『出発を決めた後に、なぜか興味深い人と次々に出会う。でも、出会ったら別れる、その繰り返しが旅というものなんだよ』@イスタンブール/トルコ

アテネから飛んできた1988年4月27日は、宿を決めたあとで、トプカプ宮殿(TOPKAPI PALACE)と、グランバザール(GRAND BAZAAR)を見た。
翌日4月28日は、宿を「エリットホテル」に移動して、ブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ橋へ行った。
4月29日には、タクシム広場、日本総領事館、イスティクラル通り、映画館、ヨーロッパ大陸最古の地下鉄、トプカプコーチターミナルと歩いた。
4月30日は、ボスポラス海峡ツアーに参加し、そのあとドルマバフチェ宮殿、ガラタ塔を見た。
そうして4月30日に、僕は5月1日の夜出発の、イスタンブールからネブシヒールへの夜行バスの切符を買った。
イスタンブールからカッパドキアへは、バスで11時間という話。
こういう場合は、バスの到着時間から出発時間を決定するのが旅の基本。
ただ、1988年4月末の状況では、僕は夜行バスや夜行列車の乗り方について、あんまり深く考えられなかった。
それだけの経験も不足していたしね。
これから、旅を続けていくと、夜行バスは乗り倒すことになるけど。
正直、日本人の中で僕ほどバスに乗った人間はいないだろう。
だって、北米はグレイハウンドで寝て過ごし、中米、南米は移動がほとんど長距離バスだったしね。
もちろんアフリカもバスだったし、アジア横断のときも長距離バスだった。
そうそう、オーストラリアやニュージーランドもバス移動ばかり。
世界中のバスについて書けるのは、僕だけだろうね。
興味を持った出版社は、気後れせずに、お問い合わせください。
例えば、1990年以前は、北米一周旅行という場合は、グレイハウンドの乗り放題パスを使うのが基本。
僕が北米を2か月間グレイハウンドで旅をしたときは、20時間程度の夜行バスに乗るのは普通だった。
中米南米になると、主な交通機関は、長距離バスだった。
中南米旅行では、20時間程度のバスに乗るのは、当たり前のことだった。。
バスに乗る時の基本は、到着時間から出発時間を逆算して決めることになる。
それでは、到着時間は何時ごろがいいだろうか。
移動をして、宿を見つけるのが目的ならば、お昼前に着くのがベストだ。
世界中の安宿は、原則的にホテルはお昼がチェックアウトになっているから。
お昼ごろに着いて、宿を見つけて、観光をする。
また翌日もそこにいるかどうかは、その状況によって決めるわけだが、海外個人旅行では、居心地のいい安宿を確保するのがポイントだからね。
宿を見つけるだけならば、お昼前がベストだ。
でも普通の旅先なら、よほど特別な問題がない限り、部屋はあるもの。
部屋が空いていれば、すぐに入れてくれるので、午前8時か9時ごろなら、何とかなる。
そこで僕は、イスタンブールからカッパドキアへのバスの到着時間を午前7時ごろと計算した。
もし本当に11時間かかるならば、バスの出発は午後8時がベストだ。
とにかく、朝に着きさえすれば、安宿も簡単に見つかるし、その日の観光もできると考える。

【エリットホテル(1996)】
4月30日に、ボスポラスクルーズを終えたあとで、切符を買った。
5月1日午後8時ごろにイスタンブールのトプカプバスターミナルを出て、カッパドキア(たぶんネブシヒール)へ行くバスの切符。
これだと、ネブシヒールの到着が5月2日午前7時ごろで、すぐに動き出せるだろう。
切符の値段は11500リラ(1150円)で、座席は指定してある。
切符を買うときに確認したが、バスの座席はリクライニングする。
これならば、なんとか、11時間くらい我慢できるはず。
トルコのバスには、この時代はトイレが付いてなかった(今はどうなのか、確認ください)。
ただ、トルコのバスシステムは非常に発達していて、途中の休息所が立派で、そこには巨大なトイレが存在するという情報を得る。
もともとトルコは、親ドイツ国家なので、ドイツ風に、きっちりしたシステムがあるのでしょう。
途中でトイレストップもあるとしたら、11時間くらいのバス旅を恐れることはない。
カッパドキアへ移動する5月1日の朝には、バックパックをまとめて、部屋に置き、エリットホテルの一階のじゅうたん屋へ行った。
そこで、同じホテルに泊まっていた、日本人旅行者数人と出会う。
彼らは大学生だった。
その中には、京都の京都府立医大の学生が2人いた。
また、京大工学部の金属の学生もいる。
さらには、アクセントとして、津田塾大学の美人女子大生もいたっけ。
僕は、何しろ京大には学部だけで5年いたという京都大好き人間(!?)。
さらには、京大土木を出ているので、工学部とは話が合う。
また、僕の高校時代の友達が一橋大学にいて、彼のアパートに泊まって、津田塾の学園祭に行ったことがある。
というわけで、全員と話を合わせられる立場だ。
僕は、旅先で出会う日本人とは、まず話を合わせて、盛り上げることができる。
というのは、旅先の日本人は、バリアーが緩んでいるので、いくらでも面白い話を引き出せるから(笑)。
彼らを誘って、安食堂へ行って、昼ごはんを食べながら話をしました。
日本を出て久しぶりに、すこし頭の切れる人たちと話をしたので、とても面白かった。
僕は、イギリスとスペインの語学学校に通っていたので、学生さんたちが興味を持つ話ができる。
さらに、(彼らの話を聞いて)一つ一つ突っ込んであげる能力がある。
1988年の春の(そのころの)卒業旅行シーズンには、スペインで日本人学生さんたちとたくさん会った。
彼らと話をして、盛り上がって、その中で、僕は「日本人とは何か、日本の将来は?」と考え続けていた。
その時期に考えたことを、彼らにぶっつけて、その反応で、また考えることがあった。
日本では出会ったとしても、深い話はしないものだが、旅先ならば、いくらでも、ディープな話に持っていけるのが、面白いところだ。
僕は、「今夜カッパドキアへ行くので、またいつかどこかで会おう!」と、あっさりと別れる。
人間関係というのは、どれだけきれいにあっさりと別れられるかで、評価されるものなんだよ。
そのあと、まだ行ってなかった「国立考古学博物館」へ歩いた。
ここは、スルタンアフメット地区でも、アヤソフィア、ブルーモスク、トプカプ宮殿の陰に隠れてそれほど有名ではない?が、興味深い展示があったよ。
この博物館がいいところは、観光客があまり来ないので、ゆっくりとゆったりと、見学できることかな。
僕が行ったときは、日本からのツアーがいたが、それでもずいぶん静かで落ち着いた感じだった。
そのツアーで博物館の説明をしていたのが、写真家の「並河萬里」さん。
僕は、邪魔をしないように、横を通り過ぎて、一人で考古学博物館を見て歩きました。
エリットホテルを昼前にチェックアウトして、バックパックを預ける。
暇つぶしにスルタンアフメット地区を歩jくが、ほとんど見てしまっているので、時間の潰しようがない。
バスの出発時間まで、無理にでも時間を潰そうと、適当な食堂に入って、ビールでも飲みながら、本を読もうと考えた。
食堂に入ったら、日本人の学生を見つける。
今朝医者の卵と会ったばかりでもあるし、「きみは医学部なの?」と、根拠なく適当に声をかけると、医学部だった(笑)。
そこら辺にいた日本人学生を、僕が声をかけて呼んで、みんなで話をするようにまとめる。
日本人の特徴は、ホントは寂しがり屋さんなのに、自分からは他の人に声をかけられない、ってこと。
僕は、学生時代にユースホステル活動をしていたので良くわかっている。
ちょっとまとめてあげて、話しやすい設定をすれば、日本人は自分を語りだすんだよ。
だから、今度も4人くらいで、ワイワイと盛り上がった。
ただ、何を話したかは記録してないし、記憶にもない。
でも、旅先の話は、盛り上がるだけ盛り上がって、後は忘れ去るのがいい。
「またどこかで会おう!」と、あっさりさわやかに別れる。
実際、海外旅行中に出会った人と、また別の町で偶然再会するって、よくあることなんだしね。
ただ僕は、人の顔をほとんど覚えられないので、僕に声を賭けてくれないと、気がつかないかもね。
旅先でも日本でも、海外で出会った人から「あらっ、西本さん(笑)♪」と、声かけられたことはよくあるよ。
僕が会ってない人からも、「みどりのくつしたさん♪」と呼びかけられることは、しょっちゅうだ。
僕に声をかけると、気にかけてあげたりするから、海外旅行もスムーズに行くよ。
さてとにかく、これまでイスタンブール滞在で、イスタンブールは見尽くしてしまったみたいだ。
ここで「ある観光地を全部見ないで、わざと見残しておくのも大事」という、非常に重要な「世界旅行主義」が成立した。
どうにも時間の潰しようがないので、早すぎるのはわかっていたが、バスに乗って、テオドシウスの城壁外にある「トプカプバスターミナル」へ行った。
バスターミナルには、安食堂もあるし、そこで本でも読んでいれば、バスに乗り遅れることもない。
これで完璧なはずだった。
僕は午後8時出発の、バスの座席を予約していた。
しかし、バスターミナルへ行ったのは、午後6時ごろだ。
バス会社へ行って、午後8時発のバスを確認した。
すると、バス会社は、僕を午後6時発のバスに乗せてくれる。
僕は、「カッパドキアへ着くのが早くても、バスターミナルでだらだら時間つぶしをするよりいいかっ!」と、話に乗ってしまった。
ところが、僕の座席は、40番という一番後部のリクライニングしない席だったんだ。
バス会社は、できるだけバスに客を詰め込みたいという、単純な意図だったと思う。
これが正直、いま思い出しても、最悪のバス移動になったんだよ(涙)。
この話は、バスのシートの選び方、バス旅行の基本などのお話と一緒に、次回にまとめてみたいと思います。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx