『エルサレムの旧市街をヤッフォ門から出て、新市街でリーバイス630とハスラーを買う』@エルサレム/イスラエル


1988年8月17日。
アンマン(ヨルダン)からJETTバスに乗り、ヨルダンとイスラエルの国境へ。

そのあと別のバスで、キングフセインブリッジ(アレンビーブリッジ)を越えた。
フランス人と一緒にサービスタクシーで、エルサレムの「ダマスカス門」へ。

エルサレムのヤッフォ門にある観光案内所で、「ニューインペリアルホテル」を紹介してもらった。
このホテルがシングルで10米ドル。

部屋は2階の33号室、ホテルには、ほとんど客がいない。
というのはこの時期、インティファーダの抵抗運動が盛んで、普通の観光客はあまりいなかったようなんだ。

ベッドに横になって、エルサレム城内にいる感動を味わう。
しかしまだ、午前中だ。

だって、朝5時に起きて、国境に着いたのが午前7時半。
8時半にキングフセインブリッジを越えて、エルサレムへ到着したのが午前10時半。

エルサレム城内を歩いて、宿を決めても、まだ午前中。
もったいないから寝てばかりはいられない。

また観光案内所へ行ってみる。
地図なんかをもらい、死海やベツレヘムへの行き方を聞く。

もちろん、現地のお金がなければ、動きが取れず、話にならない。
両替所に行って、バンカメ(Bank of America)のトラベラーズチェック50ドルをイスラエルシェケル(シュケル)にする。

すると、50ドルが81シェケルに替わる。
つまり、1シェケルは80円見当だね。

エルサレムには旧市街と新市街がある。
旧市街とは、エルサレム城内のことで、新市街はそれとは別に近代的な町が広がっている。

僕は、朝、ダマスカス門から入ってヤッフォ門へと、城内の細い道を歩いてきた。
そのときに、一応旧市街の雰囲気はつかんだ。

旧市街はこれからも、じっくり探索するつもり。
いろんな名所もありそうだからね。

旧市街は後で見るとして、新市街がどういうものか見てみたいものだ。
ヤッフォ門から出る。

ヤッフォ門を出て、ヤッフォ通りをずーっと歩いていくと、賑やかな通りに出る。
歩行者天国になっていて、商店街がある。

そこで、ジーンズ屋を発見した。
リーバイスの630があった。

僕がはいているジーンズは、ロンドンのロビンソンデパートで買ったもの。
ジーンズの前(社会の窓)のファスナーが自然と降りてくる。

歩いていると自動的に、前が開くという優れものだった。
ナイロビの裁縫屋さんへ行って、ファスナーを付け直してもらったのだが、直らない。

いい機会だと、ジーンズ(リーバイス630)を買った(49シェケル)。
1シェケルが80円だとすると、日本円で4千円程度なので、納得。

しかも、このジーンズのタグには「ヘブライ文字」が書いてあったんだ。
これは、イスラエルに来たといういい記念になるよね。

イスラエルのお土産といえば、ダイヤモンドだよね。
ダイヤモンドには手が出ないが、一着4千円のジーンズなら無駄がない。

このときのジーンズのサイズは、ウエストが31インチ、長さが32インチでした。
さらに本屋へ行ったら、米国雑誌の「ハスラー」が売ってあった。

値段は、11ドル!
でもキレイなねーちゃんの裸の写真があるので、本能の赴くまま、衝動的に購入してしまった。

両替も済ませたし、新しいジーンズも買った。
新市街も雰囲気はわかったし、ハスラーも手にした。

というわけで僕は、ホテルの部屋に戻って、雑誌を読みました。
なぜかちょっと疲れたので、軽く眠る。

夕方になって、食事をしなければと、またヤッフォ門へ向かう。
すると、日本人の若者2人を発見。

僕がヨルダンから来た、というとびっくりしていた。
彼らは、ボートでイスラエルの港町ハイファへ入ったとか。

これからイスラエル観光をして、飛行機でテルアビブからイスタンブールへ向かうとのこと。
「日本人はヨルダンに入国できない」という噂が、この時期あったようだ。

だから、ヨルダンからイスラエルのルートを取らず、船でハイファへ入ったんだってさ。
日本人旅行者同士が旅先で会えば、食事をして話したくなるもの。

それで、中華レストランを見つけたが、ちょっと高かった。
何を食べるかについても、意見が一致しなかったので、分かれることにした。

歩きながら話しているうちに、ちょっと話が合わないような気がしてきた。
会ってすぐにレストランへ行ったら、一緒に食事をしただろう。

食事をする前に話をしたので、話が合わないとわかってしまったんだね。
だから、ネットでよくある旅仲間募集は、無駄なんだ。

人は、話が合うか合わないか知るためには、話をしなければならない。
それだけだって、旅先で夕食を一緒にする理由にはなる。

旅に出る前に日本で、話が合うかどうか、調べたら、話が合わないとわかることの方が多い。
でも、旅先で食事をする人のことを日本で分かったところで、わかるだけ無駄だ。

旅先で出会えば、話が合っても合わなくても、少なくても食事相手にはなるんだからね。
僕は、テイクアウトのピザとチキン、それから缶ビールを3個買って、一人で部屋で食べた。

この時の1人とは、このあと僕がイスタンブールへ行った時、日本人宿「モーラ」で再会することになる。
それは僕がヨルダンへ戻り、シリア、トルコと陸路で旅をしてイスタンブールへ戻ったあとの話だけどね。

僕は、イスラエルに来たばかりなので、どこへ行こうかそれで頭が一杯だった。
僕の頭では、イスラエルといって思い浮かぶのは「死海で浮く」こと。

それさえやれば、イスラエルに来た意味はあるだろう。
単純な話だが、一つの国では見るものはひとつか2つだ。

僕が泊まってるのは、エルサレム城内にある「ニューインペリアルホテル」だしね。
なにしろ、昔はドイツ皇帝ウィルヘルム2世も宿泊したという由緒あるホテルだ。

エルサレム城内に泊まり、エルサレムの細い道を彷徨い、死海で泳ぐ。
あと、実は、テルアビブへ行って地中海を眺めた。

これで、僕にとっては十分。
だって、イスラエルには聖書に出てくる場所は、たくさんあるようだ。

僕は、聖書のことはよくわからないしね。
僕は米国ユタ州のモルモン教本部で、日系の女性と話をしたことがある。

「私はエルサレムへ行きたいと思って、まだ行けませんのよ」とうらやましがられた。
僕は、「本当にエルサレムはすばらしいところです」と答えた。

敬虔なモルモン教徒の日本女性と、エルサレムのことを話せた。
これだけで十分ではないかな。

参考:
ところで、このとき僕が泊まったヤッフォ門近くの「ニューインペリアルホテル」は、最近の「地球の歩き方」にも紹介してありました。
それによると、「ドイツ皇帝ウィルヘルム2世も宿泊したホテル」だそうです。
ただ、2015年現在で、シングルで70米ドルするとか。
とすれば、いくら1988年でもシングル10ドルで泊まった僕は、チョーラッキーということでしょうか(笑)。
イスラエル旅行記
ヨルダン旅行記  / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx