『エリットホテル(ELIT HOTEL)に移動して、ブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ橋を見て、じゅうたんバイヤーと話をする』@イスタンブール/トルコ

【1988年は、一階のバーがじゅうたん屋さんでした。エリットホテル(1996)】
アテネから飛んできた1988年4月27日は、イスタンブールのスルタンアフメット地区にあった観光案内所のブースで、宿を紹介してもらった。
それが「オプティミストゲストハウス」だったが、あんまり感心しなかった。
イスタンブールにどのくらいいるか、まったく計画がない。
また、ガイドブックも持ってないし、トルコについてはほとんど知識がない。
とにかく最初の夜はこの宿に泊まると決めて、バックパックを部屋に置いて、外へ飛び出す。
イスタンブールを一日で見れるものならば、明日またアテネへ戻ってもいいんだし。
名前だけ知っていたトプカプ宮殿とグランドバザールを見る。
日本語で声をかけられて、日本語ぺらぺらのトルコ人じゅうたん屋と話をする。
また、食堂で出会った日本人旅行者と話をして、イスタンブールには日本人が固まってる地域があることを知る。
スタッフがみんな日本語を話す「エリットホテル」にも行ってみた。
イスタンブールにも結構な数の日本人がいることが理解できた。
1988年4月28日になって、泊まっていた「オプティミストゲストハウス」をチェックアウトして、「エリットホテル」にチェックインする。
オプティミストゲストハウスは、2段ベッドが2つあるだけの部屋で14000トルコリラ(1400円)。
エリットホテルの部屋は、ちゃんとしたダブルの部屋で15000トルコリラ(1500円)。
ホテルを移動して、これですっきりと落ち着いた。
エリットホテルの客は日本人がほとんどだったようで、受付で「地球の歩き方」のトルコと、エジプトを発見。
これで、トルコの旅行計画が立てられるよ(笑)。
ガイドブックを見て、イスタンブールの名物は、スルタンアフメットジャーミィ(SULTANAHMET CAMII)、いわゆるブルーモスク(BLUE MOSQUE)だと知る。
ここは、祈りの場所で、入場料は取られないので、喜んで、ブルーモスクへ入る。
入場のときに靴を脱いで、靴箱に入れるようになっていたが、靴をディパックに入れて、モスクの中に入る。
僕が入ったときは、お祈りの人も多くて、観光客は仕切りの中で見学するようになっていた。
しかし、巨大なドームやステンドグラス、それからお祈りをする人々が、とても感動的でした。
またその向かい側の「アヤソフィア(AYSOFIA)」も、観光名所らしい。
アヤソフィアはもともとは灰色だったが、今は茶色に塗られているとか。
ここは、「アヤソフィア博物館」となっている。
博物館となると入場料が必要なので、外から見るだけにしました(1996年には中に入って東ローマ帝国時代のキリスト教のモザイクを見ました)。
すぐ近くには、「地下宮殿」という名前の、地下貯水池がある。
地下宮殿は、入場料が必要だったが、それほど高くなかったので、中に入りました。

この中に入ると、水が張ってあって、照明も幻想的で、柱が何本も立っていて、確かに宮殿に入ったような気持ちになりました。
ただ、一度見れば二度とは見る必要はない(僕も最初に入ったっきり)です。
あと、ガラタ橋(GALATA BRIDGE)へ行く。
空港からバスでイスタンブールの新市街に到着したときに、バックパックを背負って、ガラタ橋は歩いていた。
が、ガイドブックを読むと、ガラタ橋はイスタンブールの観光名所と紹介してある。
そこでわざわざ、もう一度じっくりに見に行った。
ガラタ橋は、二階建てになっていて、一階はお店がいろいろとあったような記憶がある。
その一階を歩いて渡りました。
ちなみに、ガラタ橋は1992年に火事で焼けて、新しくなったそうだ。
しかし、昔の二階建ての木造の跳ね橋を歩いた経験は、世界旅行者の旅行暦の中でも輝かしいものだよ(焼ける前の橋を自慢できるので)。
あとは、エリットホテルの一階のじゅうたん屋で、ごろごろしていた。
中学生くらいの少年がいたので、じゃれ合ってました。
じゅうたんの買出しに来ていた、日本人のバイヤーがいて、じゅうたんについていろいろと聞きました。
「昔はいいものがあったんだけれど、いまはほとんど出ない」とのこと。
バイヤーは、自分の大型スーツケースにじゅうたんをしまって、自分で日本へ持って帰る。
「本当に自分の買ったものが送られてくるかどうかわからない」、つまり、「じゅうたん屋を信用してない」そうだ。
「イスタンブールで買って日本へ持っていくと3倍で売れる」とも聞いたが、それがじゅうたん屋の言葉か、バイヤーの言葉か覚えてない。
でもとにかく、素人はじゅうたんに手を出さないほうがいい、ということはわかりました。
だいたい、湿度の高い日本の気候で、日本家屋でじゅうたんを敷いたら、不潔になると思うよ。
やはり、じゅうたんはアラブ諸国の乾燥した気候で存在できるものだから。
僕が三度目にイスタンブールに来た1996年は、日本人観光客だらけで、「イスタンブールの恋愛詐欺、じゅうたん詐欺」が悪名高かった。
いまイスタンブールへ行く場合は、じゅうたんには手を出さないのが常識です。
夕方に日本人旅行者3人と会った。
一人がその夜にエジプトに飛ぶという話なので、僕も一緒に食事をした。
イスタンブールへ来たばかり昨日とは違って、日本人のいる地区を歩いていると、日本人だらけで、お気楽でいいね。
4月27日にトプカプ宮殿、グランドバザール、28日になって、ヒッポドローム、ブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ橋と見た。
あと残っているのは、ボスボラス海峡をボートで渡って、アジアとヨーロッパの間を移動すること。
新市街も歩いてみたいかな。
それと、イスタンブールから出て、トルコ旅行をするのかも、決めてない。
ま、それは、明日になって考えましょう。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx