カイセリ@アナトリア/トルコ

【カイセリ】
イスタンブールから夜行のバスでネブシヒールに着いたら、霧に包まれた朝だった。
ボーッっとしていると、わけのわからない客引きが声をかけてきて、一緒にホテルを回り、ベッドにころがりこんで、そのまま昼まで寝る。
昼過ぎにタクシーを拾って、地下都市をまわる。
タクシーの運転手がガイドを兼ねているというタテマエだ。
でも、彼は英語をほとんどしゃべれず、地下都市の中では、「じすいずどあー」とか「じすいずわいんせらー」とか言うだけ。
何の役にも立たないが、まあ、僕としてみれば、地下都市へ行ければいいだけ。
でもやはり運転手と2人だけで観光するのは、気を使って疲れるものだ。
翌日は、カッパドキアツアーをのんびり楽しむために、一緒に動く誰か別の人間を捜す。
これは運転手の話し相手に使うためだ。
たまたま日本からやってきた、某一流企業勤務の会社員を見つける。
この会社員と僕とで、タクシーをシェアしてカッパドキア観光をする。
この運転手ジャミン氏は、英語もかなりしゃべれたし、カッパドキアの名所を要領よく案内してくれたよ。
彼には、フランス人、ドイツ人、イギリス人の女性の恋人がいるという。
休息時間にはフランス語ドイツ語英語の会話本を勉強していた。
彼の言葉では、「ドイツ人の女は観光案内をしたあとで誘うとすぐ寝るよ」という話だったね。
今ではきっと「日本の女は簡単だ」と言いふらしていることだろうが。
ネブシヒールを出てユルギュップへ、そこからなぜか、アンカラへ。
もう一度ユルギュップへ戻り、さらにカイセリへと進む。
カッパドキアは山地で、そこから平原へ降りて、カイセリへと進む。
この途中の、雄大な風景がちょっとよかったよ。
カイセリで宿を見つけて、バックパックを置き、カイセリのお城(砦)の上を歩く。
手すりも何もない壁のうえを歩くので、正直、命の危険を感じた。
翌日、カイセリからコンヤヘバス移動。
コンヤは、長時間バスに乗るのを避けるための、途中の町というつもりだったが、歴史のある街でした。
コンヤでステファンキングの「IT」を読み終える。
ちょうど同じホテルに泊まっていたハンドボールチーム「ENKA」の美人コーチにプレゼントした。
トルコのバスは大型だし、道路は舗装されているので、本を読むにはちょうどいい環境なんだ。
コンヤからデニズリでバスを乗り換えてパムッカレ。
セルチュクへ移動して、エフェス遺跡を見る。
そして、マルマリスからロードス島(ギリシア)へ渡りました。
これが僕の一回目のトルコ旅行だった。
このときは、トルコ人の親切を純粋にうれしがっていて、東アフリカからエジプトへ戻ってきた後で、わざわざ中近東を北上した。
そのころは、僕はイスタンブールが大好きだった。
トルコ人とも気楽に付き合えて、楽しかったなー。
でもそれは、1988年のころだ。
次に、1996年に行った時は、日本人だらけ。
イスタンブールのトルコ人は、日本人を完全に馬鹿にしていたよ。
いまは、金をもらっても、イスタンブールへ行きたいとは思わないね。
【旅行哲学】昔のトルコは確かによかったが。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx