『ボスポラス海峡クルーズ(BOSPHORUS STRAIT CRUISE)も2時間で飽きて、ローカルバスで戻って、ドルマバフチェ宮殿とガラタ塔へ』@イスタンブール/トルコ

【ボスポラス海峡をボートで渡る(1996)】
アテネから飛んできた1988年4月27日は、宿を決めたあとで、トプカプ宮殿(TOPKAPI PALACE)と、グランバザール(GRAND BAZAAR)を見た。
翌日4月28日は、宿を「エリットホテル」に移動して、ブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ橋へ行った。
4月29日には、タクシム広場、日本総領事館、イスティクラル通り、映画館、ヨーロッパ大陸最古の地下鉄、トプカプコーチターミナルと歩いた。
そうしているうちに、だんだんとトルコ旅行についての考え方が決まっていく。
アテネからイスタンブールへ飛んだ理由は、もともとは、アテネからエジプト、ケニアと旅をする前のクッション(暇つぶし)だった。
せっかくアテネまで来たのだから、近場のイスタンブールは押さえておきたい、程度の軽いキモチだ。
だから、イスタンブールをさっさと観光して、あとはまたアテネへ戻るというのが、もともとの僕の考え。
イスタンブールへ来ることしか考えてなかったので、あとはまったくのノープランだ。
しかし、エリットホテルのフロントで、誰かが置いて帰った、「地球の歩き方」のトルコ編を入手した。
また、エリットホテル周辺で、トルコ旅行を終えた日本人旅行者と会って、トルコの話を聞いた。
すると、やはり、カッパドキアの奇岩群は見ておくべきかも…、という気持ちになってくる。
また、エフェス遺跡というのが、なかなか大きいという情報も得る。
エフェス遺跡はどうでもいいが、やはり、サントリーウィスキーの宣伝で知られている「カッパドキア」は、行かないといけないかしら…。
日本人旅行者がみんな行くところに行っておかないと、馬鹿にされたりするし。
とにかく日本人としては、みんながやることをおなじようにやることが大事なんだから。
あまりに独創的な場所へ行っても、だれも評価してくれないし。
それはそれとして、僕はもうイスタンブールの観光名所はほとんど見てしまった。
あと残っているのは、「ボスポラス海峡クルーズ」と、「アジアとヨーロッパをボートで渡ること」くらいかな。

【ボスポラス海峡からヨーロッパ側を見る(1996)】
実際イスタンブールに来て、ヨーロッパとアジアを隔てるボスポラス海峡をボートで越えてないのでは、ダメダメちゃん。
何のためにイスタンブールへ来たのか、意味がわかんない。
特に僕は、アルへシラス(スペイン)からタンジェ(モロッコ)の間のジブラルタル海峡をフェリーで越えている。
ジブラルタル海峡は、ヨーロッパとアフリカの間の海峡だ。
ヨーロッパとアフリカの間を船旅したならば、ヨーロッパとアジアの間も船で渡りたい。
ボスポラス海峡を越えて、ヨーロッパとアジアの間の海峡を渡るのは意味がある。
というわけで、4月30日、ボスポラスクルーズに参加しました。
ボスポラスクルーズの船は、ガラタ橋の南、旧市街側の「エミノミュ桟橋」から出発する。
(1988年の)料金は2500トルコリラ、つまり250円。
僕のノートには、「安いね!」と、びっくりマーク入りで書いてある。
ただ、「2500リラを払うために、1万リラを出したら、5千リラをごまかされそうになった」とある。
やはり甘ちゃんの日本人だとわかると、軽くごまかしにかかるね(笑)。
ただこのボスポラスクルーズの詳しい記録は残してません。
図書館から「地球の歩き方・イスタンブールとトルコの大地 '10'〜11」を借りてきてるので、それを参照しながら、クルーズを思い出してみます。
ガイドブックによると、ボスポラス海峡クルーズのボートの出発は、午前10時35分とのこと。
僕もそんなに早く行った記憶もないので、たぶんその程度の時間に船に乗ったのでしょう。
2010年の、ボスポラスクルーズの往復料金は、20トルコリラ(1200円)。
1988年は、往復で250円だったので、物価が安かったんだね。
僕が乗ったボートは結構大型で、ボスポラス海峡をゆっくりと北上する。
ボスポラス海峡の両岸にはいろんな建築物がある。
まず、左側の新市街の海辺に見えるのが「ドルマバフチェ宮殿」。
そのまま北上して、「ボスポラス大橋」の下をくぐる。

【ボスポラス大橋(1996)】
続いて、「ルメリ・ヒサル(ルメリ要塞)」という砦が左に見えてくる。
いま調べてみると、この城砦はオスマントルコがコンスタンチノープル(イスタンブール)を攻略するための拠点として、1452年に作ったとか。
ビザンツ帝国の首都コンスタンチノープルが、オスマントルコによって、陥落させられたのは、1453年。
オスマントルコは、どんどんヨーロッパ側に進出していたのだろう。
このルメリヒサルの城砦があるところが、ボスポラス海峡が一番狭くなっているところらしい。
しかしもちろん、クルーズ船は、要塞に立ち寄ることはなく、通り過ぎるだけです。
そうして船に乗って、ボスポラス海峡の両岸を見ているうちに、飽きてきた。
僕が確立した「世界旅行主義」には、「どんな遺跡も観光地も2時間見れば十分」というものがある。
ボスポラス海峡ツアーについては、ほとんど情報がないまま、船に乗ってしまった。
僕の考えでは、船が黒海まで出るのではないかと、勝手に期待して(思い込んで)いたんだけどね。
結局ボスポラス海峡のヨーロッパ側の「アナドル・カヴァウ」が終点で、ここで船を降りる。
ここまでかかった時間がちょうど2時間くらいかな。
「地球の歩き方」には1時間半とあるので、たぶんその程度。
2時間も船に乗っていたので、僕は当然のこととして、ボスポラス海峡ツアーに飽きてしまっていた。
お昼ごろに「アナドル・カヴァウ」に到着した。
それで、帰りのボートの出発が、午後3時ごろらしい。
出発が午後3時ならば、3時間近くもまたなければならない。
また、エミノミュの桟橋まで戻るまでに、来たときと同じく、船で2時間かかるだろう。
3時間も待って、2時間かけて戻る、つまりこれからエミノミュ桟橋に戻るのに、5時間もかかる。
はっきり言って、時間の無駄。
僕はバスで戻れないか、聞いてみた。
すると、ボスポラス海峡沿いに、アジア側のウスキュダル(ユスキュダル)へ行くローカルバスがあるとのこと。
僕は昼食も取らずに、とっととバスに乗り、アジア側を走って、ユスキュダルへ到着。
ちなみに、ユスキュダルとは、昔の日本の歌にあった「ウシクダラ」のことです。
ユスキュダルには、船着場があるので、そこからガラタ橋の旧市街側にあるエミノミュの桟橋への船もある。
しかし、ボスポラスクルーズの船から見た、ドルマバフチェ宮殿へ行きたい。
ドルマバフチェ宮殿近くの船着き場へ行くボートもあったので、それに乗る。
ドルマバフチェ宮殿へ行って、内部を見学。
宮殿自体は、とてもきれいで、豪華な内装でした。
ドルマバフチェ宮殿見学を終えて、歩いてスルタンアフメット地区へ戻った。
その途中で、「ガラタ塔」へ上る。
僕としては、新市街を歩いたとき、地下鉄に乗ったので、ガラタ塔を見逃していた。
だから、ドルマバフチェ宮殿からガラタ塔を見れば、まずイスタンブールの観光名所はすべて見たことになるはず。
これでまず、イスタンブールの主な観光地は、全部見たと思うけどね。
さて、今日、ボスポラス海峡をクルーズしているときに、僕はトルコ旅行の計画を考えていた。
とにかく、カッパドキアへだけは行こう。
そうして、カッパドキアへ行くには、この時代はバスしか考えられなかった。
バスの時間が11時間くらいかかって、普通は夜行バスになるね。
僕は1987年9月に日本を出て、まだ一年たっていなかったが、夜行バスに乗ったのは一度だけだった。
それが、ロンドンからドーバーをフェリーで越えて、パリへと到着するバス旅だ。
これは実質的に、継続して眠れなかったので、ものすごく疲れて大変だった。
そのあとのマグレブ(北アフリカ3国)旅行でも、ヨーロッパ旅行でも、夜行バスに乗ったことはない。
ただ、イスタンブールで旅行者の話を聞くと、みんな夜行バスでカッパドキアへ行って、戻ってくるらしい。
他の日本人旅行者がみんなやってることが、僕にできないはずはない(この時はまだ30歳代だったし)。
とにかくトルコ旅行というものは、バスに乗るしかないわけだ。
だったら、一晩くらいは、夜行バスも我慢できるでしょう。
そう決めて、またトプカプバスターミナルへ行った。
「NEV TUR」で、翌日5月1日の、たぶんネブシヒールまでの夜行バスの切符を買ったと思う(11500リラ/1150円)。
エリットホテルに戻って、フリエ嬢と話をする。
フリエ嬢が日本語ぺらぺらなのは、日本に留学していたからだそうだ。
僕は、「カッパドキアへ行って、またすぐに戻ってきますよ」と言う。
「僕は、もともとそんなにたいした旅行をするつもりもないんですから(笑)」と、付け加える。
またフリエ嬢に会ったのは、僕がトルコから、ギリシア、エジプト、ケニア、エジプト、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコと旅したあとになった。
それは、1988年8月31日、つまり4か月後だったけどね(笑)。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx