インヤレイクホテルとストランドホテル@ヤンゴン/ミャンマー

インヤレイクホテル
1980年代にちょっと入ったばかりのころ。
世界旅行者は中華航空(CAL)の「東南アジア周遊券」で、成田〜バンコク〜クアラルンプール〜シンガポール〜台北〜成田、というルートで旅をしたことがある。

バンコクでビルマのビザを取って、ラングーンへの往復切符を購入して飛んだ。
で、ラングーンに着いてどのホテルへ泊まろうか、という話になる。

なにしろ、このころは僕はまだバックパッカーではなかった。
荷物もスーツケースに入れて旅をしていたからね。
そこで、たぶんホテルが安いだろうから、ラングーンで一番のホテルに泊まろうと考えた。
それがラングーンの中心からちょっとはなれた「インヤレイクホテル」。
なぜここに泊まったかというと、田中角栄が泊まったホテルだったからなんだ。
で、空港からタクシーでぶっ飛ばしていくと、オフシーズンのせいかガラガラで、シングルルームは25ドルだった。

そのあと、有名なシェダゴンパゴダなどを見るために、ホテルから一日市内ツアーに申し込んだら、参加者は僕1人だけだったんだけどね。
もちろんツアーの後、ホテルまで送ってくれるわけなんだけれど、僕は市内を1人で歩いてみたかったので、ホテルへの帰りはキャンセルした。

で、町を歩いていて見つけたのが、この「ストランドホテル」だった。
こちらに泊まればよかったのに、と深く後悔したよ。
値段もインヤレイクホテルよりも安くて、20ドル程度だった記憶がある。
ストランドホテルはビルマが英国植民地時代からの、コロニアル形式の有名ホテルだ。
インヤレイクホテルは、変に近代的なだけで、歴史が何もない。
しかも、新しく建てられた客室数の多いホテルは、郊外にある。

僕はこのあと、ビルマの人がみんな着ている「ロンジー」という巻きスカートを買った。
そして、ローカルバスでインヤレイクホテルへ戻ろうとした。

町をうろうろしていると、自称「政治亡命の親子」というのが声をかけてきた。
いまだったら僕は適当にあしらうのだが、そのころは旅慣れていなくて、こういう話があると純真に信じていた。

というか、本当は信じてはいなかったのだろうが、こういう変わった話には乗ってしまったんだね。
だから、なんとなくちょっと(同情して10ドルくらいあげたのかな)金を巻き上げられた。

ただ、彼らも親切で、インヤレイクホテルまでのバスに付いて送ってくれたんだけどさ…。

【写真】インヤレイクホテルと伝統のあるストランドホテル。
【旅行哲学】大きな新しいホテルに泊まるより町中の古いホテルに泊まる方がいい。

注)いまストランドホテルを調べてみたら、1泊最低3万円から10万円する超高級ホテルになっているようだ。
これはいくらなんでもボッタクリだよ。僕のときは3千円くらいだったんだから。
しかしさらに調べると、ストランドホテルは1980年代後半に、全部スイートの超高級ホテルに変身したらしい(涙)。
でもまあ、まだ軍事政権下の非民主的なミャンマーにわざわざやってきて、こんな高級ホテルに泊まるなんて、かなりおかしいんじゃないかな。
ビルマの援助額は日本がトップだから、援助に関連した、日本の外務省や大企業が使ってるんだろうけどさ(涙)。
ストランドホテル http://www.myanmar-tourism.com/strand.htm