『タクシム広場、日本総領事館、イスティクラル通り、映画館、ヨーロッパ大陸最古の地下鉄、トプカプコーチターミナル、トルコ旅行計画』@イスタンブール/トルコ

【ブルーモスク(1996)】
1988年4月27日にアテネからイスタンブールへ到着して、28までの2日で、スルタンアフメット地区の観光名所はだいたい見た。
宿も、エリットホテルに泊まって、日本人の多い通りを歩いていると、食事相手、話し相手には不自由しない。
2泊しただけで、すっかりイスタンブールのスルタンアフメット地区には馴染んだね。
ちょっと外に出ると、目の前には、ブルーモスクとアヤソフィアが見えるんだから。
さてさて、イスタンブール滞在は楽しいし、あと数日の時間は潰せるだろうが、そのあとが問題だ。
問題は、イスタンブールを出て、トルコ旅行をするかどうか。
トルコ旅行をするならば、そのまま、シリア、ヨルダンと旅すれば、エジプトまで陸路でいけるだろう。
すると、航空券代が助かるわけだ。
シリアもヨルダンも入国するのにビザが必要(この話は1988年です。現在の状況は確認ください)。
特にシリアのビザを取るには、日本大使館(領事館)からのレターが必要だという情報を得ている。
面倒な話なので、この時は、シリア旅行については、それほど本気で考えてはいなかった。
2日でだいたい旧市街の見所は終わったので、今日は、新市街見物と行きましょうか。
まず、市バスに乗って、新市街の中心「タクシム広場」へ。
このときのバス料金は、300トルコリラ(30円)。
ところがぼんやりと、バスから風景を見ていると、突然日の丸の旗が見えた。
おいおい、これが我が「日本総領事館」だよ(日本大使館は当然、トルコの首都のアンカラにあります)。
特に日本総領事館を探しているわけでもないのに、向こうから目の前に出現した。
この意味は、「シリアのビザを取るためのレターをもらえ」という意味かしら。
そこですぐに、バスを降りて、日本総領事館へと歩いた。
中へ入ったが、窓口のトルコ人の話によると、「今日は4月29日で、日本の休日(この時代は天皇誕生日)なので、業務を休んでます」とのこと。
これで、「大使館や領事館の職員は、赴任地の休日にはもちろん休み、本国の休みにも休む」ということがわかった。
休みだらけで、いい仕事だねー(でも最近は、日本の休日が増えすぎて、全部を休んではいないという話もあります)。
でも、正直ホッとした。
というのが、イスタンブールでシリアのビザを取って、ヨルダン経由でエジプトに入るというのは、この時の僕には大冒険過ぎる。
僕の海外旅行のモットーは、昔から今まで不変で、「できるだけ楽に旅したい〜(笑)♪」ってことなんだから。
もちろん今日日本総領事館が休日でも、明日出直して日本領事館へ行けば、シリアのビザを取るためのレターをもらえるだろう。
しかし僕は、「たまたま見つけた日本領事館が休みだったという意味は、シリアへ行くなっていう神のお告げだ」と考えるんだ。
でも、このあと、エジプトからケニアへ行って、またエジプトへ戻り、ヨルダン、シリア、トルコと北上した。
この時は、シリアのビザをヨルダンの首都アンマンで取るために、アンマンの日本大使館でレターをもらった。
この時期、日本人はシリアからヨルダンへの国境が越えられないという噂もあった。
だから、トルコからシリアへ、陸路で国境越えをしなくて正解だったね。
陸路でエジプトまで下っていたら、カイロで航空券を買ってまで、わざわざケニアへ飛ばなかっただろうしね。
まあいい、これで、陸路でのトルコからシリア行きは消えた。
すると、あとはただ、イスタンブールからアテネへとっとと戻るのか、それともトルコの国内を少し旅するのか、という問題だ。
タクシム広場へ出て、マクドナルドでコーヒーとハンバーガーで2200リラ(220円)。
タクシム広場から南へ、ガラタ橋方向へ、「イスティクラール通り」を歩く。
ここは、一応新市街で、ファッショナブルな通りということになっているらしい(エリットで見つけた「地球の歩き方」に書いてあった)。
しかし特に記憶に残るものはなかったね。
ただ、覚えているのが、この通りで映画館を見つけたこと。
しかもその映画が、ちょっとエッチな雰囲気の映画だった。
すると僕は当然のこととして、「どれだけエッチなのだろう?」と考える。
調査するために、自然と映画館の中に入る。
するとこれはドイツ映画で、きっちりとした「本格的なエッチ映画」でした。
まあ、アテネのオモニア広場の横にも、エッチ映画館があったしね。
僕はローマでも、チッチョリーナのエッチな映画を見たよ。
これから類推すると、「ヨーロッパ諸国ではエッチ映画は解禁している」ということでしょうかね(真偽は自分で確認ください)。
イスティクラール通りが終わると、そこには、「ヨーロッパ大陸最古の地下鉄(1875年)」の駅がある。
このテュネル駅からカラキョイ駅まで、地下鉄が走っているわけだ。
これは、話のネタとしても、無理して乗った。
ただしこの地下鉄はヨーロッパ最古ではない。
ロンドンの地下鉄は1863年に開業しているからね。
「ヨーロッパ最古」と、「ヨーロッパ大陸最古」は、違うことに注意してください。
続いて、市バスに乗って、「トプカプバスターミナル(TOPUKAPI COACH TERMINAL)」へ行った。
トプカピバスターミナルとは、1988年ごろのメインバスターミナルで、ここからトルコ各地への長距離バスが出ていた。
場所は、イスタンブールを守る城壁のすぐ外側。
この城壁は、「テオドシウスの城壁」といって、イスタンブール旧市街の陸側を守っていた巨大城壁だった。
だから、ある意味、テオドシウスの城壁を観光に行ったとも言えるかな。
なお、現在は、イスタンブールの巨大バスターミナルは「エセンレルオトガール」として、郊外に存在します。
エセンレルバスターミナルへは、スルタンアフメット地区からは、トラムヴァイ(路面電車)と地下鉄を乗り継いで、簡単にいけます。
1996年にイスタンブールにいたとき、僕はエセンレルバスターミナルから、チャナッカレ行きのバスに乗り、トロイ遺跡を観光しました。
1988年4月29日、僕はトプカプバスターミナルで、トルコ各地へのバスがあることを確認した。
エリットホテルへ戻って、日本人旅行者と話し、「地球の歩き方」を読むと、どうやらトルコでは、「カッパドキア」と「エフェス遺跡」が評判がいいようだ。
どうしようか?
トルコの国内旅行に出ようか?
でも夜行バスで移動するのも疲れるし…。
また、トルコを回って、イスタンブールへ戻ってくるのも、芸がないしなー。
ま、難しいことは考えないで置こう。
明日は、ボスボラス海峡ツアーにでも行きましょう。
いずれ何らかの、結論は出るでしょう。
すべての問題は、時が必ず解決するのだから。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx