『スティーブンキングの「IT」を読み終わり、女子ハンドボールチームの美人マネージャーにプレゼントする』@コンヤ/トルコ
1988年5月7日、カイセリの宿「HOTEL TURAN」で目を覚ます。
昨日、ユルギュップからカイセリに着いて、カイセリ城の城壁を一回りして、死ぬかと思った。
カイセリの名物はこれしかない(と思う)ので、とっとと移動する予定。
地図を見て、カイセリからコンヤへ出ることにした。
コンヤになにがあるかわからないが、次はパムッカレを見るつもり。
デニズリという町へ行って、そこからパムッカレへ移動する。
ただ、カイセリからデニズリへ直接行くには遠すぎる。
12時間以上かかるだろう。
僕は特に時間に追われているわけでもないし、体力も心配だ。
イスタンブールからカッパドキアへの夜行バスでよく眠れなかった記憶がまだ新しい。
年寄りは夜行バスは避けた方がいい。
ちょうどカイセリからデニズリのちょうど中間に「コンヤ(KONYA)」という町を発見する。
ガイドブックも持ってないので、コンヤになにがあるのか、さっぱりわからない。
とにかく昼間に楽に移動するためには、コンヤに泊まることにすればいい。
ホテルで朝食(2000トルコリラ/200円)を取り、バスターミナルまで歩いた。
というのが、別に急いでないからね。
バスターミナルに行くと、次々と声がかかり、コンヤ行きのバスを教えてくれる。
午前11時半出発のバスに乗って、ボーッと車窓から風景を眺めたり、本を読んだりしている。
コンヤのバスターミナルに到着したのが、午後5時だ。
そこから、マイクロバスに乗り換えて、コンヤの街中へ。
ホテルを捜すが、コンヤはちょっと高めかな。
「ホテルセルジュク」が25000リラ(2500円)、「バシャソクパラス」がシャワーつきで3万リラ、シャワー無しで15000リラ(千5百円)。
日も暮れてきたので、「ホテルセルジュク」に泊まることにした。
このホテルには、イスタンブールからの女性ハンドボールチーム「ENKA」が宿泊していた。
詳しい話はしなかったが、みんな元気がよくて、可愛かったね。
特にコーチがいい感じだったので、英語で、「どこから来た、何をしている」程度の、ちょっとした世間話をした。
翌日5月8日。
この日はもちろん、コンヤの観光だ。
コンヤというのは、もともとシルクロードの交易都市で、「ルーム・セルジュク朝」の首都だったらしい。
ということなら、観光名所はあるだろうね。
ただ、ホテルセルジュクの1泊2500円は、これはトルコにしては高すぎる。
まず朝一番で、ホテルを「バシャソクパラス」のシャワー共同の、シングル103号室(1500円)に移動する。
続いて、町を歩いた。
まず、「メブラーナ博物館(霊廟)」、ここはトンガリ屋根が目を引いたね。
メブラーナ博物館(霊廟)では、コンヤの有名な旋回舞踊「セマー」があるとか。
ただ、毎日やっているわけではないので、観光案内所で確認ください。
また、中には多くの棺桶があった記憶がある。
次に、「セリミエ・ジャミイ」を見た。
「インジェミナーレット神学校」へ行ったら閉まっていた。
次に歩いた、「カラタイ神学校」は開いていて中に入れたが、タイル博物館みたいな感じだったよ。
カラタイ神学校では、日本人ツアーと会った。
他の旅行記なんかを読んでも、コンヤに行った人は、ほとんどがツアー参加者だ。
ツアーとして考えると、カッパドキアとデニズリ(パムッカレ)の中間にあって、立ち寄りやすい場所のようだね。
でももちろん、個人旅行でも、無理をしないならば、コンヤで一泊して、観光して、身体を休めるのがいいでしょう。
次に、「アラエッデンジャミイ」へ行った。
これで大体のコンヤの観光名所は回った感じ。
ただ、これは1988年のことで、書いているのは2010年。
20年以上もたっているので、正直、ほとんど記憶が無い(が、旅行ノートを見ながら、思い出して書いている)。
部屋に戻って、ステファンキングの「IT」を読み終わった。
なにしろ、バルセロナにいたときから読み始めて、途中で本をなくして、また買ってを繰り返していた。
読み終わった英語のペーパーバックは、そのあとも持ち歩くものではない。
バックパッカーの多いところなら、古本屋があるもので、そこで売ったり、交換したりできる。
僕の記憶では、トルコに関してはそういう場所はなかったね。
5月9日の朝、午前6時半に起きて、ホテルセルジュクへ急いだ。
女子ハンドボールチームの美人マネージャーに渡すようにと、ホテルのフロントに「IT」を預ける。
そのあとすぐに、ドルムシュ(乗り合いミニバス)に乗って、バスターミナル(OTOGAR)へ。
バスターミナルに到着したのが、午前7時半。
デニズリ行きのバスの時間を調べてなかったので、早く行ったのだが、次のバスは午前10時発だった。
待合室で本を読んでいると、カッパドキアで偶然出会っていた、(イランから来た)日本女性2人と再会する。
適当に話をして、適当に話を切り上げたのは、話が合わなかったから(笑)。
僕は本を読んで、残りの時間を潰し、午前10時発のバスに乗る。
コンヤからデニズリまで、8時間ほどかかるらしい。
デニズリへ行っても、さらにパムッカレへバスを乗り継がなければならない。
到着は夕方になる。
「新しい町へは早い時間に到着する」のが世界旅行主義。
本当はもっと早く出るべきだった。
トルコ旅行はバスが基本。
ただ、バスターミナル(オトガール)が、町の中心から離れていることが多い。
いまは、町にもバス会社の切符売り場があるものです。
基本的には、前日にバスの時間を調べて、切符も買っておくのがいいでしょうね。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx