『イスラエルの入国の証拠をパスポートに残さない方法』(2010/11/08)
中近東を旅行する時、イスラエル入国の証拠がパスポートに残るかどうかが、問題となることがあります。
それを、2010年11月8日現在の状況を書いてみます。
日本人はイスラエルにノービザで旅行できる。
イスラエルは、交通も発達していて、観光資源もたくさんある。

特に、エルサレムは感動的だ。
エルサレム城内を1人で歩いていると、時代を超えて、まるでイエスの時代に迷い込んだような、歴史を歩いているような気持ちになる。
これは、僕自身があのエルサレム城内の小径を歩き倒したから、よくわかっている。
また、もちろんエンゲディへ行って、死海に浸かって体が浮く経験もいいだろう。
もっと南へ行けば、「マサダの砦」もあり、ユダヤ人の歴史が感じられる。
もちろん、イスラエルには、キリスト教関連の町がたくさんある。
キリスト教徒ならば、そこを見学するだけでも、一生をかけた夢だ。
ただ、日本人旅行者にとっては、それほどの思い入れはない。
だから、個人旅行者にとっては、イスラエルと他の国を組み合わせて観光するのが一般的となっている。

イスラエルは、レバノン、シリア、ヨルダン、エジプトと陸路で国境を接している。
が、レバノンとシリアの国境は紛争があって、開いていない。

エジプトとヨルダンの陸路国境は開いている。
ところが、海外旅行というポイントから考えると、ちょっと面倒なことがある。

それが、イスラエルに入国した証拠があると、アラブ諸国で入国拒否の可能性があること。
日本国外務省のサイトにも、告知してある。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=044
旅券にイスラエルの査証、出入国スタンプが押してある場合、エジプト、ヨルダンを除くアラブ、イスラム諸国では入国を拒否されることが多々あります。
つまり、イスラエルに旅行する、イスラエルとヨルダンやエジプトを旅行するだけなら簡単。
でも、イスラエルに入国した証拠が残っていたら、別のアラブ諸国で入国拒否される可能性がある。

そこで、「イスラエルに入国したことがわからないように、イスラエルを観光する」というテクニックが必要になる。
ここではその話をしてみます。

イスラエルは、観光客の気持ちがよくわかってますから、国境で入国スタンプを押さない(別紙に押す)手続きをしてくれます。
空港ではやってくれないという話が一時期ありましたが、いまは、イスラエルの空港では、別紙に押してくれることになってます。

ですから、空港からイスラエルに入国して、イスラエルを観光して、空港から出国したら、どの国へ行こうと、問題ない。
空港で、イスラエル入国と出国のスタンプがパスポートに残らないのだから。

また、この(イスラエルのスタンプをパスポートに残さない)手続きは、ヨルダンとの国境「キングフセインブリッジ」でも、やってくれます。
ですから、ヨルダンへ入国して、イスラレルへキングフセインブリッジの国境を越えて、入国する(パスポートにイスラエルの入国スタンプはない)。
そのあと、イスラエルを観光して、キングフセインブリッジの国境から、ヨルダンへ入る。
この場合は、イスラエルの入国、出国スタンプは残りません。

また、ヨルダン側でも、この国境では出国の扱いをしません。
つまり、ヨルダン側の出国、入国スタンプも残りません。

この場合、パスポートを見た限りでは、ヨルダンを旅行したことはわかる。
でも、ヨルダンからイスラエルへ入ったかどうかは、わかりません。

ただ、日本を出て、ヨルダンとイスラエルを旅する場合の注意。
ヨルダンへ入って、イスラエルから出る(またはその逆)の場合。
ヨルダンの入国スタンプ、または、出国スタンプがパスポートに残ります。
ヨルダンへの入国スタンプがあって、出国スタンプがない、
ヨルダンへの入国スタンプがないのに、出国スタンプがある、
これだと、イスラエルへ行ったとバレバレです。

ですから、一般的には、ヨルダンへ飛んで、キングフセインブリッジを越えて、イスラエルへ入る。
また、同じ国境からヨルダンへ戻るのがいいでしょう。

もし、イスラエル入国のスタンプがパスポートに残ってかまわない場合。
つまり、他のアラブ諸国へ行くつもりがない。
または、パスポートの有効期間がオワリかけで、切り替え直前の場合。
イスラエル入国のスタンプを記念に欲しい場合、など。

僕のオススメのルートは、アンマンに入って、キングフセインブリッジを通って、エルサレムに入って、イスラエル国内を旅して、アカバ湾のエイラット(イスラエル)からアカバ(ヨルダン)への国境を越えて、ペトラへ寄ってアンマンへ戻ればいいです。

ぐるりと一週できます。
これだと、死海でイスラエルと、ヨルダンの両方で泳ぐことも出来ます。

陸路国境も2か所通っているので、話のネタになります。
オススメです。

ただこれだと、アカバの国境でスタンプが押されます。
ですから、イスラエル入国がわかってしまいます。
それでかまわないなら、このルートがいいと思います。
また、この地域は、都市間の距離がとても近いです。
一週間程度の旅行でも、イスラエル、ヨルダンに加えて、シリアへ行くことも不可能ではないです。
どこから入って、どこから出てもいいのならば、例えば、アンマンへ入って、ダマスカス(シリア)から出ることも可能です。

すると、アンマンからペトラの遺跡を見て、キングフセインブリッジからイスラエルへ入つ。
また戻って、一気に、シリアのダマスカスへ行くことも可能です。

例えば僕は、朝、エルサレムを出て、国境を越えて、アンマンへ行って、
そこで、タクシー乗って、一気にダマスカスへ行ったことがあります。

『エルサレム(イスラエル)からアンマン(ヨルダン)、そのままダマスカス(シリア)へ突入(1988)したが、大切な手続きを忘れていた』

これが、いまのところの、状況です。
海外個人旅行者の常識として、一応わかっていてください。
ただ、国境越えの状況、条件はすぐに変化します。
ビザや国境越えについては、出発前に、自分で再確認ください。
(2010/10/08記)
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20101104