『キリスト教の「聖墳墓教会」、イスラム教の「岩のドーム」、ユダヤ教の「嘆きの壁」で祈る』@エルサレム/イスラエル

【嘆きの壁と黄金のドーム@エルサレム】
1988年8月19日、ローカルバスに乗って、エンゲディへ行き、死海で泳いだ。
泳いだというか、死海の塩水にお尻を沈めて、浮かんだだけだが。
しかし、死海ではこれ以外の浮き方は存在しないからね。
それは、顔を塩水につけたりして、身体で学んだよ。
さて、エンゲディからまたバスに乗り、エルサレムへ戻る。
まだ午後の早い時間だったので、エルサレムの旧市街へ行ってみた。
まず、観光案内所でもらった地図を見ながら、「ヴィア・ドロローサ(VIA DOLOROSA/悲しみの道)」を歩く。
イエス・キリストが鞭打たれたあとで、十字架を背負って、処刑された「ゴルゴダの丘」へ歩いたその道だ。
鞭打たれた場所が「鞭打ちの教会」となっている。
そこから、悲しみの道を辿っていくわけだが、全長が1キロメートル程度と、案外短い。
その道を歩いていると、ちょうど、十字架を背負って聖書を読みながら歩いている家族連れがいた。
これはちょっと感動。
この家族連れを追い越して、「聖墳墓教会(CHURCH OF HOLY SEPULCHRE)」へと行った。
ここはキリストが処刑された「ゴルゴダの丘」に建てられている。
さすが、全キリスト教徒が目指すところで、建物も立派だった。
ただ、どのようにすばらしかったかは、もうずいぶん昔のことで、忘れてしまっているけれど。
この日は、死海で泳いた。
そのあと、悲しみの道を歩き、十字架を背負って歩いている人を見て、聖墳墓教会に入った。
だから、この日は十分すぎることをしたね。
この日はこれで切り上げて、残りは翌日に回しました。
次の8月20日、今日は土曜日なので、イスラエルの休日だ。
ところで、もちろん、アラブ地区では金曜日が休日。
逆に言うと、どちらかの商店街は活動しているわけで、便利と言えば言えるのでしょうか。
さて、昨日は、「鞭打ちの教会」から「悲しみの道」を通って、「聖墳墓教会」へと歩いた。
これが、キリスト教徒にとってはメインの観光ルートだ。
すると今日は、まずイスラム教徒の聖地を見てみたいものだね。
エルサレムでのイスラム教徒の聖地といえばもちろん、「岩のドーム」だよ。
岩のドームは、エルサレム旧市街の、ヤッフォ門から入って突き当たり奥の、「神殿の丘」にある。
もうずいぶん、エルサレムの旧市街は歩き回っている。
とっとと神殿の丘へ歩いて、まず、「アル・アクサー寺院(AL-AQSA MOSQUE)」へ行った。
ここでは、「モザイクのステンドグラスがキレイだった」と、僕の旅行ノートに書いてある。
が、記憶に残っていない。
次はもちろん、「岩のドーム(DOME OF THE ROCK)」を見る。
岩のドームというのは、予言者ムハンマドが天国に上って行ったといわれる岩の上に、金色の屋根のドームがかぶさっている。
目立つのは金色の丸屋根だが、一番大事なのはその下にある岩なんだよね。
ぼくはもちろん、このドームに入っていった。
ところが、ガイドブックによると、2008年以降ムスリム(イスラム教徒)以外は入場が禁止されているとか。
その点でも、20年前の1988年にエルサレムを訪れた世界旅行者の旅が貴重だとわかるよね。
これで、キリスト教徒の聖地、イスラム教徒の聖地を見終わった。
次は、もちろんユダヤ教の聖地を見るのが流れだろうね。
エルサレムのユダヤの聖地というのは、「嘆きの壁(WAILING WALL)」だよ。
嘆きの壁は「WESTERN WALL(西の壁)」とも呼ばれているが、それは「神殿の丘の西の壁」だから。
神殿の丘というのは、もともとはユダヤ教の神殿が建っていた。
現在は、神殿の丘にはイスラム教の建物があるわけでね。
次に、城壁から出て、「ダビデ王の墓(TOMB OF KING DAVID)へ歩いた。
さらに、すぐ近くの「マリア永眠教会(BASILICA OF THE DORMATION ABBEY)」を見る。
もうずいぶん(20年以上)昔のことだ。
お祈りの場所に入る時に、ユダヤ人が頭に載せる小さな帽子「キッパー(kippa)/ユダヤ帽」をかぶった。
とても印象に残っているが、僕がキッパーを頭に載せたのが、どこだったかハッキリしない。
今はユダヤ教の施設に、入れるのかどうかわからない。
でも、1988年だと、キリスト教の聖墳墓教会にも、イスラム教の岩のドームにも、ユダヤ教のダビデ王の墓にも簡単に入れた。
いまは、岩のドームに入れないようだし、ユダヤ教の教会にも入れるかどうか疑問だけどね。
さて、これで、エルサレム旧市街の、主な場所は見た。
僕は、このあと、ダマスカス門からアラブ人地区へ出た。
ダマスカス門の前の、アラブ人地区の商店街へ行った。
土曜日でユダヤ人地区は休日だが、アラブ人地区は休日ではないので(金曜日が安息日)、開いていた。
バナナを一房(5シェケル/400円)、ミネラルウォーター1本(1.5シェケル/120円)、シシカバブ2本(3シェケル×2/480円)。
いま、ノートを見ながら書いているが、ずいぶん高いね(笑)。
ひょっとして、ボッタクラレたのかも(涙)。
まあ20年前のことだから、考えないことにしましょう。
ついでに、タクシー会社で、イスラエルからヨルダンの国境越えの情報を集めた。
僕はこの時期、ずーっと、「YAKUZA」という英語のペーパーバックを読んでいたよ。
これで僕がイスラエルで見たいと思っていた場所に行ったのではないかな。
まず、イスラエルの新市街をずいぶん歩いた。
また、旧市街を歩き回って、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖地を見た。
もちろん、イスラエルの死海へ行って、塩水に身体を浮かせた。
あとはそう、イスラエルから地中海でも見てみるかな。
それには、テルアビブへ行けばいいでしょう。
xxx
イスラエル旅行記
ヨルダン旅行記  / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx