Khunjerab Pass(4,800m) between China and Pakistan(August/1999)

The worldtraveller is standing beside
the monument of Pakistan side of the
Khunjerab Pass.

In August 1999, the road from Kashgar
to Tashkurgan had been closed for two
weeks just before I arrived at Kashgar.

On the Pakistan side, the road from
Karimabad(Hunza) to Gilgit was perfect.

But again the road to Islamabad
became impassable because of landslide.

It was truly a miracle that I was able to
pass through the area in such a short
time.

1999年8月、僕がカシュガルに着いた時、クンジュラブ峠へのバスは、2週間も通っていなかった。
しかし、僕が着いた翌日には、運行を再開。

この伝説のカラコルムハイウェーは、実は、クンジュラブ峠の部分は、全く問題がない。


【僕らを乗せてきたバス@クンジュラブ峠】

問題は、まず、中国側のカシュガルからタシュクルガンまでの道だ。
ここが、ちょっと雨が降れば掛け崩れと、豪流の侵食ですぐに通行不能になるということ。

「風の谷のナウシカ」のヒントになったというフンザから、ギルギットまでも問題はない。
しかし、パキスタン側の、ギルギットから低地へ下る道が、中国側と同じような、急な谷の中にあって、すぐに崩落で通行不能になる。

この時期、僕は、予定からたった一日遅れただけで、カラコルムハイウェーを通過できた。
これは、まさに、「世界旅行者」に対しての神の愛以外ではありえない。


【世界旅行者@クンジュラブ峠】

クンジュラブ峠自体は、そこにモニュメントがあるだけのところ。
峠の標高は、4943メートルや、4693メートルなど、いろいろあります。

4700mから4900mの間、としかわかりません。
僕は面倒なので、4800メートルと書いておきます。

ここで、みんな車を降りて、記念写真を撮ったり、風景をゆっくり眺めたりする。
中には、高度(標高)が測れる腕時計を持ってきて、標高を記録させようとしている人もいました。

ところが、あんまり正確ではないみたいで、5000メートルを超えてしまったらしい。
その腕時計は、5000メートルが限界みたいで、「測れないー(涙)!」と泣いてました。

ここはせっかくですから、高度計付きのいい腕時計をもっていくのがいいでしょうね。
5000メートル級の高度を時計に記録しておくと、飲み屋で見せて自慢できますよ♪

僕がクンジュラブ峠にいたとき、ちょうどサイクリストが2人、峠を通過するところだった。
それで、みんなで拍手をして励ましてあげました♪