『エリットホテル(ELIT HOTEL)にチェックインして、すぐにブルガリアのトランジットビザを取り、ベオグラードへのバスを予約する』@イスタンブール/トルコ

【ブルガリアのトランジットビザ(1988年8月31日発行)@イスタンブール】
1988年8月30日の夜10時にコンヤのバスターミナルから、イスタンブール行きの夜行バスに乗った。
8月31日の朝、ボスポラス大橋を越えて、イスタンブール旧市街を守る「テオドシウスの城壁」の外の「トプカプバスターミナル」へ到着。
イスタンブール市街地でバスが少し時間を取ったので、バスターミナルからは、タクシーで一気にスルタンアフメット地区へ。
4月28日から4月30日まで泊まっていた「エリットホテル(ELIT HOTEL)」へ行って、またチェックイン。
昔は、部屋代が1万5千リラだったが、4ヵ月後の今回はなんと、2万リラに値段が上がっていた(涙)。
ただ、トルコリラも、インフレで価値が下がっている。
ドルの両替率から考えると、1リラは0.083円程度だろう
すると、前回が1500円で、今回は1660円になる。
それならびっくりするほど上がってはいないが、それでもわずかだが上昇しているね。
バックパッカーとしては、正直、トルコで一泊2千円程度使っていたら、とてもとても、長期旅行はできない。
それに、前回イスタンブールへ来たときに、イスタンブールの名所は見てしまっている。
僕が見たものを列挙してみる。
トプカプ宮殿(TOPKAPI PALACE)と、グランバザール(GRAND BAZAAR)
ブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ橋
タクシム広場、日本総領事館、イスティクラル通り、映画館、ヨーロッパ大陸最古の地下鉄、トプカプコーチターミナル
ボスポラス海峡ツアーに参加し、そのあとドルマバフチェ宮殿、ガラタ塔
最後に「国立考古学博物館」を見て、一応イスタンブールはすべて見たと、結論付けたよ。
しかも、今朝は、「ボスボラス大橋からイスタンブールの旧市街を眺めた」
つまり、イスタンブールでは、観光客が見るようなものは、すべて見てしまっている。
いまさら、イスタンブールで観光をする理由がない。
また、ホテルの料金も、長く滞在ができないほど上昇している。
とすれば、イスタンブールからとっとと脱出して、ヨーロッパ旅行を始めたほうがいいだろう。
僕はもともとロンドンの語学学校(インターナショナルハウス)と、定宿の「セントジョージホテル」を起点にして、ヨーロッパからアフリカの旅をしている。
最初の旅行は、ロンドンを出て、パリからスペイン、北アフリカ(モロッコ〜アルジェリア〜チュニジア)、イタリア、フランス、そしてイギリスへ戻った。
今度の旅行は、同じくロンドンを出て、ギリシア、トルコ、ギリシア、エジプト、ケニア、エジプト、それから、ヨルダン、イスラエル、ヨルダン、シリア、そしてトルコと旅を続けている。
これからは、ヨーロッパへ入って、またロンドンまで行く予定だ。
ただ、ロンドンへ戻ってからどうするか、決めてない。
ここまで来たら、アメリカへ飛ぶような気もしないではないが。
でも、アメリカへ飛ぶのならば、ヨーロッパの主要国は見終わってなければ、意味がないよね…。
ま、それは、イスタンブールを出て、ヨーロッパに入ってから、考えましょう。
そうして、イスタンブールからヨーロッパへ入るのは、この時期、まだまだ簡単じゃなかった。
東ヨーロッパ諸国の社会主義体制が崩壊するのは、1989年から1990年だ。
今はまだ、1988年だ。
つまり、東欧の社会主義体制が消滅する前夜なんだよ。
もちろん、1988年にイスタンブールにいた僕に、社会主義体制の崩壊が見通せるわけがない。
僕はただ、「社会主義国へ行くとすると、ビザが問題だよなー(あー、メンドくさい!)」と思っただけだ。
バックパッカーがイスタンブールから自由主義国の西ヨーロッパへ行く場合、ギリシアからイタリアへ船で渡るもの。
この時代、ギリシアからイタリアへの船は、ユーレイルパスがあれば無料だったので(現在については確認ください)、バックパッカーのメインルートだった。
でも陸路で西ヨーロッパへ抜けるルートもある。
一番簡単なのが、ユーゴスラビアを経由して、イタリアへ入ること。
ユーゴスラビアの入国には、日本人はビザは不要だった(確か西側の人は、ほとんどはノービザだったと思う)。
というか、ユーゴスラビアは西ヨーロッパと東ヨーロッパの中間みたいな雰囲気の国で、旅行者も多かったんだ。
イスタンブールからユーゴスラビアへ入るには、(ギリシア経由もないわけではなかったが)、ブルガリア経由が一般的だった。
そのブルガリアの「観光ビザ」を取るのは、社会主義国だから面倒だし、時間もお金もかかるという話。
ところが、ブルガリアを通過するだけの「通過ビザ(TRANSIT VISA)」は、簡単に取れるらしい。
それならば、とにかく、ブルガリアのトランジットビザを取りに行きましょう!
僕はすでに、日本や、アジアや、ヨーロッパやアフリカで、ビザを取るのに慣れているしね。
まあ、自分の写真を持って行きさえすれば、簡単に取れるはず。
いろいろ考えずに、ブルガリア大使館に、行ってみることだね。
と、思った僕は、スルタンアフメットの通りで、ドルムシュ(乗り合いタクシー)を呼び止めようと、道端に立つ。
すると、ミエミエにバックパッカーの白人旅行者が僕の近くで、やはりドルムシュを呼びとめようとしている。
バックパッカーの考えることは大して違いはしない。
新市街へ行ったりするだけならば、バックパッカーはドルムシュなんかには乗らない(歩いていく)。
わざわざドルムシュに乗るという意味は、行き先がはっきりとはわからないが、重要なところだろう。
そうして、バックパッカーにとって、イスタンブールで、どうしても行かなければならず、場所もはっきりしないところといえば、「ブルガリア領事館」だろう。
つまり、彼も僕と同じ考え方で、同じところへ行こうとしているのだと、ピンと来た。
それで、「ブルガリア領事館へ行くの?」と聞いたら、まさにその通りだったよ(笑)。
「一緒に行こう!」と声をかけて、ドルムシュに乗り込む。
ドルムシュの料金は、一人当たり4千リラ(4百円)でした。
いま考えると、ボッタクられたかとも思うが、すんなりと、ブルガリア領事館へ連れて行ってくれた。
ブルガリア領事館の前には、同じ考え方の旅行者が大勢たむろしている。
ここで、適当に雑談をしながら、領事館が開くのを待つ。
ビザの申請書類が配られて、さっさと記入を済ませて、まとめて提出する(ビザ料金が13000リラ/1300円)。
そのあと、、領事館前で1時間30分、だらだらと待った。
突然ドアが開き、次々と名前を呼ばれて、パスポートを手渡される。
とても手際がよくて、全員に手渡すのに、5分しかかからなかった(と、僕のノートに書いてある)。
もちろん、パスポートにビザがあることを確認する。
手際がいい理由は、ブルガリアのトランジットビザは、この時代には珍しい「シール式」になっていたからだ。
これで、ブルガリアを通過して、ユーゴスラビアへ行ける。
また、ドルムシュに相乗りして、スルタンアフメット地区へ戻る。
結局、ブルガリアのトランジットビザを取るのに、ビザ代が13000リラ、往復交通費が4000リラ×2、合計21000リラかかったわけだ(2千円程度)。
次は、ユーゴスラビアへのバスの切符を見つける。
スルタンアフメット地区の旅行会社の一つに飛び込んで、ベオグラード行きのバスのことを聞く。
旅行者によると、9月3日にウィーン行きのバスがある。
ウィーン行きのバスに乗れば、途中でユーゴスラビアの首都「ベオグラード(BELGRADE)」で降ろしてくれるという。
1988年8月31日、夏の終わりで、ヨーロッパからトルコへ休暇を過ごしていたヨーロッパ人の若者が帰っていく季節だ。
他の旅行代理店へも行って、同じような状況だと確認する。
バスは何本も出ているようなので、急ぐことはないが、9月3日のバスを「仮予約」した(お金は出発前日に払えばいい)。
今日は、ブルガリアのビザを取って、ベオグラードへのバスの情報を得ただけでいい。
スルタンアフメット地区をだらだらと探検していると、日本人数人が歩いてくるのに出会う。
なんと彼は、エルサレム(イスラエル)のヤッフォ門の前で話をした若者だったよ(笑)。
話をすると、彼らは「ホテルモーラ(HOTEL MOLA)」という日本人宿(日本人旅行者が集まる安宿)にいるのだとか。
f彼らと一緒にホテルモーラへ行く。
この時期のモーラは、ドミ(共同部屋)で、ダニやノミが多くて、よく眠れないとか。
それを聞いて部屋に入るのは遠慮して、ホールみたいなところで、「バックギャモン」をして遊んだ。
イスタンブールは、ホント、日本人旅行者が多いね。
ホテルモーラは、(僕は知らなかったが)バックパッカーには有名な安宿で、他にも面白そうな旅行者がいそうだ。
そういった旅行者と、だらだら過ごせるならば、しばらくイスタンブールにいてもいいんだが。
ま、それはまた、明日考えましょう。
ベオグラード行きのバスは、9月3日で、しかも仮予約なんだし。
ただ、僕はヨーロッパの主要国をまだ旅してないからなー。
ビールも安く、食事もおいしい、話し相手もすぐに見つかるイスタンブールでだらだら過ごしていたら、とてもとても世界一周なんてできないよ。
ま、この時期は別に、本気で世界一周しようと考えていたわけではないんだけどね。

トルコ旅行記
egypt jordan Israelsyriaturkey asia world index

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx