フエからハイヴァン峠を越えてダナン経由でホイアンへ着き、日本橋を見る@ホイアン/ベトナム

【ホイアンの日本橋(2002)】
フエを午前8時半に出たツーリストバスは、途中、「ランコービーチ」で休息を取ったあと、見晴らしのいい「ハイヴァン峠」でまたトイレ休息があった。
ここで軽く休んで出発したが、バスがパンクした。
それもご愛嬌で、なんと昼の12時にはダナンの町へ到着。
フエからダナンまで、二回も休息して、3時間半。
ダナンは素通りして、ダナンからホイアンへはたったの1時間。
つまり、フエからホイアンは、4時間半。
ダナンを中心にすれば、ダナンから北へ3時間でフエ。
ダナンから南へ1時間でホイアンということ。
ベトナム中部の観光地としては、フエとホイアンが有名だ。
しかし、ハノイからもホーチミンシティ(サイゴン)からも、陸路(バスや鉄道)では時間がかかる。
もし時間がなければ、一気にフエまで飛行機を使って、そこからバスでホイアンを見るのがいいでしょう。
僕は中国の河口からベトナムのラオカイへ入った。
それからハノイ、フエ、ホイアン、ニャチャン、ホーチミンシティと旅をして、陸路でカンボジアへ抜けた。
だから、途中の町に立ち寄る意味もあるわけだが、正直、わざわざ見に行くところではないと思うね。
さて、ダナンから乗り込んできたガイドは、ホイアン到着まで、ずっとしゃべり続けていた。
内容は、翌日のツーリストバスの話、それとホイアンでのホテルの紹介。
あまりにうるさかったので、ホイアンで最初に着いたホテルで降りる。
そのまま、そのホテルに泊まってしまった。
フエからたった4時間半でホイアンへ到着してしまった。
ホイアンは、小さな町なので、午後に急いで見てしまえば、明日また移動できると思ったからだ。
ただ、やはり、「ホテルは3軒当たる(世界旅行主義)」べきで、急いで泊まったこのホテルはあんまりよくなかったけどね。
よくないホテルだからこそ、ツーリストバスが最初に停まったのかもしれないよ。
ホイアンの町は小さくて、静かで、全体的に観光客向けのような雰囲気だ。
小さなホテル、小さなレストラン、ほかホイアンに特徴的な小さな店が並ぶ。
陶器屋さん、きれいなちょうちん屋さん、絵をならべて売っている店もある。
しかし一番目立つのが、服屋さんだ。
これにはちょっとびっくり。
町で一番の名所「日本橋」へと歩く。
しかし、日本橋の中の文字なんかを見ると、中国の橋のようだったね。
【写真】ホイアンの日本橋
【旅行哲学】ホテルは急いで決めないで、三つはチェックすること(旅行法則)

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

world index

xxx