コサメット(サメット島)旅行記@サメット/タイ
僕がコサメットへ行ったのは、1994年の夏のこと。

バンコク(カオサン)で切符を買い、プノンペンへ(ビザは空港でゲット)。
プノンペンでベトナムのビザを申請して、シェムリアプへ行き、アンコールワット観光。
プノンペンからベトナムのホーチミンシティへ飛び、またバンコクへ戻ってきた。
これがたったの一週間だ。
まだ2日ほど残っている。
なお、この詳しい話は「タイ・カンボジア・ベトナム駆け足旅行記」にあります。
ホーチミンシティからバンコクのドンムアン空港へ到着して、直接北バスターミナルへ移動。
そこからバスに乗って、パタヤ。
パタヤのバスターミナルから「ソンテウ(乗り合いトラック)」に乗ってビーチへ。
激しい雨でしかも夜、わけがわからないので、目に付いた、白人だらけの「ANZAC Hotel」に飛び込んだ。
白人だらけのホテルだったが、なかなか親切にしてくれたよ。
翌日、パタヤの旅行社のミニバスでバンペイへ(120バーツ)。
バンペイから船に乗って、コサメットへ行く(ボート代30バーツ)。
このツアーに参加したのは、一人旅は僕と白人の若者だけ。
2組は、ぶよぶよにふとった白人のおじさんと、若いタイ人の女の子のカップルだ。
ずーっと、白人はタイ人の女の子に、ベタベタいちゃついている。
まあ、これが欧米人のバケーションの一つのパターンなんだよね。
日本人が海外で女の子と付き合うときは、その場限りだ。
日本人は夕食も一緒にせずにただエッチをしたがる。
それは、日本がそうだからだよ。
日本ではとにかく、お金を払ってエッチするだけ。
エッチと恋愛感情はまったく別のものと考えられている。

海外では普通は、プロの女の子とでも、その前に、食事をしたり、カラオケに行ったり、ディスコへ行ったりする。
それからやっとエッチだ。

これが、気の短い、考えることはエッチだけの日本人男性(涙)には我慢できないんだよね。
日本人がプロの女の子と付き合うときは、だたエッチさえすればそれでいい。

欧米人なんかになると、現地の女の子と一緒に旅行に出て、一週間ほとんど一緒にすごすみたいなことをするのが常識。
ドイツ人のタイ旅行はだいたい、オープンバーなんかで見つけた現地の女の子と一緒のリゾート旅行なんだよ。

そこで、嘘でも擬似恋愛関係を作ろうとしているのだろうね。
女性の機嫌をとってるのか、女性に気を使っているのか、それとも自分がお金で付き合っているのを忘れたいのか、誤魔化したいのか?

日本人は、プロの女の子をそういう風には見ないんだ。
日本人は、プロはプロだと、最初から恋愛対象にはしない。

これが日本人独特の(少なくとも欧米人とは違った)感性なんだ。
と、旅行哲学してしまった。
コサメットは南北に細長い島だ。
船はスピードも遅く、かなり奥のビーチへ到着したので1時間ほど乗っていたことになる。

船からまた平底舟に乗り換えて、ビーチへと到着。
すると、なにやら係員が待っていて、入島料?として50バーツ取られる。

イギリス人のショーン君と一緒にピックアップに乗って、ビーチを移動(1人40バーツ)。

「LITTLE HUT」という宿に決める。
28号小屋、水シャワー、トイレ付きでシングル80バーツ。

ベッドには蚊帳がついている。
電気は午後5時から使える。

ここから歩いて20分で、コサメットのメインの船着場へ行ってみた。
普通のボートは、こちらに到着するようだ。

宿の前のビーチで泳いで過ごす。
夕方になると、ビーチ前のレストランでイギリスのビデオを流すので、イギリス人が集まってきた。

島の船着場近くの店で、ゆったりした服を上着、長いパンツ、ショートパンツのセットで買った。
そのショートパンツはいまもトレーニングするのにはいてるよ♪

【写真】コサメットのビーチ
【旅行哲学】欧米人の恋愛についての感覚は、日本人とは全く違うね。
参考:パタヤビーチ(Pattaya Beach)からマイクロバスでバンペー(Ban Phe)へ、ボートでコサメット(Ko Samet)へ渡る/タイ(Thailand)
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050614