタビーチは今や余りに俗化されて日本人があふれているという。
クタが駄目なら、別の地区へ行ってもいいが…。

まず、こういう観光地の空港には必ずあるインフォメーションを見つける。
バリ島の観光客向けの新聞が手に入った。
新聞には、一応のことが説明してある。
その新聞によると「空港からクタビーチまではタクシーで8700ルピア(600円)」とある。
いい値段だね。
だから、タクシーはチケット制になっているかもしれない。
表に出ると、やっぱりそこにはタクシー案内所があって「5000ルピア(350円)でクタビーチまで行きます」という。
さらに、誰かと相乗りにして安くするというのがバックパッカーの考え方だ。
辺りを見回すと、あちこちに日本人の顔も見える。
ただ、バックパッカーではない。
背の高い外人を見つけた。
いかにも長期旅行者らしい民芸調の小さなバッグを一つだけ持って、空港ロビーでも目立っている。

ここには土地感がありそうな雰囲気だ。
こういうタイプなら情報を知っているだろう。

タクシーに乗ってクタビーチへ行っても自分で安宿を捜すのが面倒。
こういう旅慣れた奴にくっついて行く「小判ザメ流宿捜し法」を実行することにする。
近寄って行って英語で話しかける。
「どこに行くの?」
雰囲気でおたがい旅行者仲間だと解るので、最初から友達の感じだ。
挨拶もしない。
「クタ」
「ここらへん、よく知っている?」
「ああ、今ロンボク島から帰って来たんだけれど、前はずっとクタに泊まってたんだ」
「安い宿知ってる?」
「もちろん。一緒に行くかい?」
「良かった。タクシーに相乗りする奴を捜してたんだ」
「話は決まった。もう1人、あそこにいる奴を捕まえようぜ」
もう1人のそれらしい旅行者(イタリア人だった)に声をかける。
て、結局1人当り2000ルピア(140円)の割り勘でタクシーに乗った。
クタに行って、このオランダ人の泊まっていたパンタイ通りに面した安宿「YULIA BEACH INN」に泊まる。

これがシングルで1泊8250ルピア(580円)。
レセプションにはセイフティボックスまであるきちんとしたホテルで、スタッフも愛想がいい。
レストランもあるし、部屋も綺麗だ。
結局、空港で旅行者を見つけることで、安くタクシーに乗った上に、安宿まで簡単に見つけることが出来た。
このように、空港に着いたときに、一緒に行動できそうな旅行者と、一緒に行動するのが基本だ。
旅慣れた旅行者ならば、同じことを考えるものなので、人見知りをする必要はない。
【旅行哲学】空港から町へ、似たような旅行者を見つけて、タクシーの相乗りをするのが旅行の基本。

KOREA / DPRK / CHINA/JAPAN/

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD