『トプカプ宮殿(TOPKAPI PALACE)と、グランバザール(GRAND BAZAAR)を見て、絨毯屋と話をして、エリットホテルを発見する)』@イスタンブール/トルコ

【トプカプ宮殿の庭(1996)】
1988年4月27日、アテネから飛んで、イスタンブールへ到着したのが、午前10時ごろ
エアポートバスでイスタンブール新市街の空港バスオフィスへ到着して、遺跡だらけのスルタンアフメット地区まで歩いた。
そのころ、アヤソフィア前に観光案内所があった(今は存在しません)ので、イスタンブール市内地図をもらって、宿を紹介してもらう。
それが、「オプティミストゲストハウス」だった。
ホテルは場所はよかったが、二段ベッドが2つ、つまりベッドが4つある部屋を僕に一人で使わせて、それをシングルルームと言う。
まあ、詐欺のようなことをしていたわけだ。
ただこの時期、僕はロンドンでは、B&Bのシングルルームにに16ポンド(約4千円)で泊まっていたし、アテネの宿はツインを一人で使って2500ドラクマ(2500円)で泊まっていた。
イスタンブールで14000トルコリラ(1400円)は、部屋が悪くても、怒らなければならないレベルの値段でもなかったわけだ。
ガイドブックも何にも持ってないし、情報がないので、物価水準がわからなかった、ってことね。
それに、僕は「すべての出会いは神の導き」と考えている。
ガイドブックもなしに、イスタンブールへきて、観光案内所で「オプティミストゲストハウス」を紹介されたならば、そこに泊まるのが運命だと思う。
もちろん、あのレベルの部屋で2千円以上を言われたら、それは、止めたけどね。
だって、アテネで泊まっていたホテルは、2500円で、ちゃんとしたビジネスホテルだったし。
イスタンブールのホテルは、ただの4人用ドミ部屋なんだから(涙)。
まあいいさ、いつか旅行記を書くにしても、いいホテルにも悪いホテルにも、両方泊まってないと話にならないからね(笑)。
というわけで、1988年4月27日、イスタンブールの最初の宿は、「オプティミストゲストハウス」(1400円)になる。
宿を決めたのが、ちょうどお昼過ぎころで、まだ十分に時間がある。
するととにかく、イスタンブール観光に行かなければね。
僕は観光をしにイスタンブールへ来たんだから。
さらに、アテネからイスタンブールへ飛んだのはいいが、それからどうするか、まったく考えてなかったし。
この時僕の頭に、まず浮かんだものといえば、「トプカピ宮殿」だったよ。
この時代は、日本人にイスタンブールという名前は知られていても、そこに何があるのか、ほとんど知られてなかった。
世界史なんかの授業で、東ローマ帝国の首都で、そこの宮殿(TOPKAPI PALACE)は豪華だったという話はあったかな。
「イスタンブールのトプカピ宮殿」は良く知られていたが、逆に言うと、他の観光名所は知られてなかった。

トプカピ宮殿を舞台にした、有名な映画もあったよ。
えー、ちょっと注意しておきますが、昔は「トプカピ宮殿(TOPKAPI PALACE)」と呼んでました(映画のタイトルもそうなってることを確認ください)。
いつの間にか、(きっと現地の発音に合わせたのだろうが)「トプカプ宮殿」と変化しました。
でも、僕の頭の中では、「イスタンブールといえばトプカピ宮殿」というのが、まずは定番だったね。
だから、とっととトプカプ宮殿へ歩いていく。
このときの入場料が2000トルコリラ、つまり2百円(笑)♪
1988年は、安かったよ…。
ちなみに、「地球の歩き方・イスタンブールとトルコの大地」(20010〜2011)によると、トプカプ宮殿の入場料は20新トルコリラ(1200円)だそうだ。
ここでも、「世界各国の観光地の入場料は常に上昇を続けるもの」という世界旅行理論が、実証されている。
でも、実際はだよ、入場料だけではなくて、音声ガイドマシンの使用料も取られるし、ハレムはまた別料金なんだからね(涙)。
素直に全部支払うと40新トルコリラ、(2010年だと1トルコリラが60円だったので)2千4百円もぼったくられるわけだ。
「世界旅行主義」の「世界各地の観光地は、観光客から限度ぎりぎりまで金をぼったくろうとする」というテーゼが適用できる。
実際、観光というのは、現代社会の一大産業なんだからさ。
物価の安い国々でも、外国人観光客に対してメチャ高い特別入場料を設けるのは、少しは控えてくれないかな。
イスタンブールでトプカピ宮殿(トプカプ宮殿)を見たら、次は、グランドバザール(GRAND BAZAAR)を見る。
この僕の歩き方で、僕がガイドブックを持っていなかったことがわかるだろう。

【グランドバザール(1996)】
今では、イスタンブールでも、「トプカプ宮殿」「グランドバザール」は、メインではない。
イスタンブールで、今まず見るものは、「ブルーモスク」と「アヤソフィア」になっているからね。
トプカプ宮殿とグランドバザールを見て、僕はスルタンアフメット地区に戻ってきた。
通りで目に付いた旅行代理店へ入った。
僕は、イスタンブールへ来たその日に、ボスボラス海峡も金門湾も見たし、ガラタ橋も歩いた。
さらに、トプカプ宮殿へ入って、宝物の展示を見て、グランドバザールにも行った。
あと、明日にでも、少しモスクなんかを見れば、(もちろん、ボートでボスボラス海峡を渡ってアジア側へ行けば)イスタンブールの観光は終了。
一応アテネに戻るとして、その料金を確認したかった。
すると、トルコ航空で13万5千トルコリラ、つまり1万3千円程度で切符はある。
アテネからイスタンブールへ来たときも、1万3千円程度だったので、問題はない。
アテネに戻ろうかと考えたのは、土地勘があるからね。
また、アテネでは、シンタグマ広場近くの食堂で、日本人を見つけては話をしていた。
イスタンブールへ入ってからは、なぜか通りで日本人を見かけない。
泊まっているホテルも、気に入らないし…。
トルコを観光するとしたら、カッパドキアという奇岩で有名なところは、聞いたことがある。
この時期、サントリーのテレビコマーシャルが、時代の流行を作っていた。
バルセロナのサグラダファミリア(聖家族教会)に日本人が多いのも、もともとは、サントリーのCMで紹介されたからだ。
だから、カッパドキアへ行くかなー。
旅行代理店で、イスタンブールからカッパドキアへのバス料金を、聞くだけ聞いてみる。
すると、「NEV TUR」という会社があって、ギョレメまで11500リラ、つまり、1150円程度。
でも、バスは、11時間くらいかかるそうだ。
すると、夜行バスに乗ることになるだろうね。
うーん。
「世界旅行主義」では、「できるだけ楽に旅をする」というのが基本思想だ。
疲れるのがいやだから、アテネからイスタンブールへ飛行機を使ったんだし。
しかもだよ、カッパドキアへ行ったら、またイスタンブールへ戻ることになるだろうから、また夜行バスか。
と思ったが、なにしろトルコ全体のガイドブックもないことだし、まだ何も決めない。
通りを歩いていると、後ろから、きれいな日本語で「こんにちわー」とか「日本人ですか?」と声をかけられる。
日本人だと思って振り返ると、正真正銘のトルコ人だ。
その日本語が、まったく訛りのない、日本人らしい日本語なので、びっくりする。
呼び止められて、じゅうたん屋に誘われる。
「お金ないから買わないけど」と言いながら、店に入る。
すると、小さなカップに入った紅茶を出してくれた。
いろいろ話をしていると、ノートを見せてくれるが、その中は、90パーセントが日本語の書き込み。
ほとんどが、「このじゅうたん屋さんは親切で、じゅうたんを買いました」みたいなことが書いてある。
推薦文だらけだね。
でも僕は、スリランカでも推薦文を持った客引きに出会ったことがある。
また、インドのタージマハルのリキシャーマンも、日本人の推薦文を持っていた。
だから、「イスタンブールのじゅうたん屋にも推薦文があるんだー」と思っただけで、心が動かされることもなかった。
もちろん僕はバックパッカーなので、じゅうたんを買うキモチも金も、全くないしね。
じゅうたん屋さんも、僕はじゅうたんを買う気はないと見切りをつけたようだが、日本語でいろいろ説明してくれた。
僕は、いい機会と、イスタンブールの町の情報を聞き出す。
「日本人はいませんねー」と嘆くと、日本人は結構いるらしく、ある通りを中心に集まっているとか。
「それじゃあ日本人を探そう!」とじゅうたん屋を出る。
お腹がすいたので、今日はじめての食事を取ろうと、食堂に入ると、日本人の女性旅行者を2人発見。
2人に声をかけて、さらに、イスタンブール情報をゲットする。
イスタンブールには、日本人の集まる宿があるそうだ。
また、日本語の看板を出した、日本人相手のじゅうたん屋も多いとか。

【エリットホテル(1996は一階はバーになっててうるさかった)】
言われた通りに歩くと、すぐに日本語の看板が目に付く路地が見つかった。
「エリットホテル」というのがあって、一階はじゅうたん屋になっている。
エリットホテルにいるトルコ人スタッフは、ほとんどが日本語を話せる。
そのなかでも、「フリエ」という20歳代の女性と、ワイワイ話をする。
部屋を見せてもらって、明日移ってくることに決める。
さて、午前中にイスタンブールへ着いて、観光も一応した。
イスタンブールへの航空券の値段、カッパドキアへのバス料金も調べた。
日本語ぺらぺらのトルコ人と話をして、日本人の集まる通りを見つけた。
ここでは、まだまだ出会いがありそうだね。
居心地のよさそうなホテルを見つけたし。
時間もたっぷりあるし。
となると、あわててアテネに戻ることもないでしょう。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx