ビーチの宝石屋でムーンストーンを買わなかった話@コバラムビーチ/ケララ州/インド

これは、1984年から1985年の、僕の最初のインド旅行の話。
アレッピーからキーロンへバックウォーターボートに乗った後、鉄道でトリバンドラムへと着く。
北インドでは寒くて震えていたのに、さすが南インドもここまで来ると暑くてたまらない。
トリバンドラムを歩いて、この旅ではじめて、クーラー付きのホテルに泊まってしまった。

でもそれも一泊だけで、翌朝にはローカルバスでコバラムビーチへ。
コバラムビーチにはビーチに安い宿がある。
僕はビーチを見下ろす丘の上の小ぎれいなホテル、といっても確か1泊800円程度の宿に泊まった。
海に面したベランダがあって、風が吹き込んで、とてもいい感じのところだ。
広い部屋で、ベランダから風が吹き抜ける。
良かったのは、部屋の床が木製だったことかな。

ビーチの北側には、かなり豪華なホテルが一つあったのを覚えている。
このころはホテルステッカーを集めていたので、ステッカーをもらえないかと、交渉に行った。

ビーチへの細い路を降りていくと、途中に掘っ立て小屋の宝石屋があったよ。
本格的な宝石というものではなくて、ただきらきら輝くだけのものが多かったんだけど。

その中では、ムーンストーン(月長石)がステキだった。
きらきらと輝くサンドストーン(砂岩)もあった。

何しろ毎日宝石屋の横を通るのだから、冷やかしていて、友達になってしまったっけ。
日本にいた女の子(嫁さんのことだが)に、お土産としてムーンストーンのブレスレットをプレゼントしようかと、毎日交渉していた。
ずいぶん交渉をして、サイズ直しをしてもらう話までつけた。
最後の値切りで、ウィスキーをつけるとか、いろいろやったものだ。
そのブレスレットの値段は、3千円くらいだったと思うんだが。
百円くらいを、毎日、ああでもないこうでもないと、値切っていた。
いま思い起こすと、確かに、商売の交渉というのは、楽しみだとよくわかるね。
でも結局、買わなかったんだけどね。
ある日、ビーチへ下る坂の途中で、日傘をさした30歳くらいの日本女性と出会った。
いやに場違いだったから、話しかけて友達になる。

彼女はスリランカから南インドへ飛んできていた。
僕はバンコクからバングラデシュ経由、ネパールへ入って、陸路でインドへ来て、ずっと下ってきてたんだけどね。

彼女とビーチのレストランでビールを飲んで海を見ていると、スウェーデン在住の日本人中年男性が話しかけてきた。
3人でグータラしゃべっていると、砂浜をノンビリ歩いている、やせた日本人学生を見つける。
僕が彼を呼び止めて、結局日本人男性3人、日本女性1人のグループができた。
それからは、毎日みんなで会っていた。
椰子の葉で葺いたビーチのレストランで、昼ごろになんとなく集まる。
ビールを飲んでは、どうでもいい話をして過ごしていた。
というのが、他に何にもやることがないんだから。
ビーチで食事をして、ビールを飲んで、話すだけだ。
日本女性は、お酒も飲めないのに、空港の免税店で、ウィスキーを買っていた。
僕は、みんなで飲むためにそれを、買うことにした。
彼女は安く売ろうとするし、僕は高く買おうとする。
互いに気を使いあう、やさしい関係だったね。
夕陽が沈むのをビーチに座って眺めたりした。
みんなの心が一緒になった気がしたものだ。

このときの、僕の水着は、ビーチの店で買ったヒモパンだった。
局部をわずかに隠すだけで、他は本当の紐がついているだけ。

こんな水着でも、何しろその前に、ゴアのアンジュナビーチでフルヌードになっていたので、ちっとも気にならない。
ヒモパンを買うときに、僕の横で、同じくヒモの水着を買おうとしていた、北欧系の白人美女がいた。
僕が安いからと言い値(200円程度)で買おうとすると、「交渉しなさいよ(You must bargain)!」とアドバイスをしてくれたっけ。
なかなかかわいい女の子だったね。

コバラムビーチからカンニャクマリ(コモリン岬)へと、1人でバスで往復した。
コバラムビーチはとても居心地がよくて、友達もできた。

でも、僕はコロンボ(スリランカ)からバンコク、バンコクから日本への航空券を持っている。
ビーチにも、そんなに長くはいられない。
スリランカでも、見たいところはいろいろあるんだしさ。
もちろん、日本に帰らなければならない。
いつか、コバラムビーチを出て行かなければならない。
だから、いつかは、僕はビーチを出て行くと、別れを告げなければならない。
ただその「サヨナラ」が言えなかった。
ある晩に、みんなと盛り上がって、ビーチを離れるときに、「また明日ね♪」と声を掛け合う。
翌朝、僕は1人でこっそりとビーチを去った。
僕は、コバラムビーチから姿を消した。
今になってみると、知り合った人たちに、さよならを言っておけばよかったね。
でもあの時は、僕はまだまだ若かった。
だから、許してください…。
【旅行哲学】旅では別れることがとても難しい。