『コンヤの床屋で顔に炎を吹きかけられる。ボスポラス大橋を通るバスから、朝日にきらめくモスクのドームとミナレットを見る』@コンヤ〜イスタンブール/トルコ
1988年8月29日、シリアからトルコへの陸路国境越えをして、アンタクヤからアダナ、そうして午前0時50分にコンヤのバスターミナルへ到着
バスターミナルのホテルにチェックインして、とにかく寝る。
8月30日の朝は、ゆっくりと起きた。
今日やることは、ただ」イスタンブールへのバスに乗るだけ。
まず、バスターミナルへ歩いて(というか、ホテルはバスターミナルにあるので、ホテルを出て)今日のイスタンブール行きバスの切符を確認する。
夜行バスは午後8時ごろから各社かなり運行している。
が、(何度も書くが)夜行バス、夜行列車を選ぶときは、到着時間を最優先に考える。
僕が買ったのは、コンヤを午後10時に出発して、イスタンブールへ午前8時に到着する切符(1万2千リラ/千2百円)。
この時期は、まだイスタンブールのバスターミナル(オトガール)は、テオドシウス城壁の外のトプカプにあった
もし、予定通りに午前8時にバスターミナルに到着するとしても(これはかなり怪しいが)、スルタンアフメット地区へ行くのに、市バスに乗り継いで、さらに時間がかかる。
でも、いろいろあっても、午前10時ごろにはスルタンアフメット地区には到着できるはず。
それならば、イスタンブールの安宿にチェックインするにも、ちょうどいい時間だ。
僕はイスタンブールは一応全部見ているので、土地勘がある。
目星を付けたホテル(エリットホテル)もあるし、そこがダメでも他のホテルがあることを知っている。
イスタンブール滞在については、、全く不安がない。
そのあと、東ヨーロッパから西ヨーロッパを旅して、ロンドンに行くつもりだけどね。
とにかくバスの切符を入手するためには、トルコリラが必要。
トルコリラに両替しようと銀行へ行ったら、銀行が閉まっている。
どうやら、8月30日(火曜日)は、何かの休日だったらしい。
いま調べると、8月30日は「VICTORY DAY」という休日になっている。
トルコ独立の父「ケマルアタチュルク」が、トルコ独立戦争でギリシア軍を破った「ドゥムルプナル(Dumlupinar)の戦い」を記念した日だとか。
ただ、旅行者にとっては、正直どうでもいいこと。
単に、旅先の思いがけない休日というのは、ホント、困るんだよね。
銀行が休日で閉まっているので両替できないので、泊まっているホテルで両替してもらう。
すると、(たぶん銀行よりは悪いレートだったろうが)50米ドルの現金が7万5千リラに替わる。
1988年の秋ごろの米ドルレートは、たぶん125円程度ではなかったかな(要確認)。
125円だとすれば、1トルコリラは、0.083円程度に下落していたわけだ。
前回トルコを旅したと1988年春のレートは、1トルコリラを0.1円と考えていた。
面倒なのでこの時期も、1トルコリラは、0.1円と考えます。
午後10時発のバスの切符は確保したが、バスターミナルにいても面白くない。
お昼にホテルをチェックアウトして、バックパックをホテルに預ける。
昼ごはんでも食べに、コンヤの町へ行く。
コンヤの町には、1988年5月7日、8日と宿泊して、ほとんどのところを見てしまっている。
だから、今回は、何を見るという目的もなく、ただ昼ごはんを食べに行っただけだ(バスターミナルにずーっといるのもおかしいしね)。
のんびりと、コンヤの町を歩くのもいいね。
午後の暇そうな時間に町を歩いて、ガラガラのレストランを見つける。
冷えた白ワインをボトルで取って、スープ、肉料理、野菜料理、ライスを付けて、しっかり食べたら、1万7千リラ(1700円)。
これは正直、ぼったくられたと思ったが、注文する前にきっちりと料金を確認してなかったので、諦める。
両替したばかりで、懐が暖かだと、貧乏人だからこそ、こんなことをしてしまうんだよなー。
ただ僕は、旅をしているときは、基本的に一日一食なので、3食分と考えたら、それほどでもないかっ。
とはいっても、ぼったくられた事実は、変わらないけどね(笑)。
さらに時間を潰すために、髪でも切ろうかしら?
以前、ユルギュップで床屋へ入ったら、香港映画風カンフーヘアスタイルにされた
僕はもともと服装にもこだわりがなく、ヘアスタイルもどうでもいい。
ただ、あまりにみすぼらしい服装だったり、髪が乱れっぱなしだと、旅をするのにトラブルを招くことがある。
つまり、高級ホテルに入るのを断られたり、ドアマンからホテルへ入る用事を聞かれたりする。
だから、身なりはある程度、整っていればいい。
明日は、4か月ぶりにイスタンブールへ戻るわけだし、知っているホテルへ行くにしても、髪の毛は整ってた方がいいかな。
アフリカ旅行でボロボロになっていたスニーカーは、ヨルダンでナイキを買っている。
ジーンズはイスラエルで2本買っていて、まだ新品だ。
Tシャツは、もともと旅行者は、自分の行った先で、ロゴ入りのものを入手して、身に着けるのが定番。
つまり、ケニアに行けば、ケニア模様のTシャツを買う。
そうして、エジプトや中東、トルコへ行ったときに、ケニアのTシャツを着て、見せびらかすわけだね。
ということは、僕はジーンズも、スニーカーも新品で、Tシャツはケニア模様というわけで、完璧な旅行者ファッションだ。
実はナイロビからカイロに戻ってすぐに、カイロで床屋へ行った。
8月5日にナイロビからカイロに飛んで、その数日後に髪は切ってもらった。
だから、8月30日の今日、髪はそれほど伸びているわけではない。
でも、時間潰しに髪をすっきりさせるのは悪いことではない。
通りを歩いていて目に付いた床屋へ入っていった。
特に問題なく、カンフーヘアにされることもなく、髪を全体的に短くしてくれたので、僕としては満足。
最後の「顔剃り」のところで、トルコ人の床屋さんは、カミソリを使わない。
指先に細い棒を持っていて、その棒に火をつける。
その火のついた棒で、別の人のタバコに火をつける。
続いて、その棒を僕の顔に近づけて、口でフーッと吹いた。
すると火は、僕の顔や耳の細かい毛を焼いてゆく(驚)!
「なるほど、トルコではカミソリの代わりに、火で顔の毛を処理するわけか♪」とわかった。
これは本当に、一生に一度の経験だった。
日本に戻って、テレビのクイズ番組を見ていたとき、トルコの床屋がどうやって顔の毛を処理するかという問題が出たときは、ズバリ、回答できた。
ま、それ以外に、何の役にも立たない経験でしたが(笑)。
いや、日本の床屋さんと雑談するとき、トルコの顔剃りについて、時々ウンチクを語ってるから、いいネタだとは思うけどね。
床屋の料金は3千リラ(300円)だったが、感動的な経験への感謝として、喜んで4千リラ(4百円)払いました。
コンヤの町で、遅い昼食を取り、床屋ですっきりした。
バスターミナルへ戻る。
あとは、バスの出発まで、バスターミナルの明かりのあるところで、本を読んで時間を潰せばいい。
バスターミナルに軍服を着た若者たちが大勢やってきて、バスに乗り込んでいく。
顔つきや別れの雰囲気から、これから入隊する新兵さんたちという感じ。
彼らがバスターミナルを出て、ざわついていたバスターミナルは静かになる。
夜も更けてくると、まだ8月だというのに冷え込んできた。
僕はいつも持っている、アーミージャケットを着た。
イスタンブールへのバスは、予定通りに午後10時に出発する。
この夜行バスは、座席もリクライニングして、シートの感触もいい。
バスに乗って、シートに座って、リクライニングを倒すと、あっという間に眠ってしまった。
途中で数回、バスターミナルやサービスエリアで停まったようだが、僕はトイレに行った以外は、バスで寝ていた。
イスタンブールへ到着する前に、だんだんと夜が明けてくる。
バスは、ボスボラス海峡のアジア側、「ユスキュダル(ウシクダラ)」で、停まった。
ユスキュダルで降りて、ボートでアジア側のエミノニュへ行き、歩いてスルタンアフメット地区へ行くのが早い。
ただ、いくらなんでも早すぎるよ。
それと、バスは最終的にテオドシウスの城壁の外側にある「トプカプバスターミナル」へ行くはず。
という意味は、ボスボラス大橋を通るのではないか。
ボスボラス大橋をバスで越えるというのもまた、イスタンブールの名所見物みたいなものだ。
実は僕は、そんなにいろいろと考えていたわけではない。
僕はまだ眠くて、バスの座席で、ぼんやりと目をつぶって、バスターミナルの喧騒を聞いていただけだ。
その後バスが動き出し、どうやら、ヨーロッパ側へ行く感じになってきた。
バスは、ボスボラス大橋に入る。
僕は薄目を開けて、イスタンブールの全景を見る。
イスタンブール旧市街の、多くのモスクのドームやミナレットが朝日にキラキラと輝いている。
いやはや、神は僕にすばらしい景色をプレゼントしてくれたね。
夜が明けてすぐの、この時間に、ボスボラス大橋を大型バスで通る。
そうして僕が座っているのは、左側の窓際の、旧市街を見るのに最上のシートなんだから。
ただ、このすばらしい景色を見た後は、ヨーロッパ側では、交通渋滞にひっかかった。
トプカプバスターミナルへは結構な時間がかかる。
僕は、タクシーに乗って、とっとと5月に泊まっていたエリットホテルへ行きました。
トルコ旅行記
egypt jordan Israel syria turkey asia world index

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx