『そのころ有名だったイスタンブールの日本人宿ホテルモーラ(HOTEL MOLA)で、世界一周自動車旅行者と話をして、南米の情報を得る』@イスタンブール/トルコ

【ホテルモーラ(1996)】
1988年8月31日朝、コンヤからのバスは10時間かけて、イスタンブールへ到着
「ホテルエリット」にチェックインして、すぐにブルガリアのトランジットビザを取りに行った。
そのあと、スルタンアフメット地区で、エルサレムのヤッフォ門前で話をしていた日本人旅行者と、ばったり再会。
彼が泊まっている「ホテルモーラ(HOTEL MOLA)」を冷やかしに行った。
モーラはその時代、日本人バックパッカーの間では有名な日本人宿(日本人旅行者が集まる安宿)だった。
いろんな人がいた。
旅先で「いろんな人」とは、「いろんな旅行ルートをたどってやってきた人」、「いろんな人生経験をして旅に出た人」という意味かな。
とにかく世界中あちこちにある「日本人宿」というのは、いろんな日本人がいて面白かったんだ。
これはナイショだが、「いろんなウソツキもいた」よ(笑)。
でも旅先では、ウソでも面白ければ許される。
問題なのは、面白くもなんともないことを、だらだらと話す人間もいたことなんだよね。
そういう人間とは、別に付き合う必要もないわけで、旅の人間関係は単純明快なのがいい。
さて、1987年9月からはじめたこの「最初の世界一周旅行」で、これまで日本人宿というのは、ナイロビの「リバーハウス」しか、経験がなかった。
ただナイロビには、僕が泊まっていた「イクバルホテル」もあって、リバーハウスが消滅したあとも、イクバルはしばらく日本人が集まっていた。
ナイロビの日本人宿と言うのは、アフリカへ来た人と、アフリカ旅行をして戻ってきた人がいた。
それから、僕のように「大きなアフリカ旅行を計画したのに、ケニアの東海岸で泳いで戻ってきただけのヘタレ旅行者」とかね(笑)。
僕がこのあと泊まることになるのが、あの伝説のロサンゼルスの「ホテル加宝」
ここは、北米旅行者、中南米旅行者、それから留学生、アメリカ在住者の集まる所だったね。
アジアから世界一周旅行を始めた人は、ロサンゼルスは、日本へ帰るための最後の町だった。
だから、いろんな旅行者がいて、面白かったよ。
イスタンブールの場合は、長期旅行者でここから日本へ帰るという人は、この時代、ほとんどいない。
イスタンブールはいろんなルートでやってきた旅行者、これからどこかへ行く旅行者が集まる場所なんだ。
アジア横断旅行者はイスタンブールが一つの目的地だが、もちろんこれからヨーロッパへ入り、ポルトガルのロカ岬へ行って、ユーラシア大陸横断をするだろう。
また、ヨーロッパを旅して、これからアジア横断して日本へ帰る人もいる。
僕のように、エジプトから中東を北上してトルコを横断して、イスタンブールに着いて、これからヨーロッパへ行く旅人もいる。
もちろんその逆も。
つまり、イスタンブールは、アジア旅行者、アフリカ旅行者、ヨーロッパ旅行者が出会う場所なんだよ。
また、それらの旅行者が、ほっと一休みして、しばらく滞在する場所なんだね。
だから、そこにある日本人宿は、きっと面白いだろう。
この時、モーラや近くの安食堂で出会った人について、メモしてあるので、ここに書いておきます。
まず、「阪大の学生でリクルートに就職が決まった男」がいた。
ロンドン留学中の20歳の女の子も、ロンドンからイスタンブールに来ていた。
これから陸路でエジプトへ南下するというので、かなり不安がっている若者もいたね。
さっきも書いたが、僕とイスラエルで会っていた旅行者もいたが、彼がこれからどこへ行くのか、メモしてない。
メモには、「バイク男」とあるので、バイクでイスタンブールへ来た男がいたのだろう。
1988年だと、バイク旅行は、結構面倒だった気がするが、アジア横断したのかもしれない。
僕のメモを見ても、ほとんどその人の印象は思い浮かばない。
一人だけ、はっきりと記憶に残っているのが、「車で世界一周をしていた中年男性」だった。
彼も40歳を越していたと思うが、お互い中年男同士で、自然と話が合った。
20歳前後の若者たちとは、いくら旅人同士だといっても、少し無理をして、話をあわせているからね。
翌日の、9月1日にも、ぶらぶら歩いていると、日本人旅行者と会ってしまう。
生活範囲が一緒で、通る道も一緒だから、ぶらぶらしていると、自然と会うものなんだよ。
みんな暇でたまらないわけなので、自然と話をすることになる。
いくら話が面白くない日本人でも、実際に旅をしてきて、旅の話をしたいもの。
旅先では、自分の旅の話を本気で聞いてくれる人がたくさんいる。
だから、旅先の出会いは楽しい。
特に、世界一周の旅行者には、いろいろ聞きたいこともあった。
彼は日本を出て、南米へ渡り、南米を車で一周して、北米に入って、ヨーロッパへ来て、イスタンブールというルートだった(と思う)。
僕は特に、南米の話を聞きたかった。
というのが、僕はすでに、アメリカのビザを取っていて、ヨーロッパからアメリカへ飛ぶつもり。
そのあと、メキシコくらいはちょっと寄る気持ちがあったが、南米までは無理だろうと考えていた。
でも、モロッコで、南米に3年いたという旅行者と出会って、話をしたことがある。
うーん、僕はもともと、離婚した傷を癒すためにヨーロッパ旅行に出ただけだ。
また、旅に出るときにも、別に大旅行をしようという気持ちもなかった。
旅行計画も立ててないし、行き先はその場その場で出会った人からのヒントで決めている。
トルコに来たのも、ギリシアのシンタグマ広場で出会った日本人旅行者が書いてくれた「イスタンブールのスケッチ」がきっかけだった。
カッパドキアからすぐイスタンブールへ戻ってくる予定が、トルコ一周旅行になったのも、ユルギュップの宿に「ワイアロック」を置き忘れて、取りに戻ったからだ。
すると、世界一周自動車旅行をしている日本人と会って、南米の話を聞くというのは、南米へ行く運命なのだろうか。
まあそれは、いま考えることではない。
まだまだヨーロッパを見てもいないんだから…。
「南米を旅している日本人は多いんですか?」と聞いてみる。
すると、南米には日本人旅行者がたくさんいて、イスタンブールの「モーラ」のように、日本人の集まる宿もあるとのこと。
なるほど、日本人の集まる宿があれば、そこで情報は手に入るだろう。
僕の場合は、スペイン語もしゃべれるから、普通の日本人に比べれば、中南米の旅行も難しくないだろうし。
サンパウロ ペンション荒木
サンパウロ ペンションハポン
リマ ペンション西海
アスンシオン すきやきてい
アラサトゥーバ ユバ農場
というわけで、南米で日本人の集まる場所を、彼が思い出したまま軽くメモをした(上の枠内がメモった場所です)。
結果的に僕が南米一周したときは、どこにもとまることはなかったが、「ペンション荒木」と「ペンションハポン」へは、軽く顔を出して、日本語の本を読んだりしたものだ。
世界一周自動車旅行者とは、年齢も近かったので、話がよく合う。
彼も関西出身だし、僕も大学時代は関西にいた。
ユースホステルに泊まりながら、日本中を旅していたので、旅先のオキラク話は尽きることがない。
一日か二日、車に乗せてもらって、一緒に旅をしようかと考える。
するとその僕のキモチを察したのか、「僕は誰も車に乗せないんで、シートも一つしかないんです」と言う。
「モーラ」の前に停車していた車を見せてもらう。
確かに、運転席以外は、シートが取り外されていた。
座席をつけていると、人間関係が面倒になるしね。
こういうところも、すっきりしていて、好感が持てた。
ニューススタンドで見つけたTIME(1988/09/05)に「SOUTH KOREA」という特集があったので、購入して、部屋で読みながら寝ました。
これから進む方向は、「ブルガリア経由ユーゴスラビア」と決まっている。
バスは、ベオグラードまで24時間かかるらしい(信用できないが)。
ということは、自分の年齢を考えても、イスタンブールで身体を休めたほうがいい。
バスの出発は9月3日なので、明日9月2日は、のんびりと過ごしましょう。
ま、今日、9月1日も、何もしないで、日本人旅行者と話をしてただけだけどね。
ヨーロッパは物価が高いし、移動の連続になると予想できるから、イスタンブールでゴロゴロするのはいいことでしょう。
xxx