『エルサレム新市街でリーバイス692を買い、ライオン門(聖ステファノ門)からヤッフォ門へ旧市街を歩く』@エルサレム/イスラエル
1988年8月18日。
前日の8月17日に、ヨルダンからキングフセインブリッジ(アレンビー橋)を越えて、エルサレムへ入った。
ダマスカス門からヤッフォ門へ旧市街を歩き、「ニューインペリアルホテル」の33号室に部屋を取る。
そのあと、新市街へ歩いて、「リーバイス630」を購入した。
歩いていたら、日本人旅行者とも出会い、話をして、この時期の旅行状況というものがわかってきた。
僕の感覚では、エルサレムは、なかなか居心地がいいところだ。
というか、泊まっている「ニューインペリアルホテル」が、ほとんど宿泊者がいない。
つまり、全体的にシーンとしている。
もともとはまともなホテルだったらしくて、建物の造りはがっしりしている。
すると、部屋にいるのも、とてもキモチいいんだ。
これから僕が、アメリカへ行って、ロサンゼルスで「ホテル加宝」に泊まった時のような、落ち着いた感覚。
それを、僕は感じていた。
だから特に観光しようとは思わない。
思いついたのは、昨日買った「リーバイス630」のこと。
リーバイス630は、ヘブライ語のタグが付いていた。
日本人旅行者もいろいろいるだろうが、ヘブライ語のタグが付いたジーンズをはいている人間は、まずいないだろう。
これはポイントが高いよ。
しかし、こんな面白いジーンズも、一本だけだと、いつかはダメになってしまう。
それならば、もう1本ジーンズを買っておけば、かなり長い間、自慢ができることにならないかな。
というわけで、僕はまず、100ドルを170シェケルに両替する(1シェケルは80円とする)。
そうしてまた新市街へ行って、昨日の服屋で、こんどは「リーバイス692」というものを買った。
これが、結構高くて、75シェケル(6千円)、サイズはウェスト30インチで、長さは32インチだった。
続いて、高級ホテル「SHERATON JERUSALEM PLAZA」へ。
というのが、昨日の日本人旅行者から、「シェラトンの隣にスーパーマーケットがある」と聞いていたから。
そのスーパーマーケット「SUPERSOL」で、イスラエル産ワイン、ハム、ミネラルウォーターを買った(18シェケル/1440円)。
さらに、「モンテフィオーレの風車(MONTEFIORE WINDMILL)」を見た。
続いて、エルサレム鉄道駅(JERUSALEM RAILWAY STATION)へ歩いたが、とても小さいという印象だけ。
それから、エルサレムの城壁の外を歩いて、「ゲッセマネの園」の方へ回った。
「ライオン門(聖ステパノ門)」から入って、旧市街を、ムスリム地区、キリスト教徒地区を歩いて、ヤッフォ門へ。
ニューインペリアルホテルの自分の部屋に戻ってホッとする。
今日はずいぶんと歩いたものだ。
部屋で、スーパーで買ってきたハムとワインを夕食にした。
明日は、死海ででも泳ぎましょうか。
それから、もちろん、エルサレム旧市街は、またじっくりと本格的に、見なければならないが。
■E05 地球の歩き方 イスラエル 2009~2010
egypt jordan Israel syria turkey asia world index

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx