『自分で歩いて、自分で見て、スタッフをチェックして、値段を交渉して決める』@ホテルモーラ/イスタンブール/トルコ

【ホテルエマ(1996)】
1996年10月17日、ブルガリアのソフィアを前夜出発した夜行寝台列車が、午前10時ごろにイスタンブールのシルケジ駅に到着。
イスタンブールには、僕はこれ以前に、1988年の春と、秋に滞在したことがある。
だから、土地勘はあるわけで、ここの雰囲気には慣れている。
歩いていても日本人旅行者が多い。
旅先の昼の時間にうろうろしている旅行者は、何もすることがなく、退屈しているもの。
暇そうな日本人に声をかけて、一緒に、ホテルを当ってみた。
最初の「ホテルエマ」は、完全に日本人を馬鹿にしていた。
まあ僕を馬鹿にしていたのだろうが、僕自身が、もともとエマに泊まる気持ちはなかったんだから、おあいこかな。
僕がエマに行ったのは、エリットの値段を確認するためだったからね。

【ホテルエリット/1階にBARがあるのに注意(1996)】
1988年は、エリットに泊まっていて、今度もエリットに泊まるつもりだった。
ただ、エリットのスタッフが日本人慣れしているのも知っている。
日本人慣れとは、日本人を軽く見ているってこと。
つまり、日本人を馬鹿にしている。
ホテル代を吹っかけられるかも知れないので、隣のホテルエマの値段をチェックして、エリットへ行こうと考えていたわけだ。
エマのフロントの男は、礼儀も知らない、本当にひどい男だったが、トルコ人の男とは、本当はそんなものだ。
なにしろ、オスマントルコは大帝国だったわけだから、誇り高い人たち。
それが、いくらでも騙せる、単純で純情な日本人を毎日相手にしていれば、誰だって、日本人を馬鹿にするよ。
問題なのは、なれなれしくされて馬鹿にされていることを、日本人は「友達になった」と誤解していることだろうか(笑)。
でも、トイレシャワー付きの部屋の値段が、この時期、1泊20ドル程度だとは理解できた。
だから、エリットへ行ったが、向こうの言い値1泊シングル25ドルを、21ドルにできた。
ところが、この時期のエリットは、1階がバーになっていて、夜になると音楽がうるさくて眠れない。
午前3時まで、やかましい(涙)。
そこで、1988年は日本人宿として有名だった「モーラ」へ行ってみた。

【ホテルモーラ(1996)】
モーラは、改装されて、中級のホテルになっていた。
入っていくと、カウンターのおじさんが、「日本人大歓迎だよ♪」と声をかけてくる。
僕は、「モーラは昔、日本人だらけの安いホテルだったんだよ」と言う。
ベッドには虫がいてね(笑)。

すると、ホテルのマネージャーが「日本人を連れて来てくれたら、安くする」という話になった。
そこで、僕はマネージャーと交渉して、35ドルのシングルを1泊20ドルにして泊まることにした。
ホテルの部屋というものは、売れなければオシマイだからね。
いくら安くても、その日に客を入れたほうが勝ちだよ。
ということは、ホテルに泊まるときに、いくらでも交渉が出来るってこと。
あとで聞いたら、モーラの僕のとまっているダブルベッドの部屋は、本当は1泊35ドルだったそうだ。
でも、あの部屋が35ドルならば、僕は絶対に泊まらなかったよ。
最近は、インターネットで安宿(バックパッカーも泊まれる中級の宿)を予約する人がいるとか。
でも、インターネットで示された料金のままに泊まったら、それは大損だよ。
特に、イスタンブールのスルタンアフメット地区は、安宿だらけなんだから。
客の取り合いをやってるんだから、ホテルの言い値で泊まる方がおかしい。
最低でも、何泊かするからという話を持ち出して、値切った方がいいと思う。

【ホテルアヤソフィア(1996)】
1996年に日本人が集まっていたのが、「ホテルアヤソフィア」だった。
宿泊客は全員日本人の「日本人宿」だったね。
ドミ(共同部屋)もあったし、シングルの部屋もあった。
僕が日本の新聞を買って、道を歩いていたら、フワーッとした日本人の女の子から声をかけられた。
彼女は、「今夜一緒にベリーダンスを見に行かない?」と、声をかける。
僕はもともと精神の貧しい、妻にも逃げられた、心のささくれだった、最低の男で、他人の言葉を全く信じない。
だから、その話も最初から、なにかのボッタクリ、ヒッカケだと思って適当な返事をした。
泊まっているところが、エリットだとは教えた。
全く気にしてなかったが、その夜、約束どおりに、他の日本人数人を連れて、僕を誘いに来てくれた。
僕は、あの話はホントだったの?と、驚いた。
でもその時間には、ビールを飲んで、すっかり出来上がっていたので、一緒に行くことはなかったけどね。
僕は昔から、夜には弱いんだよ(涙)。
そのフワッとした女の子が泊まっていたのが、日本人の集まる日本人宿「アヤソフィア」だった。
だから、それ以降、僕はアヤソフィアへ行って、時間を潰していたものだ。

【ジャン(CAN)レストラン(1996)】
夕方になると、アヤソフィアの連中を誘って、「ジャン(CAN)レストラン」へ行って、安い食事をして、ビールを飲んで、話を盛り上げた。
ジャンレストランは、結構入りやすいところで、また時間も潰せた。
レストランで粘っていると、他の日本人も入ってくる。
そういう時は僕が声をかけて、どんどん仲間を増やしていった。
「おーい、日本人。こっちへ来たら(笑)?」
「みんなと話そうよ」
「どちらからいらっしゃったんですか?」
「あれー、それは面白いですね。こちらの彼がそっちへ行くそうなんで、いろいろ話をしてくださいよ!」
「ねーねー、なにか、色っぽい話はないかなー(笑)♪」
なんてね。
だから僕がイスタンブールにいた時期は、みんな夕方になると、ジャンレストランに集まってきたものだ。
イスタンブールは、いろんな旅行者が集まるところ。
アジアを横断してきた旅行者もいれば、エジプトから中東を通ってやってきた旅行者もいる。
僕のように、北欧から東欧(中欧)を下って、イスタンブールにたどり着いた人間もいる。
また、もちろんギリシアからやってきた人もいる。
逆に、これから各方面へ出て行こうという人も居るわけでね。
旅行者がイスタンブールで集まったら、そりゃ、情報を得るためだけでも、話は盛り上がるわけだ。
しかも、僕は、ものすごく上手な司会者なんだよ。
途中で、軽くシモネタを混ぜながら、みんなに話を振ることが出来る。
だから、日本人が10人くらい集まって、ビールを飲みながら、レストランから追い出されるまで話をしていたこともある。
旅先で、お互い旅の情報を持った人間が集まって、自分の旅の話が出来て、それをみんなが、聞いてくれる。
面白くない場合でも、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)が、横からツッコミを入れて、笑いを取ってくれる。
すると、旅行者は本当に楽しい時間を過ごせたよね。
というのは、旅というものは、旅をしただけでは終わらない。
その旅の話をして、ちゃんと聞いてくれる人がいること、これで旅は完結するのだからね。
このようにして、1996年の10月に、僕はイスタンブールに旅人の天国を作ったわけだ。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)