イスタンブールからカイロ(カイロからイスタンブール)への旅

【アヤソフィア前の世界旅行者@イスタンブール/トルコ(1996)】
トルコのイスタンブールから、シリア、(レバノン)、ヨルダン、(イスラエル)、エジプトの中東陸路旅行ルート。
これは、1990年代半ばから人気になって、現在(2009年)では、日本人旅行者にとっては、ごく普通のルートとなった。
ネットでも、この地域を旅する人からの質問が繰り返し出てくる。
そこで、2009年9月現在で、この地域の情報をまとめておきます。
ただし、旅行の状況、特にビザや国境通過の状況は常に変化しますから、旅に出る前に自分で確認ください。
【飛行機】
エジプトからイスタンブールやアテネへ移動する時、旅行者がまず思いつくのは、飛行機で飛ぶこと。
ただここは、たいした距離でもないし、飛行機を使ったら、せっかくの海外旅行としては、あっけない(面白くない)。
僕は、イスタンブールからトルコ旅行をしたあとで、ロードス島からピレウスへ船旅をして、アテネからカイロへ飛んだことがあります。
窓側の席を取ると、地中海の島が見えて、面白いことは面白いですけどね。
【船】
次に思いつくのは、地中海を渡って船で旅をすること。
ただ、ギリシアやイスタンブールからエジプトへの船は、観光クルーズ以外の定期船は存在しない。
以前は、エジプトのポートサイドからキプロスへの定期船があったようだ。
キプロスまで行けば、そのあと船を乗り継いで、ギリシアの島々へ渡れるし、もちろんギリシアからトルコへの船もある。
ただ、このポートサイドからの船が運航を停止しているようなので、定期船としては、エジプトへ直接入れるルートはない。
キプロスからは、レバノンへのフェリーがあった(1999)が、イスタンブールやアテネからわざわざキプロス経由にしても、陸路ルートと比べて特に面白いものではない。
ただ、キプロスからはエジプトへの観光クルーズ船が出ているとか。
このクルーズ船に乗って、エジプトで下船すれば、トルコからエジプトへ、キプロス経由での船旅が可能という話もあります。
【陸路】
というわけで、イスタンブールからカイロ(カイロからイスタンブール)は、陸路で移動するのがオススメです。
イスタンブールからカイロへは、急いで旅をする場合、トルコ、シリア、ヨルダン、エジプトと、移動できる。
もう少し時間があれば、レバノン、イスラヘルへも寄ることが可能だ。
しかも、歴史の古い地域なので、それぞれの国に、見るべき遺跡がある。
トルコには、主なものだけで、イスタンブール、カッパドキア、トロイ、パムッカレ、エフェスの遺跡がある。
シリアでは、広大なパルミラ遺跡、アレッポやダマスカスも興味深い。
レバノンには、バールベック神殿、中東のパリと言われたベイルート。
ヨルダンには、インディジョーンズで有名なペトラ遺跡、アラビアのロレンスの舞台となったワディ・ラムもある。
イスラエルは、もちろん、エルサレム城がある。
キリスト教関係の町もたくさんある。
死海で泳ぐことも出来る(イスラエル側と、ヨルダン側で浮かぶことが出来ます)。
エジプトへ入れば、これは遺跡だらけ。
主なところだけでも、カイロ、ギザのピラミッド、ルクソール、アブシンベル神殿、アレキサンドリア。
紅海リゾートでのダイビングもあり、スエズ運河もあり、最近は砂漠への旅も人気らしい。
【ビザの問題】
僕が1988年にカイロを出て、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコと旅をしたときは、ビザや許可証などが必要だった。
僕は、ヨルダンのビザをカイロで、シリアのビザをアンマン(ヨルダン)で、ヨルダンからイスラエルへ入るための「ウェストバンクパミット」をアンマンで取って、国境越えをした。
1999年にアジア横断旅行をしたときは、シリアのビザ、レバノンのビザを日本で取っていった。
ただ、2009年現在の旅行者からの情報では、シリアもヨルダンもレバノンも、エジプトも国境でビザが取れるという話です。
ヨルダンからイスラエルへ入国する場合も、許可証は不要になりました。
念のために書いておきますが、トルコとイスラエルは、日本人はノービザで入国できます。
エジプトは、昔から国境で簡単にビザが取れますから、ビザを意識することはないです。
僕はロンドンでわざわざエジプトのビザを取りましたけどね(1988年)。
シリア入国の際に問題になるのが、「イスラエルへ入国した」場合は、入国を拒否されること。
ヨルダンからイスラエルへ入国する場合は、イスラエルの入国スタンプを別紙に押してくれるので、入国の証拠が残りません。
という意味は、エジプトから直接イスラエルに入った場合、国境のスタンプでイスラエルへの入国がわかります。
ですから、エジプトからトルコへ北上する場合は、ヨルダンからイスラエルへ入国するのが定番です。
トルコからエジプトへ南下する場合は、ヨルダンからイスラエルへ入り、そのままエジプトへ旅を続けても問題ありません。
また、レバノンとイスラエルの国境は通過できません。
この地域を旅する場合は、一般的には、レバノン入国はシリアからの往復、イスラエル入国はヨルダンからの往復というパターンになります。
【旅行にかかる日数】
ただ通過するだけならば、カイロからアカバ、アカバからアンマン、アンマンからダマスカス、ダマスカスからアレッポ、アレッポからアンタクヤ(トルコ)への移動でそれぞれ1日ずつ。
アンタクヤから、イスタンブールへバスに乗り続けで2日。
というわけで、移動だけなら、一週間で可能だと思います。
もちろん、遺跡を見たり、他の国に足を伸ばせば、いくらでも時間は使えます。
【ガイドブック】
この地域のガイドブックとしては、「Lonely Planet Istanbul to Cairo」がありましたが、伝説のガイドブックとなりました(僕は持ってます)。
新しく、もっと広い地域をカバーした「Lonely Planet Middle East」があります。
もし、このルートを日本の「地球の歩き方」で揃えると、4冊にもなります。
ただ、この地域の旅は、旅行ルートも見るところも決まっているので、わざわざガイドブックを持つ必要はありません。
地図が1枚あれば、大丈夫でしょう。
というのは僕は、ヨルダン、シリア、トルコは、ガイドブックなしに旅をしました。
エジプトは「Lonely Planet Africa」を持ってましたけどね。