『イスタンブールからネブシヒールへ夜行バスで11時間。まともに眠れず、ネブシヒールで昼まで寝なおす』@ネブシヒール/カッパドキア/トルコ

【ブルーモスク】
1988年4月27日から5月1日までの5日間で、イスタンブールの観光名所は見てしまった。
出発の日、5月1日になると、見るところがなくなって、暇つぶしに困ったので、4日あれば、イスタンブールは見尽くせる。
普通は3日あれば大丈夫だし、ポイントを絞れば2日で見ることも可能。
僕が見た順序で書いておきますが、この時僕は、ほとんど情報がなかったので、その日の思いつきで観光していて、無駄が多いです。
1988年4月27日は、宿を決めたあとで、トプカプ宮殿(TOPKAPI PALACE)と、グランバザール(GRAND BAZAAR)を見た。
4月28日は、宿を「エリットホテル」に移動して、ブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ橋へ行った。
4月29日には、タクシム広場、日本総領事館、イスティクラル通り、映画館、ヨーロッパ大陸最古の地下鉄、トプカプコーチターミナルと歩いた。
4月30日は、ボスポラス海峡ツアーに参加し、そのあとドルマバフチェ宮殿、ガラタ塔を見た。
5月1日には、「国立考古学博物館」へ行った。
まずはこれで、イスタンブールは見た、といえるんじゃないでしょうか。
ただ、イスタンブールのほとんどを見てしまったために、アフリカから中東からトルコへ入り、次にイスタンブールへ来たとき、見るものがなかった(笑)。
1996年に北欧から東欧を下って、イスタンブールへ来たときも、「アヤソフィア」の内部を見たくらいかな。
イスタンブールで見るものがない場合は、道を歩いていて、日本語ぺらぺらのトルコ人に声をかけられるのに、疲れてしまう。
また、イスタンブールへ来た日本人旅行者と、旅の話をして盛り上がったりする。
でもそれも飽きてしまうので、1999年にアジア横断をしたときは、イランからトルコ東部へ入ったあと、シリア、レバノンと移動した。
敢えてイスタンブールを避けた。
その理由は、まずは、イスタンブールを見尽くしたと考えたこと。
あと、日本語ぺらぺらのトルコ人に疲れてしまったのもある。
もう一つ重要な理由は、イスタンブールで結構面白い人たちと話をしていた。
1988年の春、1988年の夏の終わり、1996年の秋、それぞれに出会いがあった。
逆に言うと、同じような出会いがあっても、もうそれほどの感動は得られない。
それに、旅先で出会う日本人旅行者は、どんどん普通の人が増えてきて、退屈になっているしね(涙)。
1988年5月1日、一回目のイスタンブール滞在を切り上げて、予約してあった午後8時のバスに乗るために、(そのころの)トプカプバスターミナルへ行った。
すると、早く行き過ぎて、出発直前の6時発のバスに、乗せられてしまった。
バスはほとんど満員で、僕の席は、バスの一番後ろのリクライニングしない席だったんだ(涙)。
ところが、僕は、朝から時間を潰すのに疲れている。
気力がなかったので、「まっ、いっか」と、流されるままに、悪い席を受け入れてしまう。
これが状況に流されてしまう、日本人の悪い癖なんだよね。
もっと気力が充実していたら、長距離バスで、リクライニングしない席なんかに座ることは、絶対になかったはずなんだが…。
海外個人旅行では、常に気を張って、ちょっとでもおかしいことには、戦わなければならない。
ただこれは、常に相手の気持ちを考えて、波風を立てないことが生き方になっている、日本人には無理なんだよ。
海外個人旅行では、まず、「ノー!」と言うことからはじめないといけない。
不満に思っても、日本人だと我慢してしまう。
すると、どんどん押し潰されてしまうんだよ。
日本人が安宿へ行くと、一番悪い部屋を与えられたりする。
そこで、何かしら文句をつけて、別の部屋を見せてもらうのが基本。
「部屋が汚い」とか「通りに面していてうるさそう」とか「窓からの見晴らしが悪い」とか、とにかく文句をつけて、部屋は3つ見せてもらう。
時間があれば、ホテルも3つくらいは当たって、料金の交渉をするのは常識だ。
ところが、気力が弱っていると、最初のホテルの最初の宿で、不満はあっても、「まあこれでいいか…」と思ってしまう。
「ノーと言えない」のが日本人の特徴。
だから気力が充実してないと、旅先の人間に、弱みに付け込まれて、ボロボロにされてしまうんだ(涙)。
あー、怖い!
おかーさーん(涙)!
そうして、1988年5月1日午後6時には、僕は気力がなくなっていた。
ついうっかりこのバスに乗ってしまった。
トルコのバスは、出発直後に、車掌が香水みたいなものを手に振りかけてくれる。
これがスースーして、なかなかキモチイイ。
また、適当な間隔を置いて、巨大なバスの休息所がある。
もちろん食事もできるが、清潔なトイレがずらりと並んでいるのがいい。
こういうところは、ドイツ式だと思う。
とにかくドイツは、清潔で、システムがきっちりしている。
トルコは、ずっと親ドイツの国で、ドイツで働いていた人も多い。
だから、トルコのバスシステムは、ドイツ式にきっちりしているのだろう(と僕は、勝手に思ってます)。
バスにはトイレはなかったが、適度に途中のトイレストップ、ミールストップもあって、トイレの心配はなかった。
僕自身も、できるだけ食事は取らないようにして、水分も口を湿らせる程度に抑えていたしね。
問題なのは、本格的に寝ようとしたとき。
僕は、バスの一番最後のリクライニングしない席に押し込められている。
そこに、バスの世話をしていた男の子が、一緒に座った。
バスの最後部の座席は、定員よりも一人多くなったわけだ。
最後部の座席は、「おしくらまんじゅう」状態になってしまった。
座っている客と、バスの世話係の男の子は、ひとりひとり、自分の寝やすいポジションを作ろうとする。
ちょっといいポジションを作って軽く眠っても、誰かが身体を動かすので、すぐに起きてしまう。
これが繰り返されて、一晩中ほとんど眠りに入ることのできないまま、カッパドキアの入り口の町「ネブシヒール(NEVSEHIR)」に着いてしまった。
到着時間も覚えてないが、早朝で、霧が出ていたのを覚えている。
ネブシヒールでバスを降りると、頭がボーっとしている。
朝の何時に着いたのか、記憶してない(たぶん5時過ぎくらいかな?)。
トルコ人の子供が、ホテルの客引きをしていて、声をかけてくる。
着いていくと、結構まともなホテルに案内される。
それが「ホテルヒサール(HOTEL HISAR)」というビジネスホテルみたいなところ。
僕も「こういうところで、ゆっくりと寝なおしたい」と思ったが、ツアーが泊まっていて満室だと断られる。
続いて、かなり貧相な安宿に案内された。
でも、安宿でも何でも、ベッドは存在する。
僕はそのホテルに決めて、ベッドに入って、コロッと寝ました。
ホテルの名前も、料金も、何も控えてません。
イスタンブールからネブシヒールまで、まともに寝られなかったので、1988年5月2日は、この安宿のベッドで、昼までひたすら寝てました。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx