『ベオグラードへのバスの切符を買い、イスタンブールでいろんな人と出会ったが、バスに乗ると、席の数が足りなかった』@イスタンブール/トルコ

【エリットホテル(1996)】
1988年8月31日朝、コンヤからのバスは10時間かけて、イスタンブールへ到着
「エリットホテル」にチェックインしたあと、「ホテルモーラ」の日本人旅行者の皆さんと、ワイワイやっていた。
ブルガリアのトランジットビザも取り、ユーゴスラビアの首都ベオグラードへのバスの情報も確認していた。
バスの出発は9月3日で、仮予約を入れてある。
前日の9月2日になって、スルタンアフメットの「ERKAN TOUR」で、バスの切符を購入した。
料金は6万5千トルコリラ(約6千5百円)。
このバスは、定期便ではなくて、チャーター便だ。
夏の終わりだから、休暇でトルコに来ていたヨーロッパの若者が、ドドッと帰国する。
そのための、特別なバスで、最終目的地はウィーン。
ウィーンへ向かう途中に、ベオグラードでおろしてくれるという。
出発はスルタンアフメット地区の路上で、午後3時予定。
到着時間はわからないが、24時間くらいはかかる雰囲気だ。
僕としては、9月4日の午後ころにベオグラードにつくだろう、と予想する。
まあ、切符を買ってしまえば、あれこれ考えても心配しても仕方がない。
また「ホテルモーラ」へ行って、誰か話し相手を探す。
東ヨーロッパから来た日本人旅行者がいたので彼と、下痢が続いているという若者を連れ出して、昼飯を取りながら話をした。
また別の旅行者と一緒に、タクシムへ行って、Tシャツを2枚と襟のあるシャツを一枚買った。
これは、ヨーロッパに入ったときに、あまりに汚いと、まずいと思ったからだ。
そのあと、映画館へ行って、ドイツの「知的なエロ映画」(と、ノートに書いてある)を鑑賞した。
この日は、一応バックパックをまとめてみた。
さて、出発の日9月3日は、午前8時半までゆっくりと寝た。
熱いシャワーを浴びて、シャッキリとする。
バックパックに荷物をまとめて、エリットホテルのフロントに預ける。
最後に、ブルーモスクを眺めに、外へ出る。
ブルーモスクの前に来ると、誰か必ず旅行者はいるしね。
今朝も、まず日本女性を一人を発見したが、彼女にはすでに、トルコ人じゅうたん屋がくっついていた。
この女の子は、「トルコの人はみんな親切♪」と舞い上がっていたが、時間もないので、説教はしなかった。
あのあと、トルコ人と恋愛して、じゅうたんを買わされたりしなければいいんだが。
でも読者の皆さん、これは1988年の話だよ。
20年以上たった現在は、イスタンブールのじゅうたん詐欺、恋愛詐欺は、大問題になっている。
日本のメディアは、旅行記も、旅行漫画も、旅行雑誌も、旅行ガイドブックも、テレビ番組も、トルコのいいことしか描かないからなー(涙)。
やはり、本当に個人で世界中を旅した、世界旅行者の著作やサイトをじっくり読むべきだと思うんだが。
「ギリシアから旅を始め、トルコ旅行をして、これから東欧へ行くという女性」に声をかけて、昼食をともにした。
実は彼女とは、このあとハンガリーの首都ブダペストで再会して、同じ部屋に泊まることになる。
僕は旅先では午後の時間をゆっくり使って、メインの食事を取るが、この日は無理。
というのが、午後3時に、バス会社の前に集合だからね。
僕は、早めに行って、自分の席を確保する。
ホント、若くて体格のいい欧米人の若者で、バスはびっしりだよ。
乗客がどんどん集まってきたが、バスの席が43番までしかないのに、49番まで席を売っている。
もちろんバスに乗り込むときにトラブルが起きた。
僕は知らない振りをして、本を読んでいたが、何とか処理できたようだ。
午後3時出発予定が、結局、午後5時半にバスは動き出した。
バスが動きさえすれば、いつかは、目的地へ到着するだろう。
隣の、ニュージーランド人の若者が、同じくベオグラードで降りるというので、互いに協力することを誓う。
続きは「イスタンブールからベオグラードへのバス旅」へどうぞ。
トルコ旅行記
egypt jordan Israelsyriaturkey asia world index

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx